振り返って

まほろま



まほ(真秀)とは
「ま」は接頭語、「ほ」は高くぬきんでいるもの

・物事が完全であること。
備えるべき条件がよく整い備わっていること。また、そのさま。
・遠慮なく、正面きって事をすること。
あらわに内心を行動に出すこと。また、そのさま。
・まともな態度をとること。
まじめにきちんとした態度をとること。また、そのさま。
・正式であること。また、そのさま。
・十分に相手を見極められるような逢い方であること。
十分であること。また、そのさま。
・まともに向き合うこと。
隔てを置かず、直接に対座すること。また、そのさま。

これらの意に、接尾語が付き、総じて「すぐれたよい場所」を表す











ネット上で日記を書き始めてから2年半となります。
エキサイトに移ってから八月の末で1年になりました。
なので今日は『まほろま。について』


 もともとネット上で日記を書き始めた理由はタイピングの練習でした。

 私の実家にはPCというものがありませんでした。(今年の夏にやっと我が家にPCがおかれるようになりまして。)よって、PCにろくに触れたこともなかった私は、大学生になって初めて手にしたPCの文字入力に大変苦戦することとなります。よって、この苦手を克服するために思いついたのが、PCを使って日記を書いてみること。はじめはネットで公開などせず、細々やっておりましたが、だめなんですよねぇ。なかなか続かないんですよ、これが。打ち込むのに時間がかかる→今日はいいか→忘れる→放置 の流れが出来上がってしまいました。で、更に打開策を考えたわけです。人に読んでもらうこと前提ならば続くんじゃないか・・・・。いまやブログって誰もが気軽に使用するツールですが、三年近く前は、そこまで話題になっていなかった気がするのですが。(単に私が疎くて知らなかっただけだけかも知れません。)なので、ネット上で誰もが気軽に日記を書くことが出来ると知ったとき、私は大変驚いたのでございます。

 そんなこんなで始めたネット日記。初めの目的はタイピングスキルの向上。(以前の私はひどいものでしたよ、両手使って文字入力なんて神業ではないかと思っていました、といえばどんなにダメダメであったか想像に難くないと思われます。)しかし、その目的もだんだんと変化していき、私にとって必要な場所となっていったのです。誰も、私を知らない。知らないからこそ私はここで本音を言える。皆の知らない私を出すことができる。辛い時期でもあったので、日記を書くとによって私は精神の安定を得ていたと言えます。顔も知らない、話したことのないあなたに助けられ、励まされ、今の私があります。その節は本当にありがとうございました。
 そして私はオープンになりすぎていたところもありました。いくら匿名性を保っているといっても完全な「匿名」ではないのです。思うところも多々。onでもoffでも私でいられる場所が必要でした。そうやっていろいろ考えた結果、こちらにお引越ししてきたのがちょうど1年前です。以前からの私の日記をご存知の方は、雰囲気がずいぶんと変わったと思われたことでしょう。よく、裏と表という言い方をしますが、日記に綴られていた私は裏ではなく、また実生活上の私は表ではありません。内外に換えても同じですね。日記上の私は内ではなく、今の毎日大学に通う私が外なわけではない。私にとってはどの形も結局私の1部であり、前述の概念にあてはまるようなものではありません。全てが必要でした。私を区別せずに存在しようと試みる場所・それがここです。前にも書きましたが、完全に自分のためにつらつら綴ってます。
 
 今でこそ数人の知人がこのブログの存在を知っていますが、基本的に私が「ここにいる」ということを人に教えていません。大学の友人も知りません。(ひょんなことから気が付いてしまった人もいるのかしら。そんな方はこちらへ)それはもともと知人に読んでもらうことを目的としていないからです。自分が、好きなように、想うがまま、表現することが出来るように。以前医学生ブログ集ともリンクしていましたが、何ヶ月か前にそれもやめました。輪を広げるつもりでリンクしていたのですが、結果的にそれがランキングに関連したことが不満であったのが理由です。何度も言いますが、誰かの評価を期待しているのでも見返りを求めているのでもなく、完全に自分のためですから。
 
 私の欲求を満たしてくれるものとしてこの『まほろま。』が存在します。私にとってのまほろまでありたい、いや、既に、こうやって日記をつけはじめた当初から、まほろまであったのでしょう。日記をつけ始めて2年半、綴る内容は変化したかもしれませんが変わらないのは『まほろま。』であること。日々感じたことをアウトプットすることでインプットし、次のアウトプットを補完する。そうやってつらつらやっております。
 そして何より、こんな自分勝手な私のメモ帳を、名前も知らない、顔も知らない(もしかしたらお互いは気が付いていないだけかも知れません)あなたが見ていてくれているという緊張感、また実生活であまり露出することのない自分を知ってくれているという安心感が私にこのブログを続けさせるのです。
 




 いつまで続くかはわかりませんが。
 当分まほろま。は私に必要な場所であり、つらつらやっていくことは確かです。悩んでみたり、感動したり、阿呆なことで笑ってみたり、誰かに優しさをもらったり、ご飯が美味しいと幸せになったり、やみくもに頑張ってみたり、怖がって動けなくなったり、だらだら過ごしてみたり、そんな私の生活の断片を記録することで続いていくとでしょう。
 1年の節目に。こんなまほろま。ですが、これからもよろしくお願いします。











************************************

ふう、やっと一息。つかの間の休息の後、またどんどん忙しくなるようです。
えっちらおっちらマイペースで寄り道好きの私は急かされるのが苦手。
のらりくらり、どうにかして敵をかわしていかなければ。

これから夏の旅日記中心で更新します。
まずは昨年のトルコから!今更!(笑)

ああ、今日の空は奇麗。
明日は何しよう、何を想おう。
こうやって考えられる時間が、好き。
[PR]
by 2pinoko | 2006-09-09 18:17 | このブログについて。
<< 不意に その先を知らない >>