<   2008年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

埋もれる

冷え込む日が続く。

e0054921_0372171.jpg




1歳4ヶ月の子供が足の裏の感覚を楽しむ。
凸凹と絨毯と床と
触覚を楽しむ。
靴下を履いていたのではわからない感覚。
その違いを何度も何度も行ったり来たりしながら楽しんでいた。

言われて気がついた。
私たちの子供は普通の子供たちが1歳ちょっとで夢中になるこの違いに
5歳6歳の、今、熱中しているのである。
彼らの成長では、今、なんだなぁ。



*****************************************************

大量に仕入れてきた銀杏の実をフライパンに入れて
ストーブの上でじわじわ熱す。
殻をひとつずつ砕くのは骨の折れる作業で
全ての実を取り出すのに2時間もかかった。
まだ、袋ひとつ分残っている銀杏の実。
こりゃあ平日じゃ出来ないなあ。


人混みは疲れる。
様々な人生が交錯する路地で美味しくない空気と人々の喧騒にうんざりしながら
一方で他人の中に埋もれることにほっとしている。
組織の中の一人、発表者の中の一人、学生の中の一人、行列の中の一人
周りの中のほんの一部になったとたん埋没してしまえる安逸にひたる。
人工的に並ばされた木々であっても、実は私と同じように
列の中の一木であることが安穏無事と感じているのかも知れないなんて
まるで意味のないことをふと思った。
まるで意味のない。



1月になってから急に忙しくなった。
3人の医師の下につき、毎日動いている。
忙しい毎日に私は相当疲れているのに
私が帰った後もまだ残っている先生方には感服する。
何より時間をとられるのは診療行為ではない。
事務作業が軽減できればもう少し余裕が出来るのに。

くたくたで人混みの中に立ったとき、解放された気がした。
誰も私を知らない状況に安堵したのである。
病院にいる私を誰も知らない。
余命幾許の話題でさえ無感情で聞いている私を知らない。
なかなか話の終わらない方にイライラしている私を知らない。
「まだ何とも言えませんので、検査してみましょうね。」笑って嘘をつく私を知らない。








朝になったら、また何かに疲れている私。
このままでいいのだろうかと、いつ頃からか漫然と考えるようになった。

2008年の目標は『手を前に出す』
がんばろ。
[PR]
by 2pinoko | 2008-01-28 01:44 | 自閉ちゃんと私。

1%


「新たな癌が別の場所に見つかりました。出来たばかりの小さなものです。しかし、あなたに手術は出来ません。」


「治るのなら、治る可能性が存在するのなら、それがどんなにわずかでも、例え1%でも治るのなら、がんばって生きようと思うのです。その選択が死期を早める結果となろうとも希望があるのなら戦おうと思います。生きるとはそういうものなのだと、思います。」





1%の可能性で「治る」のであれば99%の可能性で「治らない」のである。
99%の確率で、その治療法は効かない。
そればかりか、副作用による死の危険性が大きい。
それでも、1%の「治る」に賭けるのだと。

私たちは1%の「治る」を見ていはいない。
99%の苦しみを考える。
苦しみ弱っていく姿を見たくはない。
自らの手でそんな状況を作りたくはない。









外はすっかり暗くなっていた。
息が白い。
ここには星空がない。

あなたに会いたく、なりました。
[PR]
by 2pinoko | 2008-01-22 18:59 | 出会い。

見つめる


私が愛さないといけない。

私が許さなければいけない。


止まっていたのは私の時間
だから見つめなおす。

日本人の愛って、LOVEとはやっぱりちょっと違う。

私がデートって言えないのと同じ。
他人とそれを分け合いたくない気持ちと、自分の内部を覗き見られるような感覚から
一呼吸おいて、定義を確認したうえで口にしようとする。
そういう用心深さを備えもった言葉。

野菜スープ。



私が愛せるようにならなければいけない。







そんなことを考えながらシャワーを浴びて
湧いたお湯をこれまた最近のマイブーム湯たんぽに入れて
時計を確認するとAM3:30
朝起きられるかしら

湯たんぽ抱えて おやすみなさい。
[PR]
by 2pinoko | 2008-01-21 03:32

Q『どんな感じ?』+追記

e0054921_19375847.jpg





A.こんな感じ。










そんなわけですったもんだな生活をしておりました。
終わったとの疲労感とのどの渇き。
オペ室から出ると、ビール!と頭の中で叫んでました(笑)

色んな経験させていただいたわけですが
うーん・・・・・さらに進路について悩みそうです。


小さいころの夢。
サンタさんのお嫁さんだったこともあったなぁ。
[PR]
by 2pinoko | 2008-01-16 19:37 | お勉強。

吸収期間




うん 久しぶりにすがすがしい いい笑顔してる






e0054921_13531662.jpg




空き時間お買い物に行きました。

本当はパンツが欲しかったのに、店頭に飾ってあった素敵なシャツにやられてしまう。
デザインもレースも、これまた私好み、セール対象外だけれど。本来の目的以外のもの、カーディガンとそのシャツで結局悩むことに。
「このカーディガンだったらスタンダードな形だしお色もきれいだし、職場にも着ていけて使いまわしはいいかもしれませんよ?」と、店員さん。
「そうですぇ・・・・でも、私まだ学生なんですよ。」
「・・・・え!?

え~そんなに驚くところだったんでしょうか。
確かに私の歳では一般的には社会人が普通ですけれど、バリバリOLの格好じゃないし、メイクも濃くないし。
それで、ちょっとこんなことをきいてみた。
「私、大学一年生でまだ10代って言ったらどうします?」
「いやー見えませんて!!!」
・・・・・・やっぱりそうですか。

昔は結構実年齢より若く見られたものなんですよ。
昔やっていた塾の講師のバイトで、高校受験生の理科のクラスに入って行ったら、中学生に
「え?君、これから俺らと同じクラス?よろしくね。」
と声をかけられたことがあります。
さすがにこれはショックでしたね~。
「残念でしたー。今日から君らのクラスを教える先生だからね!」

話戻って、結局学生らしく(笑)レースかわいいシャツを買いました。



*********************************

年が明けたら、という約束だったので、トリートメントもしてもらってきました。
仲良しの美容師さんで、大抵の髪型は彼女にほとんどお任せしてます。
こんな方向性で、あとは任せた、という感じで。

笑顔をほめられました。
久しぶりにいい笑顔してる、と。

ご褒美に少しだけカットもしてもらいました。
気持ち新たに って 少しだけ。









動き出す前の 小休止。

頑張ってきます。
[PR]
by 2pinoko | 2008-01-08 13:53 | こんなことがあった。

ネズミ算式


                       戦いの前の静けさ
e0054921_13572987.jpg




遅くなりましたが、皆さま、あけましておめでとうございます。
毎年のことながら、年末年始は忙しくしておりました。
遊びに来て下さる方
あたたかいコメントを下さる方
昨年一年ありがとうございました。

赤と青と白のコントラストを見上げながら
新年 気持ち新たに。


2008年
多くのことが「決まる」 多くのことを「決断する」 1年。
実習にも試験にも追われることになりますが
何とか乗り切りましょう。
進むことを決意したならば。


元旦の風景に心癒され
上機嫌のまま不意に災難に見舞われ
それでも人々の優しさに触れ
夜はゆっくり心の凝りをほぐしました。

全速力の後の爽快感は最高。



      見つめる
      見つめ直す
      顔をあげる
      手を前に出す




2008年の目標です。






今年もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by 2pinoko | 2008-01-07 14:02 | つらつら。