タグ:私のお話 ( 70 ) タグの人気記事

克己

e0054921_0375812.jpg


人にはちょっと驚かれてしまったりします。

何でそんなにストイックなの?

そうですね、ええ、私もそう思います。
何で私こんなに頑張ってるんでせう?って。

はじめは嫌々でした。
続けているのは途中でやめられないこの性格とほとんどが意地。
でも誰に強制されたわけでもないのだから
私がすっぱりとそれとの関係を切ったところで誰も私を責めたりしない。
家でごろごろしたり
ゆっくりテレビをみたり
本を読んだり
そんな時間を削ってまで頑張ろうと思うのは
なぜなんだろう?


でも決めちゃったんだよ。
今年は頑張るって。
自分自身と真っ向勝負してみたかったんだ、きっと。
中途半端にいろんなものを投げ出してきた私が
今目指すのは『克己』
どこまで私はやれるのか。
片足突っ込んだ舞台に私もどっしり立ってみたいのです。

昔から己のみにおいて責任が発生する場合私は何でもいい加減で
自分のためだけにどうこうしようと思いませんでした。
「皆がいるから私が頑張らなくちゃ」から
「私のためにこの私自身が頑張らなくちゃ」に変えようと思います。









そんな決意の元
4月から私はあることを継続しておりまして。
そのおかげで上腕三頭筋と二頭筋がめきめき発達してまいりました。
もちろんそのために頑張っているわけですけら私は嬉しいわけですよ。

んが。

彼くん「ぴのこちゃん、最近筋肉ついてきた?」

私「そうそう、みてみて!こんなに育ったよ、筋肉さん。」

彼くん「・・・・・・・・・下手な男よりあるんじゃない?これ以上育てるのはどうだろう・・・。」

私「・・・・え!?」

彼くん「ノースリーブとかムキムキするよ、絶対に。」

私「!!!!!!!!!!!」



女の子としてどうだろうって腕だって!
うわ!盲点!(!?)
ここで私の葛藤が始まるわけです。

いや、筋肉つけるために頑張ってきたのだから喜ぶべきなのにそうすることで女の子としてだいぶどうだろうな腕になってしまう。それは避けたいけれど結果を出したいのだからそのためには筋トレは必須なわけで、ここでやめたら筋力も落ちてしまうし何より4月からの私の努力はどうなるの!?うわ!ディレンマ!!


悩んだ末に出した結論。
女に二言は無い。
やるっつったらやる。やるからにはやる。
プロテイン飲んで引かれようと
夜に走っている姿見られて少々恥ずかしかろうと
露出度の多い夏上腕の筋がムキムキしていようと
日焼けしていようと(でも必死に対抗、天敵紫外線!)
やるっつったらやる。
もうしーらない!笑

克己。




*********************************************



梅雨梅雨
日本列島

紫陽花が好きです。
[PR]
by 2pinoko | 2006-07-06 00:39 | つらつら。

誰にだって失敗はある

コミュニケーションの3原則


①ある音があるモノと1対1対応している事

②相手とその音の表すものについて共通理解を持っている事

③その音の表すものがどんな人の間でも共通理解されている事



自閉っ子ちゃんの中にはステップ①をクリアするのに苦労する子がいる。

嬉しいときは「あー!」
興味がわいたときは「あー」
驚いたときは「あ!」
悲しいときは「あぁー!!!」
何かして欲しいときは「あーあ」

しっかりその様子を見ていないと彼または彼女が言わんとしていることがわからないし
そうやって理解しようと努力してみても私たちにはわかってあげられないこともある。
いや、わかってあげられないことの方が多い。

だから教える。
時間をかけて
手間もかけて
どうやったら自分の気持ちを目の前にいる相手に伝えていけるのか
ものの名前
感情の表現
終わりと始まりの合図
小社会の決まりごと
お約束


自分の感情をうまく説明できない子供たちのSOSを見逃さないように。

私たちにしてみれば本当に些細なことだけれど
ちょっとのことでもそれはそれは大問題。
幼少のころの自分を思い出してもあのちっぽけな世界が全てだったのだから
この子達にとってはさぞ重大な関心ごとであることは間違いない。
だから私は小さな声に耳を傾けてあげたかった。
彼はとてもとても混乱している目をしていたから。
大人はたいてい聞き流して相手にしてくれないんだ。
軽く流されることで傷ついたことが何度あっただろう。
だから彼の前で私は子供のころ見ていた「大人」になりたくなかった。
彼の混乱に気がついているというメッセージを送りたかった。
それから教えなければいけない、社会のお約束を。
まずは安心をあげること。






それがうまくいかなかったから 
こどもたちと別れた後大きく落ち込む。

私自身もうちょっと頑張る事が出来たのに
私だけが彼に気がついてあげられたんだから
何を言われようと自信をもって行動するべきだったのに。

確実に私は彼の前であの「大人」になった。
そしてきっと悲しい気持ちにさせた。





私が子供のころに感じた不安ややるせなさと
彼らの感じているそれがまったく違うと誰が言い切れるだろう。
6歳の子供であることに変わりは無い。
私は専門家ではない。
でも誰もがそうであるように子供時代を経験してきたし
わかることだってある。
気がついたのが私だけだったのなら私が理解者になってあげるべきだったのだ。

悲しい思いをさせた。
ごめんね。







べっこり凹んだ帰りがけ。
私たちと一緒に遊んでいる女の子が、その日

「誰にだって失敗はあるのよ、やり直せばいいわ。大丈夫!」

なんて言っていたという話を聞いて、ふと肩の力が抜けた。
ははは。
私、自閉っ子ちゃんの言葉に慰められてしまったわ。

そう、誰にだって失敗はあるのよ。
私がそうと信じるように動いてみればいい。




今週もがんばろう。



***************************************************

e0054921_2335335.jpg





夏は 夏の国へ行こう。
空がきれいな場所へ。
海がきれいな場所へ。
木とお話できる場所へ。
[PR]
by 2pinoko | 2006-07-03 02:36 | 自閉ちゃんと私。

小学生の好物


おいしいラーメン屋さんを求めて訪ね歩いています。

何だろう。ラーメンって何でこうも人を魅了するのか。
深いんです、ラーメン。

e0054921_359378.jpg


ここのはなかなかいけてました。
塩があっさり 満足帰宅。







私を誘惑するカレーさん。
おいしいお店を探しているのになかなかないのね。
で、結局またCoCo壱ってパターンに。


e0054921_0462236.jpg


実はこれ、居酒屋さんのカレー。
酒の他はカレーしかメニューがないっていう(笑)
どんなすごいカレーが出てくるかと思えば驚きは味ではなく量だね。
これで700円!!
酒とこの量のカレーってどうなの、ちょっと!!





*********************************************


この時間に起きているのは早起きしたのではなくて
もちろん寝ていないからで。

いやぁ、毎週己に自ら課すノルマが私を苦しめます。
取り掛かるのが遅い私のせいでもあるのだけれど?
最近は外部に手伝いに出ているので帰宅時間が遅かったり
友人に飲みに誘われておいしくお酒をいただいたり
また高校生の期末勉強に付き合っていることもあって
やらなければいけないことを先送りにした結果、朝まで起きている結果になった、と。
で、こんな時間にラーメンかカレーが食べたくなった、と。



この二つって一般的に小学生の好物ですよね。
これにハンバーグが加わればトップ3かしら?

私は小さなころ所謂「子供の好きな食べ物」的なものより
塩辛とか山椒とか白米(!)とか
そんなものさえあれば幸せで
ここに野菜たっぷりの汁物があれば文句なし。
そしてお肉やケチャップが苦手でした。
今では好き嫌いもなく何でもよく食べますが。

で。
子供のころそんなに好きでもなかったカレーとラーメンに今はまっているわけです。
あまり食べてこなかった反動?


うー眠くなってきた!
そしてお腹も減った!
ラーメンカレー!!
[PR]
by 2pinoko | 2006-06-28 03:59 | つらつら。

XX

e0054921_17485944.jpg



XX:人間 の 女性 で ある。


自分の性を気にし始めたのは小学生の時からだったか。それまでも「男の子」「女の子」のカテゴリーは存在していても違いはトイレやランドセルの色、左右に分かれて座ること、一人称の違い、そのほかに・・・他にあっただろうか。つまりそんな程度、私の認識では。大抵のことは一人で出来た。自分が「女だから」劣ることなどなかった。
違いが顕著になり始めるのは小学校高学年。川の向こう岸に小石を投げることが出来なかった。どんなにがんばっても片手でシュートを打つことが出来なかった。彼らは出来るのに、私は 出来ない。

思い知る。私は女である。そして彼らは男なのだ。


無意識のうちに女らしい女であることを避けようとした。女の子らしいというだけで全てに劣っているような気がして、女の子らしい、に憧れながらその道を通らぬよう慎重に選択を繰り返した。ピンクや黄色、リボンやレースは禁忌。淡い恋心に似た憧れを抱きつつもそれを欲しいと口に出すことはある意味罪であった、幼少のころのように。
私はいつも欲しいものを欲しいと言えず幼稚園のお友達が持っているキャラクターグッズやかわいい浴衣、凝ったお弁当を羨ましく思いつつもそんなそぶりを一切見せまいと振舞うような子供だった。母に「欲しいの?」と聞かれても「ううん。」と答える天邪鬼っぷり、でも決まってその後は部屋で一人泣いた。自分は持ってはいけないもの、おもちゃ屋さんで売っているようなおもちゃは私みたいな子は使ってはいけないんだとそう思い込もうとした、そしてそれを信じた。外で遊ぶことが多かったのもそのせいかも知れない。家にはぬいぐるみ以外おもちゃらしいものは大してなかったし、テレビゲームも一切出来なかったから。

女の子らしいものを避ける一方で、女の子であることを望んだ。かわいいお洋服も好きだったし友達とお茶するのもくだらない話で1時間も2時間も電話をするのも好きだった。でも自分の目指すところの「人間」には"女"性は必要のないもののように思えた。成長してゆくにつれて社会における「女」如何を知りなおさらがむしゃらに戦わなければならないと思った。男に生まれたかったのに私は女だ、そして女の子であることを望んでいながら私はその性を必死に否定しようとしている。男に成り得るはずもなく、かといって女として扱われることにも疑問を抱く。かくしてひねくれた女子が出来上がる。群れ成さなければ何も出来ない・うるさい・甘える そんな"女"性をあらゆる側面に適応させて必死にそこから逃げようとした。なんて勘違い。感情論は後回し。男性的になれるはずもなく女性的であるものを押し出さないとすればとにかく様々な局面において理屈で割り切って動く必要があるように思えた。自分は実に楽であった。それで納得できるのだから。そうして初めて同じ舞台に上がれた気がした。舞台?何の?常に誰かに対抗しながら相手の正体さえ掴めず虚勢だけが残る。


変わっている とよく言われる。
何を以って「普通」とするかは人それぞれだしこんな主観的で流動的な感覚ほど不確かなものはない、実にいい加減なものだと思うが人と比べてみれば私は意固地・理屈家のかわいくない女なのだと思うしその自覚もある。女の子の噂にはいつも疎いし「ぴのこってまるで中立国みたい」と同期に言われたときには思わず吹き出してしまった。つまり他人の目から見た私はこんなものなんだろう。
今は女である自分のことをよくわかっているつもりだしこの座をおびえた自分に明け渡すつもりもない。

守ってあげたくなるような女の子になんてなりたくない。“女”性を振りかざしてどうこうしてもらおうなんて思わない。お前を守ってやるなんていう奴がいたら鳥肌がたちそうだがそんなこと思いながらも私は強がっているのだ。そしてきっとやっかんでいる。あんな女になりたくない、そうは言いながら意とも簡単に"それ"が出来てしまうことが悔しいのかも知れない。自分にないものが羨ましいのだ。
だから私は飄々としているなんて言われる。強がっている。「お前といると女を感じがしないから落ち着くんだよな。」なんて言葉をほめ言葉として望んでいるように振る舞いながら一方で大きく落ち込んだりする。
今は昔のような無理はしなくなったしかなり地で生きているのだがそれでもある瞬間に壁を作りここから先は見せてあげないと戦っている自分がいる。無関心、意固地、強がりな私の中でもう一人の私が言う、「違うでしょう、怖がっているくせに。本当はもっと違う感情があるくせに。」心の底に私の「女」を隠して見せてあげない。見せ方を知らない。そうだね、ごめん、知っているよ、気がついている、女の子だもの。でもごめんね、今までずっとあなたを隠して生きてきたものだから足を踏ん張るほかの方法を知らないの。私は強い女をずっと勘違いして生きてきた。でも大丈夫だよ、私もちょっとずつだけど変化しているから。ずいぶんと時間もかかっているけれどね。自分の行く先に不安はあるけれど誰にもこの場所を譲る気はないよ。
だからもうちょっと強がりな私に付き合って、私。



最近はこの天邪鬼で強がりは私がかわいくさえある。ふふふ、また頑張っている、私。ってね。

先日友人に女ってなんだろうと疑問を投げかけられ自分の性について考えていた。
染色体上“女”性であるが私を女たらしめるのはこの女性器ではなくて私自身がそう望んだからだ。私が男にならなかったのは私自身が女であろうとしたから。ずっと捕われてきたものの根本にあるのは“性”ではない。それに気がつくと急に肩の荷が下りたように楽になった。私自身の問題だ、これは。




そうだなぁ とりあえず いい女になりたい。
[PR]
by 2pinoko | 2006-06-23 21:18 | つらつら。

ダメだ・・・・

・・・・・・・・終わらない。

あと100ページ弱なんだけど!
苦手なんだって、基底核!(うろ覚えなだけ)
混乱するのよ外側脊髄視床路!(上に同じく)

高校生に数学と化学教えて
DVDとか見ちゃって
机に向かってみるもやる気が出ず
ネットサーフィンしてたらもう日付がね、変わっていたさ。
やる気がしないのね。
決めちゃったからね、やるけれどね・・・・。


数学は好きだったんだけれどなぁ。
ひたすら手を動かして迷路のように答えを追跡して
リズムよく進むのが好きでした。
一番好きだったのは数Ⅲで、グラフを駆使して答えを導すのがこれまた!
何とも言えない達成感と充足感。
でも自分には数学的才能があるわけではないことも重々承知していたので
数学を用いるような勉学をこれ以上続ける気にはなりませんでした。


高校生に教えていてびっくりするのは大幅にカリキュラムが変わったということ。
数学に複素数平面がないのは有名な話ですが
気体の状態方程式が化学Ⅱなのは納得いかない。
立方格子も化学Ⅱ。
水平投射もコンデンサーも力積も力の分解も物理Ⅱ!
何で?

今の勉強は高校理系教科と異なりひたすら暗記です。
その仕組みやメカニズムを理解しつつ「解く」のではなく「理解して覚える」
もちろん自分で選択した道ですから面白くはあるのですが
手を動かして追跡していくものと異なるので途中で容易に眠くなったりします。
暗記系をひたすら避けてきた私ですのでいくら面白いとは思っても詰め込みに疲れて放棄したくなることもしばしば(オイオイ。)
だからずっと続けている高校生相手の授業は私にとってプラスなんだと思います、メリハリをつけるという意味で。
高校生はかわいいし、物化数を教えるのは楽しいし。




ああ、何だかまた数学やりたくなってきた・・・・。
って思うのは現実逃避!
残っているぞ、100ページ弱!!






ブラジル戦までには寝られるかしら。







****************************************

素敵なアスレチック、見つけました。
明日、また行こうかな。
[PR]
by 2pinoko | 2006-06-14 01:46 | お勉強。

願えば、叶う。思えば、伝わる。

e0054921_138822.jpg


『転がれ!たまこ』


なんだかね、ちょっと違うのだけれど、私の知っている子供たちに通じるものが節々に・・・・。


かぶとをとる事が出来ないたまこ。
渦巻きに夢中になるたまこ。
変化を嫌うたまこ。
日進月歩堂の甘食がないとダメなたまこ。
自分の世界から外をのぞくのが怖いたまこ。


洗濯機をじっと見つめちゃうところなんて!そうそう、わかる、その気持ち!
私も洗濯機を見つめ続けて何度とめたことか!!



願えば、叶う。思えば、伝わる。
私は、パンが焼けるんだ!







私のめんこちゃんも最近ではぐっと世界が広がりました。
毎日一所懸命。
こんにゃくマンも時々やってくるけれど、僕、がんばっているよ?

新しいお友達の輪に難なく入っていけるようになりました。
自分の意思を相手に伝えることだって出来るようになってきたよ。

まるで駆け足で成長しているよう。
もっともっと ゆっくり大きくなっていいんだよ。





************************************************


ワインが好きだとは書きましたが。
映画も好きです。週1以上で映画館通い。色々観ています。

さぁてW杯!!
日本戦が始まる前に観ておかなくちゃね、GOAL!!

e0054921_20639.jpg



にわかサッカーファンですけれど
オフサイドとか未だによく解りませんけれど、なにか?

でもこの迫力は大画面に限る。
生で観戦ってどんなに振動するんだろう。

面白そうだなぁ、いいなぁ(←にわかファン)






******************************************





十代の頃私は絶対的なものが欲しかった。
何があっても揺るぎのない、安心が欲しかった。
不安で不安で。
だから確かめたがる。
言葉で、言葉で、言葉で。

今思えば求めてばかりだったのね、私。

この世に生を受けて二十余年
『絶対』なんて存在しないと知ったけれど
残ったものがある。
どっしり しっかり 私の中にあるもの。
どっしり しっかり 遠くから支えてくれるもの。
大切なもの。
幸せだな、私。
[PR]
by 2pinoko | 2006-06-12 02:04 | 自閉ちゃんと私。

脈絡もなく 思いつくこと 思い出すこと

e0054921_052523.jpg



1週間のノルマ。
今回は378ページ。
終わるかなぁ・・・・。

アカシアの香りに誘われて
夜中に徘徊することもなくなりました。
今年こそアカシアの天ぷらを作ろうと思っていたのに
結局思っていただけで終わってしまった。



私はワインが好き。
一昨日は1本空けてしまいました。
美味しいチーズとお家からかっぱらってきた美味しいワイン。
昔は甘いものでなければ飲めなかったのに
最近はもっぱら辛口。
ウイスキーにビール。
下降型スパイラルにはまらない為にはお酒が1番。
そして酔いつぶれることがないからこれが出来るのです。

でも どうしてかな やっぱり一人でお酒を飲む気にはなれないなぁ。




*******************************************************



水玉模様のグラスと牛乳

ヤクルト

綺麗にたたまれた包装紙とリボン

ふくろう



色のついた眼鏡

虫眼鏡

琥珀

毛糸の帽子



壁を埋め尽くす本棚

孔子の思想

聖書と聖歌

なますとアンパン




それが、思い出。
[PR]
by 2pinoko | 2006-06-09 00:52 | こんなことがあった。

緑が 割れ目が 季節が

e0054921_2134449.jpg



こんな緑を見たら 突っ込みたくなります。

どーん。


共感してくれる方 いませんか? 







*******************************************************


せっかくローライズのジーンズ買ったんだけどローライズ用のパンツがあるなんて知らなかったよ!でもね、私は心配でだってローライズのジーンズとかってしゃがんだときとか座ったときとか見えちゃうじゃない!?背中もパンツも。で、講義室って段差があるから前の席に座っている女の子の背中とかパンツとか見えちゃうわけ、もうどきどきだよ、だってちょっと上から覗き込んだら見えてしまうかも知れないあの割れ目が!ちょっと前席の女の子を覗き込めばかすかにソレをにおわせる陰影がどきどきだよ。ローライズ用パンツってきっと深さがもっとないわけでそうしたら割れ目が更に見えやすくなるかもしれない!!そんな、自分の割れ目によほど自信があるならいいけれど。でもそうこう言っているうちに夏はやってくるしそうしたらジーンズにTシャツで過ごしたいのにローライズジーンズを履くにはローライズ用のパンツが必要なわけでそんな自分の割れ目について心配している場合ではないわけで少々不安要素はあるにせよ兎にも角にも私にはパンツが必要なのよ、パンツが!!



流石です、サチコさん!!
口に生クリームつけて力説。

そんなわけで 今日のお出かけ先は ランジェリー売り場。









気がつけばハナミズキもそろそろ終わり。
ビービー草の花は実に
タンポポは綿毛に
緑はその色の深みを増し
風の運んでくる香りは弾んで
薄着も心地よい。

e0054921_22254872.jpg



今年も満開 
また会えたね。

ジャングルだと言われるお家の庭
あっちも こっちも 大合唱

移ろわないで しばらくこのままで
[PR]
by 2pinoko | 2006-05-21 22:38 | 部屋の外には。

皐月


新緑の色 生き生き

ピンクや白の ハナミズキ

かすかに揺れる 藤棚の花

走ると風に乗って アカシアの香り

桑の実が熟れて黒くなる




この季節が一番好きだった。

自分の1番好きな季節に
大好きな友達大勢呼んで
誕生日会を開いてもらった。
小学生の頃の話。

みんながお家にやってくるのが それはそれは楽しみで
テーブルを整えてみたり くじをチェックしてみたり。
お母さんにはタラコスパゲティを注文した。
それとフルーツサラダ。ロールキャベツ。
ケーキとお菓子。
スパゲティが好評で 褒められるたび私は嬉しかった。

プレゼントは大抵サンリオのグッズ。
消しゴム ノート 鉛筆 シール コップ ぬいぐるみ
かわいいものは最後まで使うことが出来ず 未だにもっていたりする。
今となってはこのキャラクターノート 何に使ったらいいのかしら・・・。

お腹いっぱいになったら 外に出て
木に登ったり 走ったり 桑の実とったり
大好きな季節に 
大好きな友達に囲まれて
楽しくて 楽しくて 最高に幸せな1日だった。


誕生日って 大好きだった。











携帯が使いこなせない私は
メールひとつ返信するのも一苦労で
いっそこんな機器なければいいのになんて思うこともあるのだけれど
あの頃の仲間と連絡を取れるのも携帯のおかげ。


皆がね おめでとうだって。


今はもう ドキドキワクワクな誕生日でもないし
むしろ歳なんてとらなくていいのだけれど
やっぱり誰かがわずかな時間でも自分のことを想い
おめでとうを言う手間をとってくれたことを思うと
嬉しいものです。

慣れない手つきで 一人一人返信。

ありがとう。
久しぶりだね。
お仕事はどう?
研究はうまくいってる?
今度会いたいね 久しぶりに。







こんな風に 今年も またひとつ 歳をとりました。
[PR]
by 2pinoko | 2006-05-11 17:20 | こんなことがあった。

授業が早く終わったら。

飛行機雲 飛行機雲 飛行機雲




空を見上げて両手を伸ばして 首を回してコキコキならして
んんんんん~~~ っ!


今日は気持ちがいい秋晴れ。

3コマが早く終わったので構内をふらふら徘徊。
気持ちがよかったんだもの。




飛行機雲 飛行機雲 飛行機雲





そういえば、飛行機雲ってどうやってできるんでしょうね。
私、小さな頃は飛行機が雲が少ないことを危惧して空の素を撒いているのかと思っていました。あはは。





*****************************************************



新幹線に乗るとき、勉強道具を持ち込むのが私の常です。
で、授業プリントを眺めたり
問題解いたり
まとめ作ったり
所見書いたり。

この前もいつものようにファイルを広げてチェックしてたら
隣のおじさんがじろじろぴのこのほうをのぞいてくるんですよ。
なんだよぅ
と思いつつ勉強続行。

でもそれだけでなく、通路を歩く人もぞっとした顔でぴのこの方を見てくるんですよ。
なんだよぅ!


ふと自分のファイルに目を落とすと・・・・・・

















男性生殖器の解剖図 オンパレードでした・・・・・・・・。












気がつかなかったけれども。

そりゃあびっくりするよね。

うら若き乙女(?)が新幹線の中でまじめにこんなもの開いてるんですもの。
逆セクハラだわ(^^A



こんなとこにいると何とも思わないことなんですが
慣れすぎて無神経になってはいけないわ!
普通の感覚忘れちゃあだめだぁ。



と自分に言い聞かせたのでした。






・・・・・・・・・・なのに、つい先日。
電車の中で友人と前立腺肥大と濃尿についての話題で盛り上がり(←20代の娘たちが盛り上 がる話題なところが既におかしい)比較的人の少ない車両で赤っ恥かいたのでした。
声、聞こえちゃうんだよね~ 人少ないと。
気がついたら周りの人々がちろちろ見てたさ(;_;)

だめだ、自分。






ので。
明日も新幹線の中に勉強道具を持ち込もうかと思ったのですが
ちょうど今講義中の内容が泌尿器なので 持込断念しようと思います。


今月、週末は忙しいな~
[PR]
by 2pinoko | 2005-10-21 21:53 | こんなことがあった。