<   2010年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

Aging

我が身は変化しつつある。
と、最近頓に感じる。



e0054921_18434358.jpg


いや、最近、ではないのだろう。
最近私が「気がついた」だけのことである。


①毛穴がなくなった。
もともと肌トラブルというものとは縁遠く、高校時代にニキビこそ出来たものの2つ3つであり、放っておけばいつの間にか治っていた。
修学旅行時に化粧水を貸して欲しいと友人に頼まれて、何となく使っていないとは言いにくく、今回は忘れてしまったと小さな嘘をついたこともある。
もっと肌に気を遣えと友人に怒られてからは少々の手入れをするようになったが、昔から肌に関して無頓着であり、決まった基礎化粧品というものがない。
きっと恥ずべきであろうことを堂々と言ってしまうが、今使っているものも美容院や友人やどこからか「もらった」品を使用している。使い心地の差こそあれ、不満はないのでまぁ、よい。
上記から化粧品も想像に難くないと思われる。
ファンデーションや下地はいつも決まったものを使用するが、何せ減らない。化粧品がなくならない。
化粧が濃くない上に、化粧直しなんぞ全くせず。する必要も特に感じず。そりゃ、減らない。
7年前のチークがなみなみと残っていた為使用しようとしたところ、これまた友人に怒られた。
さすがに最近まで使用していたとはいえなかった。

そんな私にも小鼻に毛穴さんがいた。
こいつはちょっと気になっていた。
毛穴すっきりパックで取れるほどの皮脂もなく、さほど目立ちもしないのだが、それでも時々出来る吹き出物同等それなりに気にしていた。
洗顔石鹸をよく泡立ててゆっくり洗う。そうするとわずかにザラザラしていた部分がつるんとなる、気がする。
そういうわけで、唯一気を遣っていたのは洗顔であろう。
しかしその石鹸だって結局は人からのもらい物なので、美肌プロテクター(という分類があるのかどうか不明であるが)に私は及第点を貰えまい。

で、本題。
毛穴さんが消えた。
ざらつく感じの手触りが消えた。
鏡で見ても、以前に比べて毛穴がめっぽう減った、気がする。
さて、最近何をしただろうか。
いや、何も変わらない。化粧をしたまま眠りに就くことも少なくない。
化粧品も美容液もいつもと同じ「もらい物」である。
よくわからないが、消えた。いつの間にか。
肌が徐々に乾燥して油分をあまり出さなくなってきた結果なのだろうか。
よくわからないけれど、ま、いっか。
というのが変化其の壱。



②しみがいる。そして跡が消えない。
我が家のTVがデジタル化された。
同時に画面もぐっと大きくなった。
故に、女優さんの肌の肌理まで評価できるようになってしまった。
するととたんに気になるなるは自分の肌である。
まじまじと鏡で観察すると、しみが増えた気がする。
やつの存在は知っていた。部活時代、強烈な紫外線にさらされ続けた結果生成された産物である。
でもこんなにあったかしら。と再び鏡を覗き込んで思う。
昔は化粧しても、しなくても、そう顔が変わらなかった気がする。
たまにちゃんと化粧した自分の顔をみて、違和感を覚えることもあった。
それが今じゃ、すっぴんの顔に違和感。あら、こんな顔でしたか?と。
何となく暗く見えたのはこのシミのせいであったか。

そして前述のニキビ。二十歳を過ぎれば吹き出物。
こいつは私の精神状態や健康状態を反映しやすく、忙しいときはぽつんと出現したりする。
どこに、頬部に。
まだ前額部なら前髪で隠せるからよいのだが、皆さん見てくださいと言わんばかりに目立つ部分に顔を出してくるのである。
これも放っておけばいつの間にか隆起は平坦へ、痛くも痒くもなくなるのだが、問題はその跡が消えないこと。
日焼けの結果で出来たシミよりややその存在感を主張しつついつまでも居座り続けるのである。
一向に薄くなっていく気配はない。
顔がくすんできた気がする、というのが変化其の弐.







私の脳裏をアンチエイジングの文字がかすめる。
やはり必要であるか。
SKⅡやドモホルンリンクルについて学ばねばなるまいか。
そうでなくても肌にもっと気を遣うべき・・・・・なのだろう。

学生時代が長かったせいか、気持ち的には「若い」
親戚に囲まれれば常に一番下で誰よりも「若い」
しかし考えてみればいい歳である。
ここ1ヶ月、在宅医療や介護に携わりAgingについて考える機会が多かったわけだが
まさか自分のagingについて本気で考えることになろうとは。
筋力は衰え体力も落ちた。
肉のつき方も変わった、気がする。
若い看護師さんたちの飲み会にはもはやついていけない。

Anti-aging

決意した まほろま。 語り始めてもうすぐ6年半
こちらではもうすぐ5年、の暑い暑い夏です。
[PR]
by 2pinoko | 2010-07-23 19:12 | こんなことがあった。