<   2008年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

故郷


2年前を思い出す

e0054921_14852.jpg





どうしたら強くなれるだろうと、そればかり考えていた。
一人で頑張るのだと、そう思っていた。


久しぶりに魯迅の故郷を読んだ。
道とははじめから存在するものではない。
人が通るところに道はできるもの。故郷の最後のくだりである。
故郷といえばチャーの印象が強い。覚えていたのは、今まさにチャーを仕留める、その瞬間の挿絵くらいなものだった。
改めて読み直して胸が痛くなった。

故郷とは何なのか。

浮腫んだ足をブーツに押し込んで夜の道を歩く。
ただいまとドアをあける。
お帰りの声が出迎える。
ここにも私の故郷は、ある。





前を見よう。
支えてもらって、しあわせもらって、安心もらって、時々小突かれたりなんかして
前を見て進もう、道を作ろう。

ストーブの上のやかんの湯気がやさしく揺れる。
こんな時、冬が寒くてよかったと思う。
[PR]
by 2pinoko | 2008-02-27 02:16 | 部屋の外には。

TAPVC


構造から病態を考える、頭を使うから、楽しい。


e0054921_1103563.jpg



飲みに出かけた。



******************************************************


・確実に毎日12時間は病棟にいる。
 初めのうちは、少しくらい空き時間が欲しいと思ったもんだが
 もう何週間もこれが続くと苦にならなくなった。
 病棟にいる時間が長い分、入院患者さんたちの容体もわかりやすい。
 私でさえ助けとなっている事実。
 マンパワーが不足しているという現実。


・エンゲル係数、やたら低い、はず。
 昼も夜も御馳走になることが多く栄養過多ではあるが。


・もうすぐ受験、私の生徒君がね。
 この私が教えた英語(こっちはまぁいいとして)と社会は成績向上
 ほっと胸をなでおろす。
 あとは合格してもらわないと。
 入試といえば来週は大学入試、学力試験と面接で数日校内閉鎖になるらしい?
 まぁ、病棟は関係ないのだけれど・・・・・・


・段ボールが2箱届いた。ママン。。。。。。
 野菜野菜野菜果物果物魚魚
 一気に家庭度上昇しそうな予感。







私のペースで
今やれることをやれるだけ。



もうすぐ、春だよ。
[PR]
by 2pinoko | 2008-02-23 02:06 | 出会い。




                       「冬だねえ。」
e0054921_17463595.jpg




今日から3日間、国家試験です。
6年生見送りはたいそう盛り上がり
どこの部活も体を張って大騒ぎ。

来年は自分かぁ。
早いものです。




**************************************************

私は知らない。

彼の憂鬱
あなたの苦しみ

私は知らない、私のことを。




The answer, my friend, is blowin' in the wind,
The answer is blowin' in the wind.



ボブ・ディランを聴きながら
コート着て、マフラーまいて、また歩く、冬の街。
「冬だねえ。」
[PR]
by 2pinoko | 2008-02-16 18:11 | こんなことがあった。

ただいま戻りました。

お、戻ってきたね。

どうもぉ。戻ってきましたよ。

宣言して逃げてるようじゃダメだな。

はは、ダメですか。調子はどうでしたか。

あんたがいないから、具合悪いさ。だるいよ、体が。

あらら。今日の画像は良くなってきてるんですけれどねぇ。戻ってきたからすぐ治りますか。

治るかもしんね。

うん、治るかもしらんね。







あら、おかえりなさい。

はい、ただいまです。

調子はいいよ。

そうですね、顔色いいですね。

行ってきたんかい。

あれ、知ってたんですか。

言ってたっけね。

そうでしたっけ、あれ、忘れちゃった。

喜んだしょ。

うん、喜んでくれたよ。










お帰りなさい。

はい、ただいまです。何で皆さん知ってるんですか。

話題になってたさ。

あれま、嫌な予感。どんな?

すたこらさっさしてるって、あんたがね。

あらー。・・・・・・・ららら。












              そんなわけで ぴのこ 戻りました。
[PR]
by 2pinoko | 2008-02-12 22:56 | 出会い。

逃避行中

e0054921_1312290.jpg

ふらふらと

メノホヨウ
ナツカシイアノヒトニ
クイノナイヨウ




そんなわけで
我が儘通してスケジュールおして
ふらふらしております。
[PR]
by 2pinoko | 2008-02-11 13:01 | 旅記録

節分

我が家の節分は父の居ぬ間に行われた。
というか、父がまともな時間に帰宅していることなどなく
「お父さん帰ってこないけれど、鬼は外、やりましょうか。」
という感じで、豆まき行事は決行されていた。

母が用意した大豆に、ブロックチョコレート
これを家じゅうに、庭に、犬小屋に
福はうち!福はうち!
と言いながら、順々に。
父不在の豆まきなので、鬼は外!はなし。
豆とチョコレートを拾って歩き、歳の数だけ仏壇にお供えする。
平凡な豆まきの風景だった。







今日も父の帰りは遅いのだろうか。
母はいまだに一人で豆まきをしているのだろうか。
そして、やっぱり「福はうち」だけなのだろうか。




********************************************





「ぴのちゃん、買ってきたよ、豆。」

家を出てからも、豆まきを欠かしたことはない。
掃除の煩わしさを思うと控えめにそっと置かれる大豆たち。

福は うち。
[PR]
by 2pinoko | 2008-02-04 06:02 | こんなことがあった。