人気ブログランキング |

一小児科医の記録

いろいろ書こうと思っていたことがあったのだけれど、いろいろ飛び越して、いま、私がコロナ禍の中にいることを記録しておこうと思う。


2月:いい加減なコメンテーター(医師)にうんざり】

感染患者についての詳細が頻繁に報道されるようになってから、まあ広がるしかないよね、とは思っていたものの、正直世界中でここまで問題が大きくなるとは思ってはいなかった。調べれば出るだろうし、重症者も死者も一定数出る。インフルエンザで毎年3000人近くが亡くなっているというのにワクチン接種もしてこなかった人たちが、なぜ突然こうも突然不安だ不安だと騒ぎたてるのだろう。メディアが騒いでただ不安を煽り、批判を繰り返し、誰かのせいにしないと気がすまない風潮を感じた。トイレットペーパーはなくなるしマスク行列はできるしで、右往左往している人々が滑稽にさえ映った。もちろん、新型感染症を軽視してはいけない。正しく理解し、予防に努めればよい。それだけだ。息子の保育園でもマスクをつけるようになる子どもが数人でてきた。「ママ、コロナってとっても怖いんだって!○○くんが言ってた!!」と息子が得意げにいうので、「なんで怖いんだと思う?怖い怖い、って言ってたらもっと怖くなっちゃうよ。今、君がやることは何だろう。わからないことは、調べなくちゃね、そして、正しいことは何なのか自分で判断しなくちゃいけない。正体がわかったら怖いものじゃないかもしれない。」と話して聞かせた。息子は神妙な面持ちでじっと考えた後、「お化けっているかいないかわからなし、どんなお化けだろうって考えてたらどんどん怖くなっちゃうね。」と言ったので、私の伝えたかったことは大方理解したのだろうと思った。同時に、息子の成長をうれしく思った。



3月:保育園も登園自粛のお願いをされるようになる】

全国一斉休校にはいってから、人々の意識が変わったのか急激に息苦しさが増した。マスクをせずに歩いていると白い目で見られるようになった。スーパーは品薄が続き、買い求めたいものが自分のタイミングで手に入らない。自治体からは保育園の登園自粛依頼があった。まだ育児休業中で週に2回程度しか働いていない私はこの登園自粛に毎日ではないものの協力可能であったが、園長先生に「スタッフの手は足りている。大切な教育の場だと思っているから、休園希望でなければぜひ連れてきてください」と言っていただけたおかげで、特に長男は卒園までの日々を友達と一緒に楽しく過ごすことができた。この点については、本当に園に感謝している。



3月:診療の変化】

3月のクリニック外来診療では、ガクッと受診者の数が減少した。休園休校で子ども間での感染症の流行がなくなったこともあるだろうが、ほとんどの方が何かあっても基本医療機関を受診せず自宅療養を選択したたためと考えられる。小児科の外来のほとんどは、感染症診療である。そして、多くがself limitedだ。熱発したらすぐに受診する必要はない、薬は必ずしも飲まなければならないものではない。いわゆる「本物」だけが来院すると予想していたのだが、実際は数少ない来院者のほとんども「いま、必ずしも受診する必要」がない症例ばかりであった。今まで医療機関へ受診することを控えることなどなかったのだから、急に「外出自粛、むやみな受診を控えるように」と言われても何が「むやみ」であるか判断がつかない人がいるのは仕方のないことだ。

医師会からの通達で、迅速検査は医療者の感染暴露が問題となるため行わず、臨床症状のみで診断・処方可となった。今までも臨床的に診断できる場合の迅速検査は行っていなかったが、これには臨床的に判断できるだけの材料がそろっていなければいけない。大人の場合は問診である程度症状の有無を判断できるが、小児・特に乳幼児は診察ありきである。咽頭所見を見ずして、溶連菌の判断はできないのである。もちろんたいていの子どもは素直に口を開けてくれるわけではなく、泣き叫んだり、嗚咽をしたり、暴れたり。咽頭を綿棒で拭わなくても、診察するだけでかなりの暴露だ。え、迅速検査やらなくてもさ、咽頭見たら同じことなんだよね。乳幼児はマスクもさせられないし、せき込んでいれば診察室の中にいるだけでもそれなりだ。防護服やフェイスシールドなんて街のクリニックでは用意されていない(そして手にも入らない)、咽頭診察時は花粉症対策用のゴーグルをつけたりしながらいつも以上に気を使って数少ない患者を診察した。

総合病院でも、マスクは11枚と言われ、今までフリーアクセスだったマスクボックスは管理され記名式となった。普段、午前中の診療が終わってマスクをとるときには必ず新しいものにつかけえていた。マスクをとる=新しいものに交換する がスタンダードだったのに、そのマスクをポケットに入れて再度使えという。N95に関しては、一度使用したら1週間それを使うように指示された。え、それ、汚染されてたら意味ないのでは?え?え?そうはおもったが、院内のマスク在庫が危ういのだ。それでも我々医師はまだよい、事務や診療に直接関与していない看護師は、マスクは1週間に1枚だという。

3月の末、外勤先のクリニックに4月からの休職を要請された。受診数が激減しているクリニックの経営は厳しい。そして、マスク含め物資の備蓄にも不安がある。私のようなアルバイトの医師の外来は一度閉じることになった。それは仕方がないし当然のことだと思うが、その分の収入が減る。私はまだいい、常勤の勤務がある。大学病院など収入のほとんど(というか、ほぼ全部)をアルバイトで生計を立てている医師はどうしているのだろうか・・・・・・。

アジアの感染症だった新型コロナウイルスは、気が付けばヨーロッパやアメリカですさまじいスピードで感染が拡大していた。現地の医療現場の報道を見るたびに、これが日本で、いずれ起こる。そう思った。



【そして長男、小学生になる】

小学校の入学式はやるのか、やらないのか。いや、きっとやらないでしょう、と言いながら結局行われた入学式。が、翌日から休校で結局ランドセルを背負って一度も登校はしていない。びっくりしたのはこの入学式で、こどもも大人もマスク着用必須。今までマスクをしたことない長男は戸惑っていたが、まぁ、マスクをつけることはいい。マスクをつけている教員が、発言をするたびにマスクを外すことに驚いた。わざわざマスクを外し、大きな声であいさつするのである。礼儀と思っているのかもしれないが、何のためのマスクと理解しているのか不明。かつ、こどもと両親の記念撮影があり(密着密集)、撮影時にマスクを外すように指示がある。目が点、である。入学式後に各自の教室へ移動となったが、子ども30人に両親60人の計90人が一つの教室にはいろうというのだから・・・・・その様子を想像していただきたい。(付け加えておけば、入学式の行われた体育館も教室も窓は開いていた。)

ころころと方針が変わりそれに対応する先生方も大変であろうことは想像に難くない。が、一般の人たちの認識はこんなものなんだと理解する出来事だった。どの行為にどんなリスクがあるのか、適切な予防とは何なのか、私が思っていたより一般には浸透していないのだと理解した。



【ならし保育、始まる】

長男、次男の時にはなかったならし保育。私の常勤仕事復帰に伴い長女が保育園に入園することになり、この面倒なならし保育をすることに。今までも私が仕事の時は保育施設に預けてはいたので、まったく心配していなかった。慣らし保育の打ち合わせ時には「4日後にはフルに働けるようにしたい」ときっと無理なことを言ったのだろうが、ありがたいことに保育園側も協力してくれてならし保育は始まった。初日は午前中保育かと思いきや、まさかの一時間母児同室保育!!一時間のみ!!同室!!!これには面を食らったが、4日後には朝730分に預けて、お迎えは1830分(預けられる最長時間)の保育に移行できた。もともと9名の入園予定者がいたが、5名でスタート。その間、緊急事態宣言が出たりしたせいか登園を取りやめる子どもも出てきて、いつの間にか0歳児クラスは娘だけになった。まだ同年代の子どもと一緒に遊ぶような年齢ではないので良かったかもしれない。先生たちを毎日独り占めしているらしい。



【一般小児病院の現状】

とにかく人がいなくて大変であった職場。私の復帰を心待ちにしていてくれたが、復帰後外来受診人数は激減し、もちろん入院もほとんどいなくなった。入院患者は基礎疾患のあるこどもと感染症以外の子ども、そして鑑別に苦慮する症例ばかり。いずれも入院が必要な症例であるが、ながびく休校休園自粛生活で感染症の流行はなく、小児の一般入院症例は激減したのである。感染対策、院内外の対応、両親への対応、もろもろ決め事が多く面倒な仕事は増えたのだが本来の小児科としての忙しさはすっかりなく、午前中にほとんどの仕事が終わってしまうという状況になった。当直をしていても救急受診はほぼなくなり、コールがないことが不安になりむしろ目が覚めてしまう。朝まで一度も電話がならなかった当直が、こうも続くとは思わなかった。それくらい、受診者がいない。

こどものCOVID-19症例の報告をみるとこれといった症状があるわけでもなく、違う言い方をすれはなんでもありだ。呼吸器症状がないからといって否定もできない。無症状も多い。年明けから多かったインフルエンザが出ない重症呼吸器感染症はもしかして・・・・focusがはっきりしない長引く熱発はもしかして・・・・・そもそも、すでに自分は既感染である気がする。小児科医の誰もが、そう思って診療している。一般小児の診療はかなりの飛沫を浴びるし接触も多い。そんな中、ある病院で入院後数日たってからSARS-CoV-2陽性であったことが判明した児のニュースをテレビで目にした。もちろん病棟閉鎖となり多くのスタッフが出勤停止、通常診療不能。大変なことであったと思う。ああ、うちの病院もいつかはこうなるのでは、と病棟の誰しもが思った。調べていないだけで、すでに自分たちも診ているのだろう、怪しい経過の症例はいっぱいいた、ここ最近。感度の低いPCR検査だが、現状この検査に頼るしかない。しかし、我々が怪しいと思ってもすぐにPCRを依頼できるわけではなかった。敷居の高いこの検査は、実のところ、重症にはならない小児にはほとんど施行されていない。(2020.5現在はもう少し検査依頼しやすくなっている)

疑い症例にはフルPPEで対応するが、PCR陰性と判明したとたん無罪放免のように通常の入院扱いになる。偽陰性である可能性はそれなりなわけだが、それでもこの検査の結果を指標にして診療していかなければならない。患者は少ないのに、医療物資は潤沢とはいえない。これはいつまで続くのか。

私が病棟復帰してから日に日に状況は変化していった。患者はいない。だが、感染症対策はさらに厳しくなる。慢性疾患の患者の受診はキャンセルになるか、電話受診で対応。付き添い入院はもちろん、入院しているこどもの親の面会も禁止。親の不安と不満ををぶつけられ、対応するスタッフも疲弊する。

親との面会が一切できなくなったことから、精神的に不安定なまま長期入院を余儀なくされた子どもがいる。

NICUの面会は中止となり、母親の育児指導もほぼ実施されず、不安なまま退院していく子どもがいる。中には出産直後我が子を腕に抱くこともできないまま児は入院、その後退院までの数週間、(この状況が続けば何か月も)児に会うことができない例もある。退院後の新生児訪問も現状行われておらず、退院後の母と子に寄り添い支援してくれる仕組みが今や機能していないのである。

入院中の子どものストレスをどう軽減していくか、リスクの高い母子をどう支えていくか、人との接触を制限される中でできることをやらなくては。これが当面の課題となった。



【命の危険にさらされている子どもがいる】

病院受診を皆が控えるようになり、生存確認できなくなった子どもたちがいる。保育園に行っていることが、小学校に行っていることが、大切な見守りの目であったのに、それもなく、病院にもやってこなくなり、どうしているのかと心配になる子どもたちがいる。給食が大切な栄養源であったのに、はたしてあの子たちは無事なのだろうか。今は保健センター含め地域の見守りが機能していない、児童相談所がフォローしてくれているのだろうか。ずっと両親と自宅にいることで、手をあげられたりしていないだろうか。心配は尽きない。

明るみにならない虐待が、いま増えている。児童相談所から一時保護の依頼はさっぱり来なくなったが、虐待がなくなったわけでは決してない。



【つながれ】

ずっと息苦しかった。ものがない、笑顔がない、やさしさがない。マスクをしていなければ毒ガスでも吐き出しているのか?と問いたい。人と触れ合うことを避け、自粛自粛と叫ばれるようになってからさらに自らの正義を振りかざす人が増えた。露骨にむき出しされる嫌悪。ここぞとばかりに相手を非難し、世の中のために良いことをしたのだと満足する。それでこの鬱鬱とした気分を晴らしている人もいるのかもしれない。●●していないあいつはけしからん!とSNSで拡散するより、いま自分が何をやるべきか正しく理解しその情報を発信するほうがよっぽど有益で建設的だ。

いま、多くの物理的つながりが絶たれ、日常が奪われたことでさまざまなストレスを抱えてみんな生活している。人はつながりを持ってこそ人でいられる、つながらないと生きていけない。大事にしなくちゃいけないのは、誰かを非難するために集まる不特定多数の仲間ではない。エビデンスもなく噂レベルの話から不安をあおり真実かのごとく報道するメディアでもない。あなたの大切な人、あなたを助けてくれる人、つながるんだ。つながりが制限され心のバランスを崩している子どもがたくさんいる、それをわかっていても私たちは何もできない。どんなに適切な医療を適切なタイミングで提供できる用意があっても、このつながりがないと我々のcurecare も完了しないのだと、今回改めて実感した。

乳児を抱え不安で何もできず、睡眠もままならず、ただ弱り果てていくお母さんが家の外の世界とつながって、どうかどうか笑顔が増えますように。

助けを求めたい子どもが外の世界の信用できる大人とつながることができるよう、願ってやまない。






# by 2pinoko | 2020-05-08 19:11 | つらつら。

保育園を退園させられそうになった話②

先日長男次男のお迎えの時の話。


お迎えには園の教室まで行くのだが、奴らはなかなかおもちゃを片付けない、やっと片付けたと思ったら上履きを履かない荷物を持たない、で、やっと帰り支度が整うと兄弟で玄関までダッシュ→玄関ソファによじ登る次男を私注意→下駄箱によじ登る長男を私一喝→兄弟でじゃれあうのを引きはがし何回目かの「靴を履きなさい」 とまあいつもの流れなのだがが、帰りが一緒になった4歳の園児(女児)のパパに「大変ですねぇ」と声をかけられた。が、その後さらにぼそっと「あーうちは一人でよかった」とな。

門の外に出た後も友達と一緒でテンションの上がっている次男は、直前で「飛び出さない、勝手に走っていかない」のお約束をしたにも関わらず全速力で脱走。あー行っちゃったなーと眺めているとそのお父さんが追いかけてくれたりして、はぁすみませんわが息子がご迷惑おかけしまして、しかも追いかけていただいちゃって申訳ないです状態。大体さ、自宅からお迎えに行ってまた帰ってくるまでに1時間かかるとかありえないでしょ夕方はやらなくちゃいけないことがてんこ盛りなんだよいくら楽しいからと言ったってお前たちの遊びには付き合ってられないんだよママは忙しいわけ、と私若干イライラ。ほら帰るよ、こっちでしょを繰り返し、何度目かでやっと4歳園児(女児)とのバイバイにこぎつけた。さようならとこちらが頭を下げると、女児(4歳)のパパに心底気の毒そうな顔で言われてしまった。

「頑張ってください」

頑張ってください って。あなた。私、これ、日常ですけども。応援されちゃったけど。

リビングテーブルの周りとソファの上を走り回られたり(何度注意してもね)、さっき掃除したはずの部屋が数十分後には震度7の地震が起こった後の様子に変わっていたり、壊れそうもないおもちゃの腕やあごがなぜかとれていたり、起き上がりこぶしがべこべこにへこんで音もならなくなったり、そういうのきっとこのパパには想像つかないんだろうなぁと、そんなことを思ったのでした。



****************************************************************************


さて、間が空きすぎてしまったが保育園を退園させられそうになった話②。

(相変わらず手のかからない乳児と手のかかる幼児にてこずっているとお察しください。)


現在居住している地域では、育休中も保育園を退園しなくても済むのでそこは安心していた。しかし、通常保育時間ではなく、育児短時間でのお預かりとなってしまう。育児短時間でも朝9時から夕方5時までのお預かりなので幼稚園に預けているおうちのママからしたら贅沢な話なのかもしれないが、私としては夕方5時から息子たちが家にいるのはうるさくて仕方がない。しかも、夫に送り迎えを頼めないので送迎は私。毎日送迎で2時間近くを費やすのは嫌だったのである。(なぜ2時間かかるのかは冒頭の通りです)

そして悩みがもう一つ、私が仕事をしていると育児短時間ではカバーできないということ。医師の多くは常勤の勤務先の他にもいくつか非常勤をしていたりする。そして私の場合も産後1か月足らずでこの非常勤勤務を再開する予定となっていた。この非常勤勤務は育児短時間ではカバーできなかったのである。


そもそもこの非常勤、大学から指示を受けて行なっている定期外来であり、妊娠がわかってから産休育休中の代診を大学側に依頼している勤務であった。が、大学からの返答は「代診はだせない、できない分は休診にするなりして自分で対応してください」とかなり冷たいもの。そんな無責任な回答あるかいと思いはしたが、大学に期待もしていなかったので諦めた。自分が診療できないときは休診にするしかないが、もともと予約待ちの多い外来で何か月も休診にはできない。専門性の高い外来なので誰にでも代診を頼めるものではない。外来自体を閉じてしまうことは私の判断ではできないし、今私が見ている子どもたちが路頭に迷ってしまう。悩んだ結果、産休に入ってからも出産ぎりぎりまで外来を行い、産後1か月で再開することとした。しかし、生まれたばかりの第3子はシッターか実母に預ける手はずを整えたが、息子たちが短時間保育では対応ができない。定期で息子たちの延長保育を申し込んでも構わなかったのだが、仕事が理由の保育なのに定期で「延長保育」扱いになるのがなんだか解せなかったし、本来なら育休中であるはずなのに大学の意向でやらされている外来のせいで更に私の負担が増えるのも不満であった。どうにか通常保育のままで子どもたちを預かってもらえないかな、と、自治体の保育基準をみてみると≪通常保育時間:月48時間以上の就労状態を常態化していることが条件≫とあるではないか!実は、大学から依頼されて行っている定期外来は1か所だけではない。この条件クリアできるんじゃない!?そしたら育休開始後も通常保育時間で預かってもらえるかも!そんなわけで、出産して退院後、すぐに自治体の保育課に電話をかけてみたのである。


保育課の担当職員「え!?産休中なのに就労するんですか?」「それはしなくちゃいけないものなんですか!?働くよう強要されているってことでしょうか?」と困惑気味・・・・・。そもそも、仕事している日は通常保育時間に変えてもらえたりしないかなぁと淡い期待を込めて電話をしただけだったのに、担当者の返答はこうだった。「お母さまが就労していると判断された場合、保育条件を満たさず場合によっては保育園を退園していただくことになるかもしれません。また、月48時間を超えて就労されている場合でも当初保育認定を受けたころの点数より低くなるため、これも退園していただく可能性が出てきます。」

どういうことかというと、私の住んでいる自治体では育休中でも復職を前提として在園を継続できるが、少しでも就労してしまうと「復職した」と判断されるかもしれないと。そして、現状週1-2回程度の勤務では厳しい認可の入園基準を満たさず、保育園に在園できなくなる可能性がある、とな。

大学の仕事をいろいろ無理して調整して続けるのに、そのせいでわが子が在園できなくなるとかそんな馬鹿な話があるかい。と、淡々と担当者に訴えたところ「では、辞令など自分の意志ではなく命令されてやっていると証明できるような書類を提出してください。」ときたもんだ。そんなものあるかーーーー!!産休中から仕事をしろ、とは言われていない、ただ「代診は立てられない」と言われただけだ。それもこちらが急かしてもらったメールの返信で。大体外勤だって辞令が出るわけではない。ここ行って、と軽く伝えられて雇用契約等確認するわけでもなく突然勤務が始まるのだ。給与が振り込まれるようになって初めてその額を知るのである。担当者に、辞令だの命令書だのそんなものない、まともな会社とは違う、退園させられては困るし延長保育料を払うのは別に構わないからどうにかしてほしいと伝えたところ、数日間にわたるやり取りの末『申告書』なる面倒な書類を書く羽目にはなったが、息子たちは何とか在園継続できることになったのである。

退院直後の体もまともに動かない時期にこの対応・・・・本当に疲れたわ。


この後ちょっと調べてみたのだが、育児休業取得中でもある範囲内であれば就労が可能である。就労で得た収入分は育児休業給付金は減額されるようだが、育休の範囲内で働く人の場合はどうなるのだろうか。そういう人、いると思うのだけれど。

私の場合育休をもらっている職場で働くわけではなかったからいけなかったのか、そもそも育休中に働くような人がいないから問題視されたのか。きっとどちらも、なのだろう。


余談だが、保育担当者に私が複数の勤務先から給与を得ているということを認識されてしまったため、この後第3子の入園書類の提出の際にすべての勤務先の就労証明取得を言い渡されてしまった。定期的に勤務しているところの就労証明すべてを提出することになってしまったのだが、月1で行っているところを含めると計4か所・・・・・・。今までメインの勤務先のものしか提出してこなかったのだが、それでは就労状況を正確に把握できないのでと言われてしまった。え、おそらく勤務医のほとんどが複数の勤務先を持っているはずだよ、本当にみんなにすべての外勤先まで就労証明書いてもらってる!?と若干納得できなかったが、しょうがないので従うことにした。

本当、面倒なことだらけなのだが、息子たちは楽しそうに通園しているのでよしとしよう。


認可園の面倒くさい話を友人に愚痴ったところ、小学校はもっと面倒であるといろいろ聞かされ、さらに気が重くなった。

・・・・・頑張ろう。




タグ:
# by 2pinoko | 2019-11-17 15:50 | こんなことがあった。

保育園を退園させられそうになった話①

保育園を退園させられそうになった話①_e0054921_14223956.jpeg
3人目ってかわいい。。。。。

無事に生まれてきた第3子は
すくすく成長し3か月となりました。
にーちゃんたちが保育園に行っている日中は私と乳児の2人きりでとっても静か。
とはいえ、毎日やらなければいけない家事と手続きに追われ、PCなんてほとんど触らず日々が過ぎていきます。
この休み中に書き上げる予定だった論文、もう、できないんじゃないか。

ちょっと前に綺麗な梅を手に入れたので
梅酒をつけました。画像はその時のもの。
秋口には飲めるかしら。

実は書きたかったことはいっぱいあって
無給医や医学部入試問題にも触れたかったんだけど
そうこういっているうちにもう夏よ。

ひとまず、保育園について書いてみようか。

************************************************************************

じつは、今年の1月から初めて認可保育園を利用するようになりました。
もちろん長男出産後仕事復帰する際には近隣の認可保育園の申し込みをしましたが全滅。(そのとき長男3か月)
何とか入れた認証園も1年後には退園せざるを得なくなり
そこからずっと職場近くの認可外保育園を利用していました。
ここがまた、神保育園だったんですよね。
着替えやタオルの持ち帰りなし、当日お迎えが遅れたりすることにも快く対応してくれ、夕飯提供もあり、当直中のお泊まり保育までしてくれる。
毎日英語や空手など、なんらかの教室参加をしてくれる。何よりスタッフさんがベテランばかりで皆とても信頼できる。
出来ればここで息子を卒園させてあげたかったのですが、私が休みに入った後の送り迎えが困難を極めるため、
産休に入る前に近隣の保育施設を探すことになりました。
が、やはり保育園って入りにくいのね。希望園には兄弟揃っての入園が出来ない。
昨年11月、12月入園は叶わず、保育園担当者曰く
「四月になれば空きができるので希望園にはほぼほぼ兄弟揃っての入園ができると思います。しかし、四月に入園した場合6月いっぱいで保育園を退園していただくかお母さんが育休を取得しないで復帰するかが必要です。」

!?

もうね、意味がわからない。
何故やっと入れた保育園を退園しなくてはならないのか。

どうやら、出産予定日前後2ヶ月以内に入園すると、「出産条件」での入園になるらしく預けられるのは産前産後2か月間だけのよう。
今まで「就労条件」の入園申し込みで待機児童になっていても、この期間はの入園は問答無用に「出産条件」に切り替えられてしまうらしい。
待機してやっと入園できたのに数ヶ月後に退園なんて。入園する時期により在園し続けられなくなるなんて、おかしくないですか。
という疑問と不満を担当者に淡々と語ってしまいました。
あなたに伝えてもどうしようもないのはわかってますがと付け加えましたが。

とにかく、近隣の認可園に入園し、通園し続けるには一月入園まで。二月入園になると予定日2ヶ月前になるので6月で退園!
この時12月だったので焦って通園範囲を広げ、希望園を変更して再申し込みをし、2018年の年末に兄弟揃って近隣園への一月入園が決まりました。
滑り込みな感じでなんとか転園が決まったのです。

転園して驚いたこと・大変だったこと

①毎日洗濯物多くない?
今まで着替えを持ち帰ってくることなどない園にいたので、突然洗濯物の量が増え毎日ストレス。タオルと着替え2セットって結構な量。
冬だよ!?必ず全部着替える必要ある!?認可園のお父さんお母さんたちは毎日凄いわ。。

②お迎えの時間を臨機応変にしてもらえない
当然なんでしょうが、「今日遅くなります!」ってのが出来なくなって夕方の緊急に私が全く対応出来なくなり同僚にそのしわよせが。

③延長保育利用しているのは我が家だけ
お迎えに行ってもうちの子どもたちしかいない、あれ?他の園児は?実は、皆さん通常保育時間内にお迎えに来ていたようで。
これには衝撃。
フルで働いていたら厳しくないですか!?
新しい園なので小さな子が多かったからかも知れませんが、母親の時短勤務が実は非常に多いらしくこれにも衝撃を受ける。

④提出書類書類書類
認可園なのでこれは仕方がないのかも知れませんが。兄弟なのに全く同じ内容を二部作る手間。

⑤小児科受診して来てください
熱があったらすぐお迎えの電話(これは覚悟していた)、からの上記発言。
え、受診?私じゃダメですか?→インフルエンザかも知れませんので→熱出たばかりで今調べたりもしませんし、必要なら私が自宅で調べますが。そもそも陰性でもインフルエンザを否定できるわけではないですよ。
とまぁ、面倒な親認定されたこと間違いなし。

⑥保育園についてからが時間かかる
今まで入り口で子どもを受け渡し、じゃ!と出勤してたんですが、
今度の園は子どもの部屋まで入ってバッグの中身を出してセットまでしなくてはなりません。
お迎えも部屋まで迎えに行く必要がある。
で、まっすぐ登園降園ができない息子たち。
他の園児と一緒になったら楽しくなっちゃって走り回ったり壁に登ったりとにかく時間がかかる。
後からお迎えに来た女の子のお家の方が先に帰ってるけど?何なの男子。
今まではほいと車に乗せてしまえば良かったので困ったことなど無かったのですが、徒歩で連れ帰るとかほんと難易度高い。
大人で10分の道のりに1時間かけて帰宅、私イライラ。
これが当たり前なのかも知れませんが今までその苦労をしてこなかったもので。。


そんなこんなで、年明けと同時に転園した息子たち。
本人たちは新しい環境に戸惑う様子なく、相変わらずマイペースで楽しく過ごせているようでした。
で、すぐに私が就業停止の自宅安静となってしまったのですが
転園が間に合って本当に良かった。

さて、無事に通園先を確保しすっかり安心していたんですが、この後また保育園担当者に「退園」をほのめかされ焦ることになるのです。





# by 2pinoko | 2019-08-01 14:20 | こんなことがあった。

赤鬼と中の人の話

「なんとなくこわいもの」にはまった息子たちのために、図書館からお化けシリーズやら鬼シリーズやらをまとめ借りしてきた。

『泣いた赤鬼』これを本棚から手に取ったとき危険なことになるのではの考えが頭をよぎるも、そのまま貸出台へ。しかし案の定まともに読み聞かせができなかった。

まず、村人が遊びに来てくれず、赤鬼が自ら作った立札を乱暴に壊すシーンに私声が震える。

そこからずっと目頭が熱くなるのをこらえ、こらえ、こらえて青鬼からの手紙にせき止められず決壊。わかっていたけれど、自分の予想を超える涙っぷりに私は狼狽え、息子も困惑。読み終えた後、息子は無言で布団の中に入っていった。母が涙と鼻水を垂らしながら朗読する姿をみて何を思ったのだろうか・・・・。

夫には「勘弁して」と言われる始末。

ごんぎつね も私は読み聞かせできないのだろう、この分だと。

********************************************************************************

9カ月ともなると、胎動はポコポコなんてかわいいものではない。中の人は足を突っ張り尻を突き出して、子宮の壁をなぞるように動くものだから体内の異生物感が高まる。女性は何か月もの間腹の中で育っていく我が子を「感じ」母親になっていくが、これを経験せずしてある日突然父親に成らざるを得ない男性は何とも可哀想だなと感じる。子宮と腹壁越しに臀部を撫でる、2㎏程度の胎児の小さな身体、ひっくひっくとしゃっくりする様子、何とも愛おしい。

この、腹に抱える、異物。

これを現在、完全に自らの血と肉で育てているという、快感。

妊婦生活はこれで3回目であるが、1回目より2回目、2回目より3回目と回数を追うごとに身体の辛さは増す。腰は痛いし、一つ一つの動作にどうにもエネルギーを使う。皇帝ペンギンの行進のごとく、頭を左右に揺らしながら腹を突き出して不安定に歩く。腹は今回が一番大きくなっているのではないかと思っていたが、過去の妊娠の腹囲および体重の推移記録と今回のものを見比べると何ら変わりはない。この腹を支える体幹の筋力低下と体力低下、別の言い方をすれば老化が「辛さ」をより強くしている原因のようである。外来でお母さんたちに何カ月ですかと聞かれ、もう9カ月に入っているですよと答えるとびっくりされる。おなか、全然出ていないじゃないですかと言われても、私としてはもう2か月くらい前から臨月の気分なのだからこれ以上大きくなられたらたまったものではない。

いま出てきたらどんな処置が必要になる、なんてことを考えながら妊娠生活を送ってきた。実際は自分で行うことはないのだろうか、中の人が外に出た後の「医療」を考え蘇生が必要になった場合の必要物品や挿管チューブのサイズまで脳内確認している。最近は肺の成熟が期待できるから呼吸器による呼吸補助はいらなくなるな、なんてことに安堵したり。職業病。

皇帝ペンギン生活もあと1か月程度。何か月も大切に腹で育てた異物を産み落としてしまうのは、なんだか寂しい気持ちもあるのも確か。

今も子宮壁を元気に蹴り上げる中の人を撫でながら、もう少しもう少しと言い聞かせている。もう少し、もう少し。


タグ:
# by 2pinoko | 2019-03-05 00:50 | つらつら。

14年目。無給医について。

放置。

11年目の記事を書いて、その後3年も放っておいたようです。
だって、時間がない。

世のママたちの子育てや家事、インテリア紹介ブログっで多いですが
そういうのを見ていて思うのは

  なぜ、ブログをかく時間がある

ということ。
いや、ブログどころじゃない。
SNSでご丁寧な情報発信する時間がなぜある。
ほんと、そう思ってます。
(そもそも、私生活を外に発信することに私が全く興味がないからかもしれませんが?)

自宅でPCを開こうものなら子どもに上に乗っかられて盛大に邪魔され
というか、そもそもPCを起動させる暇なんぞなく
もちろん毎日職場にノートパソコンを持って行って論文検索や勉強会資料等作ろうとするんだけど
PCに触る暇もなく
毎日のメールチェックもままならない。

そんなわけでだいぶ放置しておりました。
*****************************************************************************************

久しぶりにここに記事を載せる理由の一つですが、最近話題になっている無給医について。

2018年11月、NHKのニュース番組で無給医について特集されました。
放送前に、私もこの無給医について取材協力をさせていただきました。
以下はNHK記者の小林さやかさんが書いたWEB版記事です。



↓こちらが最新の記事かな



私もかつて無給医でしたし、今後いつ無給になるかわらかない立場ではあります。
今の日本の高度医療機関は医師が無給もしくは薄給で働くことで成り立っている現状があります。
以前からずっと疑問に思っていいた問題で、今に始まった話ではありませんが(昔に比べればましになりました)
医師の働き方改革で研修医がほとんど病棟研修をせずもったいない2年間を過ごすプログラムを推奨する前に
無給で労働時間さえカウントされず体力気力を削って働く医師の存在を国は認めるところから始めるべきではないでしょうか。
以前、女医が出産するにあたり「大変なこと」としていくつか実体験を書いたのですが
医者の世界が未だに男性社会であること、無理な勤務体制であることのほか、この医局制度に基づく「無給」も女医が退職してしまう、もしくは一線を退いてしまう原因の一つになっていると思います。

最近話題の医師の時間外労働上限規制案~2000時間とか
働き方改革が叫ばれる中、上記には本当にびっくりしましたが
その他、労働管理さえされていない「無給」の医師について、大学病院以外での診療(当直や外来など)についてはどうするつもりなのか
「労働」にカウントされていない当直やオンコール待機をどうとらえるのか
しっかり議論していただきたい。

取材でお会いした小林氏はNHK記者として多忙な中子育ても奮闘している素敵な女性でした。
かなり放置されていましたまほろま。ですが、私自身も思うところがあり、何か協力できたらと記事を紹介いたします。

***********************************************************************************************

さてここ数年間での変化と近況について

・被虐待児を多く診療するようになり、医師の無知や無責任の多くを目にしてきました。本当に、本当にたくさん。小児科医でさえ、虐待について、被虐待児の診察について、アセスメントについて、フォローについて、「無知」であるが故に放置しているのです。医師の無知は罪である。
・私の仕事は子どもと子どもと向き合う親を支えることだと確信するようになりました。
・日本の虐待被害児に対する対応や制度にもどかしさや憤りを感じる毎日、自分のできることを小さな世界で細々やっています。
 →とここまで記事を書いたところで、千葉県小4女児の虐待死のニュースが目に飛び込んできました。
  以前千葉の総合病院勤務の先生が、千葉の児相や警察の対応についてひどすぎると嘆いていたことを思い出しました。
  私の診療地域も虐待やマルトリートメント症例が多く、同様に思うところはたくさんあります。
  それについてはまたいつか、追々・・・・
・自分の専門をもっと生かせる方法はないか思案中。
・ちびたち2人の破壊力はすさまじく、毎日ぎりきりです(笑)。
・自分のやりたいことはあるものの、今後もこの働き方が続けられるとは思えず、悩んでいます。
・そして家族がもう一人増えます、楽しみではありますが上記については本当に悩み。
・そしてそして、1か月前から突然働けなくなり同僚の皆さんに大大大迷惑をかけて休職中。
・そんなわけで、安静を言い渡されたためメールをチェックしたりこんな記事を書いたりしている時間ができたわけです、はい。

気が付けば研修医教育を任されるようになり
(でもその教育したい研修医が病棟にほとんどいないので、学生+α程度のことしか教えられていないんですけど)
論文に追われるようになり
お肌のシミが目立つようになり
筋力の低下を顕著に感じるようになり
当直明けの鏡に映った自分の顔が直視できなくなり

・・・・・・・・・まほろま。も14年目になるのですからね。
私もそれ相応に歳をとったということですね。


理由はともあれ、こんな風に時間もできたことですし
また少し、つらつら再開してみたいと思います。

      2019年2月  ぴのこ

# by 2pinoko | 2019-02-09 15:21 | つらつら。

生れてました。

もうすぐ出産ですと予告しておきながら
そのまま放置で半年以上経過・・・・。
ああ、春が来てしまったと思っているうちに、もう夏です。

放っておくにもほどがある。

写真は梅です。
季節感無視。

生れてました。_e0054921_18332752.jpg


結局陣発しても出てこなかったため
今回も腹切りとなりまして
無事にチビが生まれました。
腹を切られる運命だったようです。

今回は夫に手を握ってもらって、雑談しながらのオペっていう
とても斬新な感じでした。
いろんな病院で働いてきましたが、こういうのは初めてですね。
自分の子宮縫われながらカンガルーケア+初回授乳とか考えもしなかったですよ。
カイザーだけど、全部直母ってのも初めてでした。まあ出るからいいけど。
術後の疼痛はそりゃつらかったのですが(だってエピ挿れてくれないんだもん)
無事に出てきてくれてよかったよかった。

*****************************************

保育園落ちた日本死ねから始まり
育休不倫だの、都知事選だので最近話題になる「子育て」について。
いろいろ語りたいところなのですが
もうね、時間がない。
唯一書き込む時間のあるような夜のこの時間には
もうそんな体力も残っていない。今日はね、頑張ってます、でもそろそろ限界。

次男が1か月になってから仕事を再開し、だんだん量を増やしていって今に至ります。
フルで働いて、当直もオンコールもやっています。
協力してくれる夫の力が大きいのと、融通のきく保育園の力が大きい。
感謝感謝ですね。

保育園の問題については本当にわが問題なので
語りたいことがいっぱいですよ。
もちろん近くの保育園は認可もそれ以外も入れませんでしたので
結局職場近くの認可外保育園に入れてもらい、こどもを連れて毎日出勤しています。
保育料は「これ、家賃ですか?」な額ですが、融通もきくし熱出ててもみてくれるし(たぶんこれは私が小児科医だからじゃないかと思うのだけど)
何よりサービスが良いので我々親の負担が少ない。
こどもを安心して預けられるので、とても気に入っています。
うちの近くにも、こういう保育園できてくれないかなぁ。


***********************************************

というわけで
仕事と育児でぐったりしてますが
何とかやってます。


ぴのこ
タグ:
# by 2pinoko | 2016-07-21 23:00 | つらつら。

11年目

11年目_e0054921_0191064.jpg


さっちゃんはね さちこっていうんだ ほんとはね
だけど ちっちゃいから 自分のこと さっちゃんって呼ぶんだよ
おかしいな さっちゃん


皆さんお馴染み童謡『さっちゃん』
どこが気に入ったのか不明ですが毎夜毎夜息子にせがまれ
3番まで繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し・・・・・・。

いまはさっちゃんブームのようです。

そして同様にバナナの歌もお気に入りの様子。


*******************************************************************

お久しぶりの更新です。

そして、8月 でまほろま。 11年目に突入いたしました。
めっきり更新回数は減ってしまいましたが。
ここを訪れてくれている方がまだいるのかは不明ですが
とりあえず、11年目です。
いろいろ思うところはあるのだけれど、とにかく時間がない。
なのでこうやって更新できると、久方の投稿が近況報告になってしまうのですが。

実は9月から就業停止となってしまいまして
病棟業務も当直も外来も全て押し付けて
ダラダラ生活をしております。
切迫早産の診断でした。
突然に私の仕事を分担しなければならなくなった先生方には
本当に申し訳なくて。

中の人はというと順調に育っており
もう出てきて良い頃だというのにいまだ腹の中におさまっています。
3週間前からそろそろですかね~と言われ
ビショップ スコアも良いにも関わらずこれですよ。
正産期に入ればすぐにお産になるかと思ったのですが
子宮口3-4㎝のまま陣発することなく年末を意識する時期となってしまいました。
あと数日で出てこなければ確実にカイザーなので困っているところです。

さて、切迫早産の診断のもと病休に入ったわけですが
同時に息子は保育園には預けられなくなりました。
自宅にはいるけれど安静でいられるわけもなく
まぁ仕事の負担が減っただけ良いのでしょうか。
とにかくエネルギー有り余る息子と濃厚な日々を過ごし毎日ぐったりです。
(担当医に言ったら怒られそうだ)
安静とは言えないような日々でしたが進行することもなくこの週数なので
まぁ良しとします。

子育てをするようになってから特にですが
行政の対応・サービスにはモノ申したいことが沢山。
この4月に保育制度が変わり、1年以上通園していた保育園に通えなくなり
どうにもならず職場の保育園に預けることになりましたが(たまたま保育園がある病院でした)
結果このような状況なわけです。
今後も上の子の預け先の当てはありません。

この2年間
子育ても家事も夫がその大半を担ってくれていたため
私は大変恵まれた「働くママ」ができていたのだと思います。
それでもこれだけ子どもをもち働き続けることの困難を感じるのですから
他の方はどれだけ大変なのだろうかと。
夫がここまで協力してくれて、やっと今の働き方ができているわけで。
(それでもオンコールや当直などの面で負担は軽減されている状況です。)
つくづく、子育てし難い社会であり国であると感じる今日この頃。
政治家さんのやっていることが全くの的外れとは言いませんが
そこじゃない。
と突っ込みたくなります。
まぁ私の場合、政策云々にかかわらず
特殊な世界に身を置いているせいも多分にあるのでしょうけれど。



****************************************************

11年目_e0054921_16551363.jpg


毎日朝晩の散歩が日課ですが
あまり夏らしい夏ではなかった一方で
12月に入ってもあたたかい日が続いています。
もう師走なのに、この陽気。
落ち葉を踏みしめ、青空に映える紅葉を仰ぎ
大きな深呼吸ひとつ。

とにかくあともう少し。
大きな腹と腰痛を抱えよたよたしておりますが
待ちたいと思います。
もう少し、もう少し。


ぴのこ
タグ:
# by 2pinoko | 2015-12-16 17:07 | こんなことがあった。

最近考えていること

生きるって大変だなぁ

昔のほうがもっとその日その日を大切に過ごしていた気がするのだけど
このまほろま。を振り返ってみれば何だかつらそうな自分が目について
なんだ、時間の経過とともに色んなことを忘れてしまっただけか、と。
そして辛くなれば私はここに逃げてくる傾向があるのだな、と。
最近考えていること_e0054921_15563414.jpg


あけましておめでとうございます。
今更ですけれども。
新年早々初めてインフルエンザに感染しました。
自分は絶対に感染しないものだと思っていたのに見事に感染し
しかも重症感たっぷりで回復するのに1週間かかってしまったという。
夫婦でガッツリ同時期に発症し、我が家はどうにもならなくなりました。
息子だけが元気で、それはそれでどうにもならなくなりました。
インフルにでも感染して仕事を休みたいと思ったこともあったけれど
いざ感染してみたら解熱後起き上がることもできず
なんと辛い日々であったことよ・・・。
少人数なところ私がポッコリ抜けたことで職場の皆様には多大な迷惑をかけ
年明けからダメダメでありました。
おみくじは中吉だったのに。

毎年新年の抱負を書いていると思うのですが
なんだがそんな余裕がないようないっぱいいっぱいの生活なので
「今年こそ余裕を」
が、あえての抱負でしょうか。

今年こそ、今年こそ。

生存報告のように時々更新していますが
そんな ぴのこ まほろま。
今年もよろしくお願いいたします。


                                        2015年2月  ぴのこ
# by 2pinoko | 2015-01-27 15:04 | こんなことがあった。

10年目

大変ご無沙汰しております。

仕事復帰してまったく余裕のなかった半年間。
世の働くママというのは本当に大変ですね。
何だが、生きるのに必死な数ヶ月だった気がします。

まほろま。を始めて実は10年半になります。
こちらに移動してからは8月で丸9年でしょうか。
組織と骨のスケッチに泣かされていたころからもうそんなに経ったかと。
毎年8月には「まほろま。」●周年に思うこと なんてのを書いているのですが
今年は以前から思っていた以下の2点について綴ってみました。
もう9月ですけれどね。

・女性医師の出産について
・保育園に通う子どもはかわいそう?




【一女性医師の出産】
私の場合、異動前から妊娠していることが分かっていました。
悪阻で体調不良が続く中、通勤に2時間もかかるような病院への異動が決まったことについて
前の職場の看護師さん達は憤慨していましたが
医局人事とはそんなものです。
私が抗議すれば何か違ったのかも知れませんが
わかった上でのこの人事なのですから・・・何も言えませんでした。

私のように医局人事にのっかっている若手の医師は
数か月~1,2年で異動となります。
そのたびに健康保険が変わり、給与も変わり
時には常勤で働けたり、病院によっては非常勤勤務だったり
コロコロ変わるのでそれに伴う手続きは毎回大変面倒です。

小児科という科の特性上、女性医師が出産や産休・育休を取得する際に否定的なことを言われることはありません。
「どうぞ好きなだけ休んでください。そして、好きな時に復帰してください。」
そうは言うものの、産休に入っても自分のポストを空けて待っていてくれるわけではありません。
自分の代わりの医師を補充するために、産休=退職という扱いになります。
そのため夫の扶養に入ることになるので、出産一時金は夫の健康保険から支給してもらう、というのが今まで出産されてきた女性医師の流れでした。

しかし私の場合、そうするわけにはいきませんでした。
事情があって夫が働いていないため、夫の扶養に入ることはできませんでした。
産休=退職では困るのです。
健康保険の任意継続では出産手当金の支給は受けられず(勤続月数が足りません)、産休や育休中の生活の保障は何もなく
どうしたらよいものかと途方にくれました。
女性の医師がこれだけ増えてきている中、働く女性として出産や育児に関する「制度」を利用できない方がほとんどで
しかもそれが当たり前になっていることに疑問を感じました。
医局にいればそれは仕方のないことなのでしょうけれど・・・・。

結局、異例ではありましたが
私は退職ではなく、現在勤務している病院で「産休」をとることができ、ほんのわずかな「育休」を取得して、仕事に復帰しました。
わずらわしい手続きに追われることなく、一時金や手当金の支給もあり、かなり助かりました。

女性医師が増えているため、復帰後当直が出来なくなるケースも増えています。
そんな中、当直やオンコールに支障が出てくると文句を言われ
それでも女性の出産や育児に寛容であるとアピールする医局の姿勢に、うんざり。
復帰後の働き方とか、環境とか、まるで整っていないのですが
これで「女性に優しい環境」だと思っているのですから・・・・・。
復帰後すぐ当直の復帰をお願いされましたが、さすがにそれは断りました。
夜間数回授乳が必要な時期なのに、当直が可能だと簡単に思ってしまうあたり
自分たちは忙しく働いて、子育ては配偶者に任せきりにしてきた男性の発想です。(小児科医なのに・・・)
そんな人たちが考える人事や労働環境が、本当に「働きやすい」わけがない。
何もかも、ぐったりな妊娠・出産でした。
比較的妊娠・出産に理解のある小児科でこれですから、他科ではもっと大変なのでしょうね。

そもそも大学病院に勤務していれば完全に無給ですし、「産休」自体とれる立場にいないので、私は恵まれていたのだと思います。(といったら、それが当然なんだから恵まれているとか思っちゃいけないと非医療関係の友人に怒られましたが。)

子育てをしていれば何もかも許されると思っているわけではありません。
こちらも周りに迷惑をかけることは大変心苦しいのです。
でも、女性医師が増えてきているなか、周りでサポートするしかないし
出来るような環境にしていかなければならない。
全く環境が整っていないマンパワー不足の中、子育て中の女医が復帰したら
そりゃ無理も生じます。問題も起こります。

復帰後も往復4時間弱の通勤時間は変わらず
朝は5時台に家を出る生活に慣れるには時間がかかりました。
世のママは皆そうなのでしょうが、家に帰ればそれだけでぐったり。
私は無理をしましたが、今後産休・育休から復帰する後輩は
もっと働きやすい環境で復帰できればいいなと思います。


【保育園に預けられたこどもはかわいそうなのか】
産休中も復帰はいつからかと催促の電話やメールが続き
早々の仕事復帰をすることになってしまいました。
そんなわけで、わが子の預け先を探さねばなりません。
しかし、これが大変。
待機児童が問題になっていますが、保育園に入れるためのママたちの努力はすごい。
認可保育園というのは日中育児のできない理由や家庭環境などにポイントを付け
その合計ポイントが高い順に入園が決まります。
そのため事前に情報を集め、行動し、ポイント稼ぎをするのだそうです。
「保育園に入れないなんて、そもそもママの努力不足。きちんと事前調査して、対策すれば入れないなんてことはないのよ。」
と言ってのけるママもいるんですよ。
もーそれきいて、私は「は!?」と思ったわけですが。ついていけないわ~
普通に必要書類をそろえて提出するくらいしか私にはできませんよ。

認可保育園の申し込みは書類が多く、これまた大変面倒だったのですが
きっと無理だろうなぁと思いながらいくつかの園の申し込みをし
案の定すべて入園不可でした。
それを見越して認可外の保育園に事前に入園申し込をするようなので
4月入園の希望で1月から探しましがた、全滅。定員15名のところキャンセル待ち60人と言われ、まったくやる気をなくしました。60人て・・・・。
あきらめかけていた所に、1月末から募集を開始する保育園を見つけ、2次募集で運よく認可外保育園に入園が内定しました。
うちは運が良かっただけなのですが、本当に世のお母さんたちは大変なのですね。

息子を生後3か月で預けることに、抵抗がなかったわけではありません。
感染のリスク、日中授乳できないこと、子供との時間が少なくなること・・・
もちろん不安はありました。
でも、保育園って中途入園は難しいんですよ。
大抵4月で定員が埋まるので
申し込みしても、空きが出るのを待たなくてはなりません。
いつ入園できるかわからない=いつ復帰できるかわからない では困るのです。

よく、お母さんたちに「いつから保育園に預けてもいいんですか。」と聞かれます。
「早くから保育園に預けるのは風邪とかもらうし怖くて・・・・」
じゃあ、いつからだったら安全なのでしょうか。
6か月?10か月?1歳になったら?
いつだって感染のリスクはあり、絶対安全な時期なんてありません。
保育園に通い始めて1か月近くは感染を繰り返し、まともに通園できない子供は多く
そんな子供たちを外来で診ている身としては
「いつだって結局同じ」です。

もう熱が出たら入院してもらえばいいやと、子供を保育園に通わせることにし
私は仕事に復帰しました。

保育園に預けてよかったこと。
・息子は、自宅にいるより遥かにたくさんの刺激を受けているのがわかります。子供の社会性発達に大いに影響を与えています。
・自宅では育児だけをしているわけにいかないので、彼の発する信号をわかっていながら相手にできないことも多々あるのですが、保育園ではすぐに反応し、対応してくれます。
・家庭、育児、仕事にメリハリが付くこと。私自身が気持ちを切り替えられることで育児のイライラをぶつけたりすることもないですし、一緒にいる時間を大切にするようになりました。

だんだんと、預けてよかったと思うようになりました。
そして、息子は熱を出すこともなく、いつもご機嫌で元気です。
ママ想いだなぁ、私の移行抗体がなくなったであろう今でもとても元気な息子に助けられています。
そして、夫にも感謝です。
保育園の送り迎え、料理・洗濯。忙しい中、彼が育児も家事も手伝ってくれるからこそ、何とか仕事が出来ています。

保育園に預けていることに対して、たくさんの人に「かわいそうに」と言われてきました。
電車で一緒になったおば様、散歩で出会う奥さん、そして実母やお義母さんにも。
「保育園なんかに預けて大丈夫なの?」
「まだまだお母さんの手元にいる時期なのに」
「幼稚園までは親元にいるものでしょう?」
皆一様に声のトーンを落として、顔をしかめていうのです。

「保育園に預けられてかわいそう」
本当にそうですか?少なくとも、私は息子のことをかわいそうだとは思いません。
多くの家庭とは違ってママと一緒にいられる時間は少ないかも知れませんが
私に申し訳ない気持ちはあるものの、彼が不幸だとは思っていません。
朝起きてから登園するまではパパが一緒に遊んでくれ、
保育園で多くのことを吸収し、
私が帰れば満面の笑みで出迎えてくれる息子をみて
そうかそうか、今日も楽しく過ごせたのね と嬉しく思います。
働くママの姿を誇りに持ってもらえるように
我が家は我が家の子育てをすればいいと思うようになりました。

幼稚園まで子供を集団保育には預けない、専業主婦として子供のために家にいる。
そういう家庭もあります。それも良いと思います。
人の子育てに口出しする輩は多いですが
とやかく言う人は大抵皆無責任な発言をするものです。
実際に子どもに向き合うのはパパとママです。
子どものことを一番愛し、理解しているのもパパとママです。
色んなスタイルがあって、その家庭に合ったやり方で子育てしていければよいのです。
よく外来で育児相談をされるのですが、
そんなお母さんたちには「正解なんてありません」とお話ししています。
そのお子さんに合った方法を一緒に考え、アドバイスし、試行錯誤してもらう。
どのお母さんも必死です。

「人の子育てを笑うな。」

どこかで見たセリフですが、まったくその通りだと思いました。



以上、ママデビューをして数カ月。
私の思うこと。

# by 2pinoko | 2014-09-16 19:15 | つらつら。

一歩


まだまだ 上り坂の途中


一歩_e0054921_1684489.jpg


明けましておめでとうございます。

ノロやインフルエンザが大流行しているらしく
近所の幼稚園は一週間の学級閉鎖なのだそうです。
家の中でぬくぬく過ごしていますが、外来は大変なことになっているのだろうなぁ・・・。
同期が「インフルエンザにでも罹って仕事を休みたいと思うことがある」と漏らしていましたが
あれだけ暴露されているにも関わらずぴんぴんしているのが私たちなのです。


********************************

出産後実家に戻っておりましたが
母には私のこどもの扱いが雑に見えるらしく
そんなことをして大丈夫なのか もうやめなさい 信用ならない
等々ひどい言われようです。
小児科医なのに・・・・・。
乱暴に(笑)されても息子はすくすく成長中。



家族が1人増えて 迎えた2014年

2013年の課題はそっくりそのまま残っていますが
信じてこの坂を一歩一歩登っていこうと思います。
大丈夫、きっとどうにかなる。


I hope it will be a brilliant year.
# by 2pinoko | 2014-01-21 16:11 | こんなことがあった。

2013年総括

今年も残すところあと5時間あまりとNHKアナウンサーが伝えています。
今年こそは余裕をもって総括を、と思っていたのですが
結局大晦日に慌てて投稿です。
というのも理由があるわけですがそれはおいおい・・・・

2013年総括_e0054921_19175111.jpg


平日だから空いているだろうと訪れたスカイツリーは意外に人であふれていて
あ、なるほど、今日はクリスマスイブであったと気が付きました。
でも、これで やりたいこと 『一回はスカイツリーに行く』 消化。

2013年総括_e0054921_20422541.jpg



実だくさん、具だくさんだった2013年。
この1年を振り返ります。


・ゆったり正月
新年に連休をもらうという何とも幸福な1年の始まり。

・寝耳に水 晴天の霹靂
どうしてこうもいろんな困難ばかりがやってくるのかと。
でも一緒に登ろうと決めた坂です、私が頑張らなくてどうする。

・異動交渉
思いがけない異動を言い渡される。
迷った末に「お願い」に。

・体重減少
回診の合間にトイレに駆け込み嗚咽。
食べなきゃ働けないし、オエオエ言いながら口にものを入れていました。

・異動
施設の性格や役割が変わればやり方が変わる。
上司が変われば方針も異なる。
そんなわけで慣れるのに四苦八苦。
なにより通勤が1番辛かった・・・・。

・力をもらいに
熊野古道に伊勢神宮
いわゆるパワースポットを巡って私利私欲にまみれたお願いをして回る

・お休み
大きなおなか抱えて今まで出来なかったことを1つずつ実行。
秋の宮島で妊婦のくせに生ガキをたらふく食して帰ってきたり。
舞台に行ったり一日寝てみたり朝ゆっくり公園を散歩してみたり。
そのくせ不定期の仕事は10か月に入るまで続けてみる。

・+2
息子がこの年末に生まれました。
職業がら危険なお産ばかり立ち会うのですが
自分がそんなお産をするとは思わず・・・・。
胎児心拍が下がったまま戻らなかった時には血の気が引きました。
緊急帝王切開となりましたが無事生まれてきてくれ本当に良かった。
そんな息子は今隣ですやすや寝ています。今年は(今年も?)病院で年越しです。
昨年は+1 
今年は更に+1
家族が増えてますますにぎやかになりそうです。



よく泣いた。
不安なことも多かった。
もうダメかなって何度思っただろう。
でも帰ったらあなたがいて 
元気にとびついてくるみつまめがいて
やっぱり私は幸せだなぁと思うのです。
ポコポコお腹を蹴飛ばされるたび、小さな命がまるで頑張れと言っているようで
「わかったよ、ママ頑張るよ。」と何度も話しかけてきました。
大丈夫、大丈夫、きっと大丈夫。


2013年もあと数時間

皆様、よいお正月をお迎えください。



       2013年大晦日 とある病院から       ぴのこ
タグ:
# by 2pinoko | 2013-12-31 20:43 | こんなことがあった。

9周年とか 9か月とか

真っ青な空に紅葉した葉がよく映えて
お散歩の度にカメラを持ってこなかったことを悔やみます。


9周年とか 9か月とか_e0054921_12504373.jpg


大変、大変ご無沙汰しております。
気が付けばもう今年も残すところ1か月。
『まほろま。』9年目の年であったことも忘れ
もう今年の総括をする時期になってしまいました。

夏前に異動し、仕事内容は専門性に特化したものではなくなったものの
生活における仕事の割合や負担は増え
とにかく必死に毎日を過ごしておりました。
朝5時に起きて出勤、帰ってきたらとにかく食べて、寝る。の繰り返し。
当直では緊急カイザーによく遭遇し、新生児処置に朝はヘロヘロ。
そんなわけで、まほろま。9年目の事実に気が付かず11月になってしまったわけです。

はたしてこんなところに
いまだに遊びに来てくれている方がいるのかはわかりませんが
学生の頃からずっと支えになってくれていたこの場所は
細々続けていくつもりですので
これからもよろしくお願いいたします。

9周年とか 9か月とか_e0054921_12514499.jpg



実は先週からお休みに入り
旅行に出かけたり今まで長いこと放置していたお家の大掃除をしたり
舞台を見に行ったり
こんな風にソファーで横になったりして過ごしています。

中の人が9か月目に入り
そろそろ本格的に準備を、と思っているところ。
(実は、まだ何も買ってないんですよね、ふふふ・・・・)


9周年とか 9か月とか_e0054921_12523779.jpg


先日の旅行では妊婦は控えるようにと言われている生ガキもがっつり食してきました。
勤務も当直も辛かったのですが中の人はいたって元気で
ゼイゼイしながらもとりあえず何でも出来る。
こんな調子なので週末はまだ仕事をいれてます。






我が家に新しい家族が増えます。
おてんば柴犬とうまくやっていけるのか、そこが心配なところ。


さて、来週はどこに行こうか。
# by 2pinoko | 2013-11-23 13:37 | こんなことがあった。

2012年と新しい365日

気が付けば年が明けておりました。
お久しぶりです。
月1回の更新をと思っているのですが・・・・。

毎年毎年「あっという間」な一年です。
今年もまた1年を振り返ります。

2012年と新しい365日_e0054921_12102166.jpg



・胃腸炎で始まる2012年
元旦だからあまり来ないかと思いきや
あっちにこっちに呼ばれっぱなし。
嘔吐下痢で救急車。
何台受けたっけ。

・屋移り
ゴミも不用品も選別されないまますべて一緒にお引越し。
しばらくは段ボールと一緒に住むことに。

・インフルエンザのはずがない
高熱のため呼吸窮迫状態になり朦朧としながらforcusは腎臓と自己判断。
後輩に点滴されながら自分で自分のCTを確認。まぁ、腎臓でした。
慣れないながら必死に看病してくれた旦那君に感謝。

・何かが憑いている
人生2度目の本気「お祓い」を考えた。
一晩で3人の心マをしたとき、もう、ダメだと思った。
夜が恐ろしくなり眠れない日々が続いた。

・環境の変化
週に1回休めることが嬉しくて
全力で予定を詰め込み旦那君に怒られる。
ミュージカルやコンサート、気が付けばクリック。

・仏教のお国
ひたすら遺跡や寺院を訪ねて歩く。
よく焼けたなぁ。

・和装
楽しみにしていた花火のために浴衣を新調したが着る機会なく・・・。
こちらは未だに袖を通していないが、ここが始まり。
方々からたくさんの着物をいただき
最近はお出かけするとき着物を着て出かけるようにしています。

・秋の京都
旧友に会い、紅葉の古都を歩く。
今度はいつ行けるだろうか。

・私の戦い
いつまで続くのだろうか。
どこまで頑張ったらいいのだろうか。


2012年の前半は苦しかった。早く明日になれと思ったし、1日が短すぎた。
余裕がなかったし、考えたって答えは出なかった。
2012年後半はよく泣いた。
楽しいこともいっぱいあったはずなのに、振り返ってみると辛かった印象が強い。

今だって先が見えないことが怖い。
でも頑張ろうって言ってくれたから、もうちょっと、頑張る。
きっと今年も決断の年、変化の年。

2013年 初みくじは大吉でした。
いいことあるかな、だから信じてみようかな。



信じる




この1年は信じて頑張ってみようと思います。
そして、もうちょっと『まほろま。』更新しよう。

皆が笑っていられる1年でありますように。
私の大切な人たちが健やかでありますように。


皆様、今年もまたぴのこ、まほろま。 よろしくお願いいたします。



2013年1月8日 夜間診療所にて        ぴのこ
# by 2pinoko | 2013-01-08 22:55 | こんなことがあった。

イキル


呼吸をすればイキテいるのか
心拍の確認ができればイキテいるのか
細胞が分裂する個体であればそればすでにセイメイなのか


イキル_e0054921_20403638.jpg




セイメイとしての活動をやめ
タンパク質の一片となる
やがて消える
在るべき場所を得られずに

一片、のことを思わずにはいられないのです




*************************************************



なんだかとってもお疲れのあなたに
野菜のたっぷり入った味噌汁を作りました。
また作りすぎだと言われてしまいそうですが
私がいなくても食べられるように。







神無月になりました。
昼も夜も
空を見上げる機会が増えました。

また、走り出そうと思います。
頑張ろうって決めたから。
# by 2pinoko | 2012-10-02 21:27 | 野菜スープ

7周年 あちこちダメ

中国整体院にて

ここもだめ、あそこもだめ、ここは悪い、ひどすぎる

あまりに連呼されたので
生来健康だと思っていた私の体は実はやばいのではないかと心配になってきた。
それくらい、コリがすごいらしい。
体が辛くて週1の頻度で通っている。
きっちり2時間。お金はかかるものの整体に通う時間が出来たというのはありがたいことなのだろう。



7周年 あちこちダメ_e0054921_19294399.jpg




**********************************************

実はまほろま。この夏で7年になりました。こちらに引っ越す前から考えると8年半。
最近はめっきり更新の頻度が減ってしまって申し訳ないのですが・・・。
まほろま。始めた頃はまだ医学生で
組織のスケッチ、そして試験に苦しめられていた頃でした。
キャンパスライフって!?当時のTVドラマ「オレンジデイズ」をみて思っていました。
漠然と外科系に進むものと考えていたし
当時の加熱していく医療報道に心を痛めたりもしていた。

今では「きっとならない」と確信した小児科医になっているわけです。
そんな私の近況です。


①異動しました
今回で3回目の異動です。
異動して数か月たちますが、かなり生活スタイルが変わりました。
週に1回はお休みがあるのです。これがかなり違う。
当直の回数が減りました。
帰宅時間も早まりました。タクシー帰りも今のところない。
一番うれしいのは「自分の病院にいられること」
前の勤務先では諸事情により、どんなに忙しかろうと急変があろうと
後ろ髪引かれながら別の病院へ行かねばならないことが多々あり
これが一番のストレスでした。
今は自分の患者さんを最初から最後まできちんと診られる。
「先生の外来に入れてください。」といわれると、ちょっと嬉しくなります。


②通院始めました
異動を契機にかねてから不調を感じていたため受診することにしました。
時間休がとれるのも、今の職場に異動したからこそで
今までは外勤や当直の関係上なかなか難しかったものですから。
当然他の患者さんと同様に受診するわけですから
大きな病院だと・・・・・・・・・・・・・・待たされます。
いえね、自分でも待たせたりすることは多々あるし
仕様がないことなんですけれど
採血結果はとっくに出ていることはわかっているけどー、まだ呼ばれない、みたいな。
そして働く女性にとって(まぁ女性に限った話ではないのですが)通院ってのは本当に優しくない。
日中しか大きな検査できないのはわかるけどさ!!
診てくれているDr.も私が同業者であることはわかっているので
「次、この日は大丈夫?」ときいてくれるけど。。。どの日だっていいわけないじゃん!と思いながら
「何とかします。」と答えてます。
(大変なんだ・・・自分の患者さんを他の先生に頼み、外来の患者さんを振り分け)

いろいろ調べた結果「原因不明」なんですが
おかしいことには変わりない。というわけで、しばらく通院です。


③引っ越しました
引っ越したのは今年の2月なのですが。
異動のたびに引っ越しは嫌なので、しばらくはここにいるつもりです。
そのつもりで間取りや内装、家具にもこだわりました。
一番は大きなダイニングテーブルとそれに合わせて作ったベンチ。
大きな板を選ぶところから始まり、注文してから届くのに1か月以上かかりました。
人が集まれる空間にしたかったのです。
引っ越して半年以上、よく仲間が遊びに来てくれますが
実は片付いたのはリビングだけで
他の部屋は半物置と化してます・・・・。なかなか片付かなくて。
ものが多いのが一番の原因なのでしょうけれど。


④憧れの「お稽古」
余裕が出来たため時間を作ってお稽古、始めました。
着付けです。
グループレッスンなんて出来ないので
個人契約で好きな時にかなり不規則に通わせてもらっております。
急患が入ればよくドタキャンになってしまうのですが
先生も嫌な顔一つせず「ほな、次のレッスンいつにしましょか?」と言ってくださる。
ありがたい。
浴衣から始め、名古屋帯のお太鼓は出来る様になりました。
が、今年は花火も見られず、今年買った浴衣にも袖を通しておりません・・・。
着物でお出かけする機会も今のところなく。
来月のコンサート、着物で行こうかしら。


⑤夏休みですはい、現在夏休み中。あさってから仕事です。
今回は旦那君の希望もありタイに行ってまいりました。
がっつり遺跡めぐり、アユタヤからさらに北上してスコータイまで。
写真はアユタヤの仏像ですが、これって自然にできたものではなかったんですね。
修復過程である人が木の根元に顔を置き忘れてしまったらしい。。。アバウト!!
次はモロッコに行きたい。と思っていますが、旦那君の同意が得られません。




職場がかわって外の景色や香りは音を楽しむ余裕が出来てきた気がします。
懐かしい鳥の鳴き声を聞いただけで、今日も一日頑張られる。
ぼーっとしたり、散歩を楽しんだり
これらがないとやっぱり私はダメみたい。

まほろま。
気まぐれメモ帳ですが、生存確認できるくらいの更新はしたいと思います。
どうぞ、よろしく。
# by 2pinoko | 2012-09-16 19:42 | こんなことがあった。