<   2007年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Last Night I Had The Strangest Dream


      
     子供だった。
    
     それは幼稚園の父親参観日だった。

      

 
e0054921_23181996.jpg





幼稚園バスからおりたら、まず裏の林に遊びに行った。
山の中にあるという、珍しい立地で、毎日木の実を探したり、泥団子を作ったり
野うさぎを見つけたり、木に登ったり
とにかく腕白の限りをつくした幼稚園時代だった。



そして、その頃の日曜日と言えば、病院とカセットとイタリアンだった。


************************************************


毎週家族4人で新宿のJR病院に向かった。
祖父の見舞いだった。

祖父との思い出は少ない。祖母に至ってはほとんどない。
一緒に動物園に行って私が迷子になったこと(私はよく迷子になった。周囲の物に気をとられていると気がつけば自分1人になっていた、ということは少なくない。おまけによく溺れて死にかけた。水が嫌いにならなかったのが不思議なくらいである。)
私が母に叱られて泣いていると壺から黒飴をだしてこっそりくれたこと、
そして両親が病室にいないと私たちに嗄れ声でマーゲンチューブにビールを流し込めと言っていたこと、
これが祖父について私が覚えている全てである。

小さな私に死という実感はなかった。毎週おじいちゃんに会いに行く、それだけなのだ。
日曜日は家族そろって出かける珍しい日、車の中でビートルズとサイモン・アンド・ガーファンクルが流れる日、そしてイタリアンレストランに行く日、だった。

日曜日の車の中では必ずビートルズとサイモン・アンド・ガーファンクルがかかっていた。
私はHe Was My Brother が大好きだった。母は「変わった子ね」と言った。
カセットを聴きながら必ず帰りに寄る店があった。国道の下の、地下にあるイタリアンレストラン。
照明は落とされており、各テーブルの上には太いローソクが置かれていて
この溶けた蠟を剥ぐのが私の毎週の楽しみだった。
大きな塊を細心の注意を払って、とる。
剝ぎとった蝋は大切に紙ナプキンに包んでポケットにしまった。

父も母も、もちろん私たちもよく食べた。
一度4人で13皿注文し、店のシェフに心配されたこともある。
4人とはいえ2人は小さな子供だ。今にして思えば、よく食べられたものだと感心してしまう。
ここのイカスミとロブスターが最高に美味しかったのを覚えている。


日曜日は祖父の見舞いの日。
だけれど、私は毎週のこの日が楽しみだったのである。
家族の揃う、お出かけの日だったのだ。




************************************************


舌癌術後の患者さんを受け持った。
祖父と同じ、大酒のみの、愛煙家。

CDを借りに行った。
久しぶりに聴いた He Was My Brother
自分は音痴だと信じて人前で歌うことのない父だけれど、若者たちと The Sound Of Silenceだけは口ずさんでいたっけ。

味わえなくてもいい、チューブにビールを入れて欲しいと言って父に怒られていた祖父。
ベッドサイドにいる私はあの頃と同じ。

父はどんな気持であのカセットを聞いていたのだろう。
日曜日だけ 繰り返し 何度も何度も




**********************************************


最近は、昔のことをよく思い出す。
[PR]
by 2pinoko | 2007-10-31 01:24 | つらつら。

秘密

  
    ね、ね。
    これで学外出てもいいと思う?

    まぁジャケットで見えないけれど・・・・。
    そんなに面倒?着替えるの。 
    あ、せめて聴診器はおいていきなよ。
 


e0054921_1974351.jpg




そんなわけで今日の空き時間に街中をてくてく。
雨上がりの空気は重みがあって
優しい風 が吹いていました。


*******************************************************


考えていました。

伝えるべきか否か 迷っています。
伝えるのならどうしたらいいのか 
どうやって“それ”を告げればよいのか わからないのです。

今日もてくてくしながら
今メールをしてみるか やっぱり電話か
でもきっとつながらないから それならどうやって伝えるか。
画一化された文字で伝えるのは嫌だし
かといってうまく自分を説明できない私が自分の口でどこまで伝えることができるのか
じゃあ手紙を書こうか いやそんなこと出来ない

そうやって同じことを何度も何度も考えているのです。

“それ”は私の頭の片隅にどんな時もでんと居座っていて
勉強していても ご飯を食べていても
検査を見ていても opeを見ていても
飲んでいても 走っていても
テレビを見ていても 寝ている時でさえも
ふらっとやってくるのです。
「ちょっとあんた、どうするつもりなのよ。」と。

それをもう1カ月近くずっと繰り返していると 
まるで恋する女の子みたいで。
あの人に伝えるべきかしら でも決心がつかないわ
毎日がどきどき
「恋する乙女」がごとく寝ても覚めてもそれに悩む自分が
てんで馬鹿らしくなってきて 私はてくてく決心したのです。
  よし 今日 私は やる。
大きく息を吸い込んでもう一度
  うん きっと 伝えるべきなんだ。






決心してロッカーに戻ると
伝えるべき時期を逸していたことが判明。
だめみたいだ しばらくは。
伝えられたとしても それは一か月先の話になってしまいました。

また私は一か月近く 寝ても覚めても
あなたと“それ”について考えなければならないようです。
恋する乙女がごとく。








         

  美しく実る稲穂に 愛を知る 夢も終わる
  駆け出した 風に逆らい 夕焼けが僕らを染めていた

  あり得ない明日に憧れ 何度でも無理にふくらまし
  そんな日々を軽くなでられ なんでだろう 涙が止まらない
  なんでだろう 君から逃げられない

  誰にも会えない気がしてた クジ引きだらけの街にいて
  もうウソはつけない 無性に何か飲みたい
  初めて本気でカワイイ蜂に刺された

  泣き笑い ドラマよ続け 夕焼けが僕らを染めていた
  夕焼けが世界を染めていた

  ケモノになれないケモノでも 優しくされたら燃え上がる
  遠い国の景色 今 君に見せたい
  最後の花火を二人で打ち上げようよ

  泣き笑い ドラマよ続け 夕焼けが僕らを染めていた
  夕焼けが世界を染めていた


   

                      『稲穂』  

[PR]
by 2pinoko | 2007-10-29 20:15 | つらつら。

マドレーヌ



  眠れない
     細長い焼き菓子に棒をさして剣を作る夢を見る
     
      秋の夜長と・・・・・・・?



e0054921_1594212.jpg





ほっと安心している彼を見て
私は何も言えなかった。

私が伝えるべきことではなかった。


その断端の意味するものは・・・・・。







コスモスを見ていた。



****************************************************




人は常に満たされることを望む
満たされないからこそ生きる
満たされようとしてもがく

あいてしまった穴を埋めようと
代わりの欲を満たす
たとえば食べることで セックスすることで 
買い物することで 寝続けることで

満腹中枢が刺激されても
気乗りしないセックスも
ただあっけなく 虚しさだけが残る
代わりになりはしない
何も変わらない



秋の夜長
苦しむあなたを知っている
私に何ができるだろう



1メートル近くある細長いマドレーヌに竹の棒を突き刺して
今年の冬はこれで乗り切らなくてはと意気込む私
昨夜はそんな夢をみた
手には拳を握り締めた爪痕が残っていた

これから私は何に立ち向かっていこうとしているのか
ともかく私は頑張らねばならなかった
前を向いて

あなたを満たすことはできない
私はできない

でも同じように満たされない思いを抱いた私が
棒の先のマドレーヌを
苦しむあなたに差し出せばいいのかも知れない
寄り添ってあげることはできなくても
手をめいっぱい伸ばせば
届くのかも知れない きっと
[PR]
by 2pinoko | 2007-10-25 02:57 | 出会い。

一人20個


   9月の山
   
   今頃は紅葉が始まっているのでしょうか


e0054921_17531653.jpg



久しぶりに頑張ってみたら
筋肉痛がひどくて
歩く姿が何とも滑稽

また夜の街を走ろうか


**************************************************

スーパーにサンマが置かれるようになると
必ず作るのがさんまの餃子。
ぶーぶーの餃子もということで
野菜だくの餃子、全部で100個。
その100個を全部羽つき焼き餃子にして
カボス絞ってたれを作り
きんきんに冷えたビールとタラのみそ鍋で楽しい夜だったわけなんだけれど

わけだったんだけれど。



今朝私は自分のベッドで目が覚めて
同時にひどい頭痛と倦怠感に襲われ
ふらふら洗面所へ向かうと食器もごみもすべて奇麗に片付けられていて
そして私は片づけに参加した覚えがない。
・・・・・・記憶がない。

こういうのは久しぶりでございます。
二日酔いなんて滅多にないのに
そもそもそこまでの量を飲んでもいないと思うのに。



朝一で母から電話。
私にお菓子とチーズとイクラとかわいいコートを送るという。

 「あんた、なんか具合悪そうね。」
 「うん~ちょっとね。」
 「今日は忙しいの?」
 「や、今日は忙しくない、というか動けない。」
 「・・・・二日酔いね。」
 「(なぜわかる!?)・・・・そうです、すみません。」


今朝はもうお酒なんていらないって気分だったのに
先ほど飲みの誘いがありまして
即答してしまいました。

題名:もちろん
本文:それ参加で。

[PR]
by 2pinoko | 2007-10-21 18:21 | こんなことがあった。

続く


      先に進みたくなる道

e0054921_21535089.jpg




最近いろんなことを忘れる。

ごみ出しに始まり
基準値
DVDの返却
同期の名前(!!)
家賃の振込
外人さんの名前の疾患


そしてすっかり忘れていた。
まほろま。エキサイトで始めてから、いつのまにか2年たっていたらしい。




このような形でネットでつらつら語り始めてから、実は3年半になります。
そのへんの話は昨年の記事参照で。

で、2年たったという話。
まほろま。との付き合いは3年半。
侮ることなかれ、3年半の年月を。

私が得たもの 失ったもの
喜び 悲しみ
穏やかな日々 苦難の日々
木々と花々 空と風
これは私の記録です。



アウトプットしていくことで自らを補完していく私にとって
ここは必要な場所のようです。
こうやって気の向くまま思いつくままにやっているわけですが
このまほろま。をいったいどんな人がみてくれているのだろうとか思うことがあります。

私の素敵があなたの素敵なら幸せ。
よろしければこれからもお付き合いくださいませ。




************************************************



空があまりに奇麗だと
大学病院に行くのが馬鹿らしくなって
そんな日は一日窓の外ばかり見ています。
とまぁ、こんな不真面目な学生です。

国家試験に合格して医者になることより
ずっとずっと難しいことがここにある。



今夜はお鍋にしよう。
愛をいっぱい詰め込んで
誰かのために 笑顔のために おいしいのために
今夜はお鍋であったまろう。
お料理って やっぱり愛だ。
具だくさんの愛だ。
[PR]
by 2pinoko | 2007-10-18 17:02 | このブログについて。

バルタンぴのこは偉そうな先輩?


       ふぉっふぉっふぉっふぉ

       先輩 なんすか ソレ

       つ-かーまーえーるーぞー

       あははは!!その動き いいっすよ!

 
e0054921_232188.jpg



バルタンぴのこはチビたちを追いかける。
という運命。

運動靴を履いて来るべきだった。




4回目の秋です。



*****************************************************

壊れたんですよ、本棚が。
前触れなく、こちらの都合もお構いなしに
ガコンという音と共に崩れ落ちたのは数ヶ月前。
教科書とファイルの重みに耐えかねて横幅増大、結果崩壊。
こりゃもう直しようがない。

私の部屋には本棚が3つありました。
ひとつは文庫本と絵本用
もうひとつは教科書用
この2つは結構大きな本棚だったのに
増えていく教科書やファイルをとうとう収納しきれず
新しいのを買い足して、全部で三つ。
今回段抜けしてくれたのはこの一番新しい本棚。


丈夫かつこれからも増えていくであろう書籍を収納しきれる大きさの
新しい棚が必要だ、が、組み立てる人員も必要だ。
ついでに秋だしラグも換えたいじゃないか、たまり続ける服もどうにかしてしまいたい。
⇒誰かにやってもらおう。
という何とも自分勝手な考えで後輩に声をかけたわけです。
 
 『今度本棚作るの手伝ってくれないかなぁ?(当然やってくれるよね?)』
 『いいですよ~喜んで!(ぴのこ先輩じゃ断れないよ・・・・めんどくさ。)』
     ↑と本当に思っていたかどうかは不明。




そんなに脅したつもりはないのだけれど後輩たちが5人やってきて
あっという間に積み上げられた本を整理し
不要なプリントをまとめ紐で縛り上げ
ダンボールを片付け
本棚を組み立て中に教科書を並べ
掃除機をかけラグを換え
白衣にアイロンがけし
食器を洗い牛乳パックをひらいて
模様替え 完了。

その間私はキッチンでお夕飯係。
ねぇねぇ、6人分ってこれで足りる?
嫌いなものない?
おでんにしようか、ことこと煮込んで。
何か飲みたくないの?甘いのでいい?


土鍋は皆でつつくから美味しい。






ストーブでことこと煮込む季節ももうすぐやってくる。
煮込み料理って、愛を感じる。
愛 愛 愛 なんだな。


****************************************************





女子らは たらふく食べて 帰って行きました。
それは もう びっくりするくらいに。
[PR]
by 2pinoko | 2007-10-09 16:44 | 自閉ちゃんと私。

To XX or not to XX (2)


 港育ちだから?

 港育ちだから。


e0054921_18142028.jpg





お盆過ぎの海。


昔よく訪れた海はお盆を過ぎると白波がたった。
水からあがると唇は紫になって
キャーキャー言いながらおばさんの家のお風呂に飛び込んだ。

海も 空も 風に揺れる木々も
見ていて飽きることはない。



****************************************************


帰ったらどうするの?

さあ どうしようかな 学生に戻れるかな。

そう。

きっとぼーっとしてるうちに 休みも終わるしね。

そうだね。

いいところだったね。

思い付きだったのにね。















・・・・するべきか  否か

考え続けても答えが出なくて
結局わかったのは私は人を信じたいということだけだった。

うたかたは『泡沫』と書くのだった。
そんなことをふと思い出した。





2本の足で しっかり立つ。
それが出来ないうちは どうやっても私の我侭でしかない。
いつもみたいに笑っていればいい。
それでいい。

一緒に帰ろう。




**************************************************


帰り 駅でフカヒレラーメンを食した。
贅沢贅沢!と笑いながら。
それはそれは美味で
五臓六腑に染み渡るってこういうのかね、なんてまた2人で笑った。
[PR]
by 2pinoko | 2007-10-08 19:03 | 旅記録

つられてやってみるさ。


こういうの、あればやってみたくなるじゃない。


e0054921_1162332.jpg




ぴのこのカレンダー


はぁ。
さいですか、そうですか。
これ某氏曰く『理想の生活』だそうです。








で、なんだか気がすまないじゃない。
だから再チャレンジとかしちゃうじゃない。
そして、これ。↓↓↓

e0054921_1184521.jpg



あー
そうですか、やっぱりですか。
筋トレするより鍛えられそうな一ヶ月。





でもやっぱり気がすまないじゃない。
ちょっと韓流とかに名前アレンジしてみたりするじゃない。
↓↓↓

e0054921_1224213.jpg






・・・・・・・・・・・・もう何も言うまいよ。











ちなみに本名でやってみたら、これまた自分の生活苦を反映していたところが気に食わない。
もしくはこれは未来カレンダー!?
裁判と修羅場に苦しめられそうです。
[PR]
by 2pinoko | 2007-10-06 01:32

To XX or not to XX (1)



 二人で楽しもうって 言ったでしょう?

e0054921_031428.jpg



「おねえちゃんもここ座るか?」
「ううん、大丈夫。」


おじさんたちとご一緒に。
おじちゃん、私高校生じゃないって。




行ったことないなら 行ってみようか。
そういうのりで 残暑厳しい中リサーチもなしで
ふらふら出かけていったのです。

そのときの気分まかせ 風まかせ。





***********************************************


e0054921_071623.jpg



360度広がる景色


「一周だいたい20分くらいだって。」

「じゃあその間に実りある会話をしよう。」

「好きだね、最近そういうの。」

「テーマを設けると充実した時間をすごせる気がする。」

「じゃあ・・・・こぶた。」

「・・・・たぬき」

「きつね」

「ねこ」

「・・・・・・・・・・・・・。」

「・・・・・・・・・実りない。」

「そして20分もたない。」






歩いて 歩いて 歩いて そして歩いた。
湖に向かって歩いた。
喫茶店を探して歩いた。
美術館を探して歩いた。
絵本に癒されて笑った。
あまりに気に入って購入しようとしたオブジェが4万円だった。
やめた。

程よい疲労感と
おいしいワインで
夜になった。
一人で考える時間があることがいけないらしい。
 
あっつい あっつい あっつい ある夏の日。
[PR]
by 2pinoko | 2007-10-05 00:56 | 旅記録

赤さんが来た


父がこんなことを言ったらしい。


 毎日、ぴのこに手紙を書こうかなぁ。


e0054921_125769.jpg





消えてしまった命を 考える。




***************************************************

赤さんが来た。
お腹をmeconiumでパンパンにして
小さな体で一生懸命呼吸をしていた。
日齢2日の赤さん。

赤さんを見つめるお母さんの顔が好きだ。
赤さんの周りだけがふんわり暖かい。
あともうちょっと我慢してな。
もうすぐ退院出来るから。





おうちが荒れる。
それは私にやる気がないから。
流し台には食器がたまる。
それは私がお料理をしていないから。

パワーポイントは苦手、表やグラフの挿入にやたら時間がかかる。
ああ、行がずれた、線が曲がった。
どうやったら指数出るんだっけ?
データ足りない、画像は?
合間に赤さん、先輩になって、先生になって

要領が悪い。
そんなだから、一日は短い。





数ヵ月後どう振舞おうかといまだに迷っている。
まだ走り出す気にはならない。
走り出せないのかも知れない。
長距離を走りぬくモチベーションが今の私にはない。







**********************************************



消えてしまった

消してしまった





















んー
美味しいカレー食べに行きたいなぁ。
[PR]
by 2pinoko | 2007-10-02 01:40 | 出会い。