<   2012年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

Home is where the heart is

皆様お久しぶりです。

あけましておめでとうございます。
ここで新年のご挨拶も8回目となりました。
細々と続けております まほろま。ですが
本年もよろしく願いいたします。

e0054921_12251623.jpg


※今年は申年ではありません

時間と仕事に追われて気が付けば2011年は終り
2012年を迎えておりました。
年末年始はこどもの嘔吐下痢が多く
それでびっくりした親が救急要請するケースも多く
ますますぐったり要素が加わった当直でした。


では、遅くなりましたが毎年の総括と新年の抱負です。



・おこちゃまやります
ギリギリになって自分の進路を決定。
学生の頃は考えもしなかったのに不思議なものですね。

・東日本大震災
春を切望しました。
桜前線が北上していくのがうれしかった。

・何が起こるかわからない
そのつもりがなかったわけではないけれど
折り紙折ったり席次札作ったり
やり始めれば楽しい準備でした。
沢山の友人たちにお手伝いしてもらい
あの時期に無事結婚式をあげることができました。
ありがとう。

・足りない
薬、輸液、血培ボトル
圧倒的にマンパワー

・棚ぼたハネムーン
行かなきゃだめよ!
上司の一言で急遽決定。
南の島もいいものですね。

・出会い
初めて向き合ったこどものanorexia
交換日記に綴られた感情
EEGをめくるより私の好きなことだと思った

・ビールと芸術の街
プラハとハンガリーへ。
ビール!肉!古都!マリオネット!コンサート!
また訪れたい素敵な街。

・体調不良
疲れがたまってきたせいかよく体調をくずした。
人に会うために頑張って休みをつくってもらう
→その分しわ寄せがくる
→体調を崩す
のだめなパターンに。
あれだけ鍛えたはずの体力はいずこへ?

・水痘ですか
肌トラブルがないのが唯一の自慢だったのに
生まれて初めて尋常性ざ瘡大量発生に見舞われ
もう何かの感染症としか思えないほどの成長っぷり。
いろいろ試すがよくならず。
皮膚科の権威に相談したら「生活スタイルを変えなさい。」
それは無理なお話です。
ニキビの悩みは尽きないのです。

・Herz
2か月で4人の子を見送った。
忙しさが増すにつれてニキビは成長し
眠れない日が増えた。

・甥っ子②
チビがもう1匹誕生
おばさんとは呼ばせない方針そのまま変更なし



忘れられない1年
忘れてはいけない1年となりました。
私の大切な人たちが元気で笑っていてくれればいい、から
「誰か」の無事を「誰か」の幸せを祈るようになりました。

大丈夫、大丈夫
くじけそうなときは何度もそう心の中で唱えました。
気持ちがふらつかなくなってきたのは私が強くなったからではなく
支えてくれる人がいるから。
だから明日もきっと大丈夫。
そう呟いて布団に入ります。

「ここに帰っておりで」
その言葉に救われる。






『心に栄養を』

2012年はこれ。
心に余裕がなければ人を思いやることはできない。
イライラして疲れてうまくいかないことが重なって
誰かを傷つけたりしないように
ヘラヘラ笑って私らしく
これが今年の目標です。
外の空気を吸える時間を大切にしたい。
納得できないことも
理不尽なことも不可解なこともたくさんあるけれど
今はただ目の前にあることをやるしかない。


2012年が皆様にとって素敵な1年となりますように。


                     2012.1.24 ある市民病院の当直室より
                                          ぴのこ
[PR]
by 2pinoko | 2012-01-24 20:58 | こんなことがあった。