タグ:日常 ( 116 ) タグの人気記事

Do not think about it.

e0054921_22453654.jpg





本日4錠目のロキソニンを口に入れた。
病院では必ず胃薬と一緒に飲んでもらうけれど
自分じゃぺろんとNSAIDsだけを飲み込む。

こういうときは女であることを呪う。



医療って何だ、とか
家族って何だ、とか

優しさだとか
甘さだとか

1年後とか
10年後とか

あなた、とか
私、とか

とか、とか、とか・・・・。
結局分類することもできずいっしょくたにして保留。
論は結ばず。






今年の春はちょっと違う。
冷たい風に時折混ざる春のにほひを楽しみに、その歩みを感じていたものだったけれど
気象予報士が笑顔で告げる春一番が私の「合図」になってしまった。
ロングコートはもう着ない。
セーターもクリーニングに出そう。
マフラーも手袋もいらない。
そうだね、春が来てる。

もうちょっと暖かくなったなら
お弁当作って出かけよう。
五感で春が感じられる場所に行こう。





内科6ヶ月:終了
外科系6ヶ月:もうすぐ終了
苦手な救急も何とか乗り越えた。

4月からは姉夫婦の近くの病院に異動。
甥っ子かまいに、ちょくちょく顔出しに行くつもり。
[PR]
by 2pinoko | 2010-03-15 22:45 | つらつら。

昼ドラとかもみてみる。


ぐだぐだな。

e0054921_13474914.jpg



まず最初に。
前回の「ピヨピヨ」で私に子供が出来たかと思った方もいらっしゃったみたいですが。
否。ですよ。
ちなみにピヨピヨは続行中です。


ええと。
ある病原体に感染いたしました。
が、しかし、元気です。熱もないし、食欲もある。
夜と朝方の発作的咳嗽くらいなもんです。これがつらいんだけれど。
薬もガッツリ盛られてきましたがなかなか完治しない。
感染対策的には5日間の就労停止なんですが、医師の場合はこれが曖昧で
出てきていいと思ったら出て来いと上司から言い渡されました。
インフルエンザも隠密に治して出て来いとか言われるし、感染対策って医師に限ってはいい加減なものに思えてきた。

動けないわけではないし人にうつさないよう細心の注意を払いながら
基本的に自宅療養しつつ夜の街をサイクリングとかしてみたり。
昨日は2時間走りまわって耳が冷たくなって手がかじかんで
若干股関節も痛くなって帰宅しました。

で、部屋の掃除とか。
我が家の洗濯機はまさかドラム式なんて高級なものではなくて
学生のころから使い続けている7年物です。
洗濯機に接続されている水道は水しか出ないので
お湯を使うときは隣の洗面台の蛇口から湯を引っ張ってこなければならない。
ホームセンターに行けばそういう便利な道具も売っているのでしょうが
お金のないぴのこは蛇管を利用してます。
蛇管とはこんなもの↓

e0054921_1475776.gif


麻酔器と患者さんを繋ぐ管ですね。
吸入麻酔のためにも、酸素化・換気を行うにも大切な管ですね。
こいつを切って一本にして洗面台の蛇口から洗濯機にお湯を運んでいたんです。
(しかも長めの1.5m使用)

でも当然ジャストサイズではないため、時々気をつけて手で押さえてあげないとと蛇口から水が漏れる。
洗面周りがびしょびしょにならないように気をつけなければなりません。

昨日は久しぶりにガッツリ洗濯機が回せるのが嬉しかったんですね。
(夜は近隣を考えると遠慮してしまう。)
ついでに選択しながら台所の整理とかしてたんですね。

油断しました。
久しぶりだったから油断しました。
洗面台から変な音が・・・・・。


プシュシュウシュシュシュシュシュ----------!!
ジャーーーーーーー!!!



きゃぁ~~~~!!!



 *******************************************************************


山に行きたいです。
[PR]
by 2pinoko | 2009-12-16 14:35 | こんなことがあった。

大人な目的で社会科見学に行く。


小学3年生の社会化見学はキリンビール工場。
ガンブリオンだかガングリオン(!)だかダンデライオン(!!)だか。
とにかくそんな名前のビールの王様の大きな消しゴムをお土産にもらって帰ったのを覚えています。
あの消しゴム、なかなか使い切らなかったんだよね・・・・。

今回は、十何年ぶりに大人のための社会化見学です。
にも関わらずカメラを忘れるっていう・・・・。
携帯のカメラで怪しく撮影して参りました。

e0054921_22182311.jpg


というわけでサントリー。私の一番好きなビールはプレミアムモルツ。
どうやらネット申し込みで一般客向けの大人社会化見学を開催しているらしい。
「いってみる?」の問いかけに即YES。
目的はもちろんアレです。

午前11時の回に申し込んでもらっていたのですが
行ってびっくりしたのが当日申し込みなしで来ている人たちも多くいるということ。
そして気がついたこと。
ツアー参加者の年齢層が高め。
大抵がご夫婦か友達同士という感じ。
私たちが一番若かったのでは!?



e0054921_221901.jpg

まずはホールで簡単なプレミアムモルツこだわり製法について講義を受ける。
純粋に「へぇ~。」



e0054921_22192516.jpg



製法の秘話など。
工場内を案内しながら要所要所でこんな感じに説明が入る。




e0054921_22194025.jpg



工場です!
このおねえさんが素敵だったのです。



e0054921_2220425.jpg



ホールのディスプレイ。
このCMはうまいよね。飲みたくなるしね。



e0054921_22201993.jpg

そしてメイン(?)イベント。
綺麗なおねえさんが出来たてのビールを美味しくいれてくれる。
空腹だったのもあるけれど、やっぱり出来たては美味ですよ。
プレミアムモルツの秘話なんて聞いちゃうから3割り増しくらいで美味しく感じてしまうわけ。




e0054921_22203751.jpg


じゃじゃーん。
グラスに黄金比で注がれたプレミアムモルツです。





e0054921_22204734.jpg


こちらは近日発売予定のプレミアムモルツ黒。
美味しかった・・・・・・。




e0054921_22205891.jpg


もちろんビールだけじゃなくて
プレミアムモルツに合ったおつまみも用意されていた。
3杯までおかわり可。参加者の殆どが3杯目まで飲んでましたよ。





つい最近、ここに遊びに来てくれるある方より
「ブログで見る限りぴのこさん、よっぽど酒飲みだよね。」
とだいぶ心外なことを言われましたが

nonですよ。

お酒は好きですが一人晩酌とかしないですよ。
簡単に酔っ払いますよ。
だからこの日だって酔っ払ってしまったわけで。



e0054921_22212883.jpg



で、プレミアムモルツをタダで堪能し、ほろ酔いご機嫌で競馬場へ行ってしまいました。

人生初の競馬場。
休日のため場内は開放されていて、家族連れも多い。
その広さとなんだかよくわからない雰囲気と馬に興奮して我がテンション↑↑



e0054921_22214264.jpg


うまっ!うまっ!




e0054921_22215616.jpg

馬券も買ってもらいました。
かすりもしませんでした。
でも馬が走っていて感動しました。うまっ!





とまぁ
ほろ酔いで気分よくおうちに帰って参りました。
大人の社会科見学、おススメです。
なんたってビールがんまい。

そしてこの日の夕飯時にはプレミアムモルツを購入してしまいました。
これぞサントリーの無料工場見学の狙いなのだろうけれど。




おまけ。
e0054921_22241047.jpg


最近同居者が増えました。

名前はまだあげていません。
ケルベラは健蔵くん、最近悲しい結末を迎えたのはむさし。
今度のおちびさんたちの名前はどうしようかな。

そんなおちびさんにお花が咲いたのが嬉しくて、皆さんにもご紹介。
[PR]
by 2pinoko | 2009-11-11 23:54 | こんなことがあった。

今年初の薄手コート

明日は、秋刀魚を、食べよう。

e0054921_2257380.jpg




朝から晩までope室にいると丸一日の天気というのがてんでわからず。
改めて思う、私は窓から外をぼーっと眺められる生活がいいみたいだ。
いくらお休みがもらえても、やっぱり光合成しないとだめな気がする。
いつの間にか金木犀は通り過ぎ
帰宅時は冬の入り口の香りがした。
そういう、季節。




麻酔をかけている。
外科2件の緊急、どちらもre ope、ひどい出血だった。
朝から自分の症例2件、17時にやっと終わってそのまま緊急opeの手伝いに入った。
今日はぐったり、です。



*****************************************




あと一年で、我が家の「結婚年齢」
早いもんです。
[PR]
by 2pinoko | 2009-10-28 23:27 | 部屋の外には。

3連休らしい

3連休、だったんだ、と言われて気がつく。

e0054921_22425089.jpg




世間がお休みでも出勤するのは変わらないし
連休なら尚更外来受診患者が増える。


うちの子の写真眺めて癒されながら
うし、もうちょっと頑張ろうか。
残りはCCU患者のカルテのみ。






夏休みをとることにした。
(色んなものに)負けじと、とることにした。

一番行きたいのはサンクトペテルブルグや東ヨーロッパ。
が、夏休みは5日間。
お手軽3泊ハワイ夏の旅☆なんてのには興味がないし
比較的近いアジアならがっつりいきたいけれど休みフルに使ってそこまで攻める気にもなれないし
何より、問題は、旅行する金がどこにある、ということ。
安月給に貯金なんて出来る余裕なし。
ボーナスもなければどこに資金が、という話です、まったく。

それでもいろいろ裏技ってものがあるわけで。
せっかくの休み、家でごろごろは勿体無いこと極まりなし。
ということで、九州旅行することとした。

長崎⇒平戸⇒黒川温泉・阿蘇山⇒湯布院


今の楽しみはこの夏休み。






子供たちは今日から夏休みなんでしょうか。
[PR]
by 2pinoko | 2009-07-18 21:19 | こんなことがあった。

たんたんたん

気がついたらアカシアの季節は終わり
車の窓からからみえる合歓の花にちょっと癒され
出勤前には傘の必要性を確認し
溜まった洗濯物に憂鬱な気分になり
せめて一ヶ月に一回くらいはお休みが欲しいなんて同期と愚痴って
結局同じ。

病棟から窓の外ばかり見ている。

パソコンが突然切れるという難病に侵されてしまったため
早く修理に出さなければと思いながらも伸ばし伸ばし、結局1ヶ月たってしまった。

カメラもって、お弁当もって、一日どこかふらっとどこかへ
そうだな、やっぱり山がいいかな。

たんたんたん。










************************
【得したこと】
●笑顔ベースの顔
事例1:仏さん
事例2:マドモアゼルドクター
事例3:癒し系ドクター

●体力
事例1:地下から7階までの往復に耐えられる。
事例2:体調不良者続出の中ひとり元気
事例3:無理な体勢での制止可



【損したこと】
●笑い顔のため目が細まるが故に
事例1:「先生アキバ系?猫コスプレしてそう」
事例2:「先生もんじゃ焼きみたな顔だね」(←目との因果関係は不明)

●背
事例1:回診時一人小走り
事例2:救急ブースの点滴かけるバーに手が届かない→ルート採血が遅れる
事例3:モニターが見えない

●睡眠とらないと使い物にならない
事例1:未明の外来では患者さんに同じことを何度もきく
事例2:何だか色んなことがどうでも良くなる→洗濯物が・・・・
事例3:クマが出来やすい



【あいやー!な事】
●無言のプレッシャーに思考停止
事例1:「おまえ死んだほうがいいよ」
事例2:「俺の言ったことだけやってろ!」
事例3:「お前とterminorogy が共有できないな」






たんたんたん。
[PR]
by 2pinoko | 2009-06-29 23:49 | こんなことがあった。

わたしはいくが、あなたはのこる



e0054921_22463156.jpg

「わたしはいくが、あなたはのこる」永遠に越えられぬ偉大な人

 50代の男性だった。医師になって2年目、佐久総合病院の小海診療所で研修中に、師匠の清水茂文先生(元佐久総合病院院長)に連れられ往診した先で彼に出会った。

 17年前、まだワープロを使えなかった私。ワープロでしか意思表示ができなかった彼。彼は、筋委縮性側索硬化症(ALS)で、四肢が全く動かず、人工呼吸器をつけていた。

 ただただ驚いた。今でもICUで管理するような重症患者を当時から在宅で診ることができた佐久の医療。それを支えていた家族の力。清水先生と患者、家族との深い信頼関係。その何もかもに。

 しかし何より驚いたのは、彼が、微妙な瞼の動きだけでワープロから紡ぎ出す言葉だった。ALS患者は重篤な筋萎縮と筋力低下を来すが、感覚系は侵されず、意識は清明だ。

 彼の話の具体的な内容までは思い出せない。しかし、彼は「自分の死」について話していた。痛いとか苦しいとか、泣き言を一切言わず、淡々と死を語っていた記憶がある。

 往診から数日後、彼から一通の手紙が届いた。彼の主治医は清水先生であり、初めて会った研修医になぜ手紙をしたためたのかは分からない。もしかしたら、変わった医者だと面白がってくれたのかもしれない。あの日そこにあった何もかもに圧倒された新米の医者は、彼の「私はもうすぐ死ぬ」という言葉に「そうですね」と能天気に相槌を打ってしまったような気がする。ともかく、私の何かが彼の心に触れたのだろう。

患者自らが選び取った死
 封を切ると、ワープロで書かれた短い文章があった。「わたしのりょうめをしっかりみたあなたへ、いいおいしゃさんになってね」

 文末に「また、あそびにきてください」とあったので、葉書で「いずれ、伺います」と返事した。そして、小海診療所での1カ月の研修の最後の日に、一人で自宅を訪問した。

 そのときも、彼は「自分の死」について語った。私も誠実に自分が思ったままを話した。当時は医師としての経験が浅く、あまり自覚できなかったのだが、その後たくさんの患者を看取って、彼がいかに特別な人だったか今はよく分かる。あんなに心静かに目の前にある「自分の死」と向き合える人は、後にも先にも彼しかいない。

 数カ月後、研修を終え本院に戻っていた私に、また彼からワープロ打ちの手紙が来た。とても短い手紙で、そこに「わたしはいくが、あなたはのこる」という一節があった。

 不吉なものを感じて、数日後、彼の家に行ったが、彼は既にこの世の人ではなくなっていた。数カ月前の様子からすれば、何か特別なことがなければ、まだ死ぬはずはない。しかし、奥さんになぜ亡くなったのか尋ねられるはずもなく、焼香をして帰ってくるしかなかった。

 彼の死に際のありようを知ったのは、それから4年後の新聞記事だった。清水先生を取材したその記事で、彼は口から物を食べられなくなった時点で、経鼻栄養を拒否し、清水先生を説得して死を選んだということを知った。そう、彼は死んだのではなく、自ら死を選び取ったのだ。彼が語っていた、生前の言葉そのままに。

 医師と末期患者が話すとき、無意識に死を忌避する。死がすぐそこにあると分かっているのに、そんなもの存在しないかのごとく、目をそらし、ごまかし、やり過ごす。私も例外ではない。

 彼が住んでいた家は、私が車でいつも通る道からよく見える場所に今も建っている。そこを通るたびに彼のを勁(つよ)さ思い出し、自分の弱さを思い知らされる。彼の死は、永遠に越えられないものとして、今も私の中で生きている。 (談)

まとめ:風間 浩


色平哲郎氏
Tetsuro Irohira
JA長野厚生連・佐久総合病院地域医療部地域ケア科医長●1960年生まれ。90年京都大学医学部卒業。みさと健和病院(埼玉県三郷市)、南相木村国保直営診療所長などを経て2008年より現職。









自分の姿と重なった。



**********************************************

病院で過ごす毎日より
アンデスの山岳地帯で過ごす日々の方が 生と死はリアルで
自然と私の隣にあった。

生が際立つ程
「生きる」ことに貪欲である程
死が際立つ。
それはあまりにも自然に
傍らにいるのだ
意識せずとも。


エネルギッシュな生と
清々しいほどの死



*******************************************************


sterben



ドイツ語で死を意味する。
病院内で使われる言葉。
今月、何度も耳にした言葉。使用した言葉。
きっと、来月も。







明日も雨らしい。
[PR]
by 2pinoko | 2009-05-29 23:14 | 出会い。

できること・できないこと

いつもより30分早く家をでる

e0054921_23111427.jpg


いつもより遠回りして病棟へ向かう

この季節が一番好きだ




********************************************


未明。

PHSが鳴る。
レートが落ちてきたと看護師がつげる
急いで病棟へ向かう、カーテンを開ける
Vitalを確認する、オーベンに連絡する
胸の音を聴く、ただ隣で見守る。
DNR(Do not resuscitate)にはなにもしない、できない。
私はゆっくりと部屋を出る。

自分で決めていたこと。
担当の患者さんのお支度は必ず自分も手伝うということ。
お化粧は私がさせていただくということ。
看護師さんと一緒に化粧道具を揃えた。
私の化粧ボックスよりよっぽど充実している。
お着替えとお化粧が大方おわるとご家族をお呼びする。
「一緒にお化粧の仕上げをしてあげませんか。」

覚悟しておいてください。
そう告げてはいても
故人の着替えや化粧道具にまでご家族の気が回らないのは当然のことで
ああ、お気に入りの紅を持ってきてあげればよかったねと皆さん言う。

お支度が終わるとナースステーションに戻って私の最後の仕事
退院許可を出す。
「退院許可  転帰:死亡による」
これが一番嫌い。

この2か月の間科で亡くなった患者さんは全て私が看取った。



もし母の最期を病院で迎えるようなことがあれば
素敵なお着替えと化粧道具を用意しておいてあげよう。
そう思った。




***************************************************************

気がついたらまたひとつ歳をとっていた。

救急当直で診た子の病室を覗きにいったら
「おねーさん」
と言われ、一瞬誰のことだか分らなかった。
21歳の女の子、私よりも大人ぽいくらいと思っていたのに
その子の目からすれば私は「おねーさん」

そんな気はしなくても確実に歳はとっているようだ。


つまらない大人にはなりたくないのに
口からこぼれる愚痴はまさにそれで
上を見上げてはぁと大きくため息ひとつ。

子供のころは虹色のウサギになりたかったし
サンタさんのお嫁さんを夢見たことも、宇宙飛行士になりたいと思ったこともあった。
何にだってなれる気がしていた。
こうやってまた1つ歳をとって
今度は何になりたいんだろう、私は。

毎日ケラケラ笑いながら病院中を走り回って
夢・模索中。
[PR]
by 2pinoko | 2009-05-21 23:34 | 出会い。

皐月


綺麗にお化粧して おくり出した。

e0054921_1225654.jpg




天を悠々と泳ぐ鯉たちが
しっとり雨に体を休めてこちらを見ている。
じっと私を見ている。

ラヴェルのピアノ作品全集を買った。
買って2週間経つが、ビニールはかかったままだ。
テレビでグラビアアイドルが騒ぎ立てる声がする。
内容なんてどうでもいい、ただ笑い声に安心して眠る。

無性にピアノが弾きたくて
ふらっと楽器店に入った。
その曲の始めのキーさえ思い出せずに鍵盤の上で指を這わせ
昔の音をまさぐる、まさぐる。
考えるから弾けない、目をつぶればいい。
何度も何度も同じ曲を繰り返した。

ハナミズキは咲いただろうか。


5月、サマリーに追われて
また、スタート。
[PR]
by 2pinoko | 2009-05-07 02:09 | 出会い。

白いしめくくり

雪山最後の写真でしめくくり。春薫る雪山です。

e0054921_20451829.jpg



近況報告



勉強しなくちゃ
本読まなくちゃ
でも眠くて無理、ぐぅ。


わからないことは看護婦さんにきいてばかりですが
皆優しく教えてくれるので安心してます。
医者がうまくやっていくにはまず看護婦さん。


「先生一年生なんでしょ。いいよ、失敗しても何回もやって。私入りにくいから練習になるわよ。」

お勉強させていただいてます。





場所は変われどやっぱり窓の外ばかり見て過ごしてます。



みなさんに自慢したい(はっきり言っちゃう)旅の画像がいっぱいあるのだけれど
そのうち、そのうちに・・・。
初任給は4月の諸々の必要経費をしゃっぴくとまるで赤字。
どうにか暮らせるようになったら一眼買って
時間がある時にはお散歩に行きたいですね。



久しぶりの一年生。

元気でやってます。
[PR]
by 2pinoko | 2009-04-22 01:33 | こんなことがあった。