<   2015年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

11年目

e0054921_0191064.jpg


さっちゃんはね さちこっていうんだ ほんとはね
だけど ちっちゃいから 自分のこと さっちゃんって呼ぶんだよ
おかしいな さっちゃん


皆さんお馴染み童謡『さっちゃん』
どこが気に入ったのか不明ですが毎夜毎夜息子にせがまれ
3番まで繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し・・・・・・。

いまはさっちゃんブームのようです。

そして同様にバナナの歌もお気に入りの様子。


*******************************************************************

お久しぶりの更新です。

そして、8月 でまほろま。 11年目に突入いたしました。
めっきり更新回数は減ってしまいましたが。
ここを訪れてくれている方がまだいるのかは不明ですが
とりあえず、11年目です。
いろいろ思うところはあるのだけれど、とにかく時間がない。
なのでこうやって更新できると、久方の投稿が近況報告になってしまうのですが。

実は9月から就業停止となってしまいまして
病棟業務も当直も外来も全て押し付けて
ダラダラ生活をしております。
切迫早産の診断でした。
突然に私の仕事を分担しなければならなくなった先生方には
本当に申し訳なくて。

中の人はというと順調に育っており
もう出てきて良い頃だというのにいまだ腹の中におさまっています。
3週間前からそろそろですかね~と言われ
ビショップ スコアも良いにも関わらずこれですよ。
正産期に入ればすぐにお産になるかと思ったのですが
子宮口3-4㎝のまま陣発することなく年末を意識する時期となってしまいました。
あと数日で出てこなければ確実にカイザーなので困っているところです。

さて、切迫早産の診断のもと病休に入ったわけですが
同時に息子は保育園には預けられなくなりました。
自宅にはいるけれど安静でいられるわけもなく
まぁ仕事の負担が減っただけ良いのでしょうか。
とにかくエネルギー有り余る息子と濃厚な日々を過ごし毎日ぐったりです。
(担当医に言ったら怒られそうだ)
安静とは言えないような日々でしたが進行することもなくこの週数なので
まぁ良しとします。

子育てをするようになってから特にですが
行政の対応・サービスにはモノ申したいことが沢山。
この4月に保育制度が変わり、1年以上通園していた保育園に通えなくなり
どうにもならず職場の保育園に預けることになりましたが(たまたま保育園がある病院でした)
結果このような状況なわけです。
今後も上の子の預け先の当てはありません。

この2年間
子育ても家事も夫がその大半を担ってくれていたため
私は大変恵まれた「働くママ」ができていたのだと思います。
それでもこれだけ子どもをもち働き続けることの困難を感じるのですから
他の方はどれだけ大変なのだろうかと。
夫がここまで協力してくれて、やっと今の働き方ができているわけで。
(それでもオンコールや当直などの面で負担は軽減されている状況です。)
つくづく、子育てし難い社会であり国であると感じる今日この頃。
政治家さんのやっていることが全くの的外れとは言いませんが
そこじゃない。
と突っ込みたくなります。
まぁ私の場合、政策云々にかかわらず
特殊な世界に身を置いているせいも多分にあるのでしょうけれど。



****************************************************

e0054921_16551363.jpg


毎日朝晩の散歩が日課ですが
あまり夏らしい夏ではなかった一方で
12月に入ってもあたたかい日が続いています。
もう師走なのに、この陽気。
落ち葉を踏みしめ、青空に映える紅葉を仰ぎ
大きな深呼吸ひとつ。

とにかくあともう少し。
大きな腹と腰痛を抱えよたよたしておりますが
待ちたいと思います。
もう少し、もう少し。


ぴのこ
[PR]
by 2pinoko | 2015-12-16 17:07 | こんなことがあった。