<   2006年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

小学生の好物


おいしいラーメン屋さんを求めて訪ね歩いています。

何だろう。ラーメンって何でこうも人を魅了するのか。
深いんです、ラーメン。

e0054921_359378.jpg


ここのはなかなかいけてました。
塩があっさり 満足帰宅。







私を誘惑するカレーさん。
おいしいお店を探しているのになかなかないのね。
で、結局またCoCo壱ってパターンに。


e0054921_0462236.jpg


実はこれ、居酒屋さんのカレー。
酒の他はカレーしかメニューがないっていう(笑)
どんなすごいカレーが出てくるかと思えば驚きは味ではなく量だね。
これで700円!!
酒とこの量のカレーってどうなの、ちょっと!!





*********************************************


この時間に起きているのは早起きしたのではなくて
もちろん寝ていないからで。

いやぁ、毎週己に自ら課すノルマが私を苦しめます。
取り掛かるのが遅い私のせいでもあるのだけれど?
最近は外部に手伝いに出ているので帰宅時間が遅かったり
友人に飲みに誘われておいしくお酒をいただいたり
また高校生の期末勉強に付き合っていることもあって
やらなければいけないことを先送りにした結果、朝まで起きている結果になった、と。
で、こんな時間にラーメンかカレーが食べたくなった、と。



この二つって一般的に小学生の好物ですよね。
これにハンバーグが加わればトップ3かしら?

私は小さなころ所謂「子供の好きな食べ物」的なものより
塩辛とか山椒とか白米(!)とか
そんなものさえあれば幸せで
ここに野菜たっぷりの汁物があれば文句なし。
そしてお肉やケチャップが苦手でした。
今では好き嫌いもなく何でもよく食べますが。

で。
子供のころそんなに好きでもなかったカレーとラーメンに今はまっているわけです。
あまり食べてこなかった反動?


うー眠くなってきた!
そしてお腹も減った!
ラーメンカレー!!
[PR]
by 2pinoko | 2006-06-28 03:59 | つらつら。

XX

e0054921_17485944.jpg



XX:人間 の 女性 で ある。


自分の性を気にし始めたのは小学生の時からだったか。それまでも「男の子」「女の子」のカテゴリーは存在していても違いはトイレやランドセルの色、左右に分かれて座ること、一人称の違い、そのほかに・・・他にあっただろうか。つまりそんな程度、私の認識では。大抵のことは一人で出来た。自分が「女だから」劣ることなどなかった。
違いが顕著になり始めるのは小学校高学年。川の向こう岸に小石を投げることが出来なかった。どんなにがんばっても片手でシュートを打つことが出来なかった。彼らは出来るのに、私は 出来ない。

思い知る。私は女である。そして彼らは男なのだ。


無意識のうちに女らしい女であることを避けようとした。女の子らしいというだけで全てに劣っているような気がして、女の子らしい、に憧れながらその道を通らぬよう慎重に選択を繰り返した。ピンクや黄色、リボンやレースは禁忌。淡い恋心に似た憧れを抱きつつもそれを欲しいと口に出すことはある意味罪であった、幼少のころのように。
私はいつも欲しいものを欲しいと言えず幼稚園のお友達が持っているキャラクターグッズやかわいい浴衣、凝ったお弁当を羨ましく思いつつもそんなそぶりを一切見せまいと振舞うような子供だった。母に「欲しいの?」と聞かれても「ううん。」と答える天邪鬼っぷり、でも決まってその後は部屋で一人泣いた。自分は持ってはいけないもの、おもちゃ屋さんで売っているようなおもちゃは私みたいな子は使ってはいけないんだとそう思い込もうとした、そしてそれを信じた。外で遊ぶことが多かったのもそのせいかも知れない。家にはぬいぐるみ以外おもちゃらしいものは大してなかったし、テレビゲームも一切出来なかったから。

女の子らしいものを避ける一方で、女の子であることを望んだ。かわいいお洋服も好きだったし友達とお茶するのもくだらない話で1時間も2時間も電話をするのも好きだった。でも自分の目指すところの「人間」には"女"性は必要のないもののように思えた。成長してゆくにつれて社会における「女」如何を知りなおさらがむしゃらに戦わなければならないと思った。男に生まれたかったのに私は女だ、そして女の子であることを望んでいながら私はその性を必死に否定しようとしている。男に成り得るはずもなく、かといって女として扱われることにも疑問を抱く。かくしてひねくれた女子が出来上がる。群れ成さなければ何も出来ない・うるさい・甘える そんな"女"性をあらゆる側面に適応させて必死にそこから逃げようとした。なんて勘違い。感情論は後回し。男性的になれるはずもなく女性的であるものを押し出さないとすればとにかく様々な局面において理屈で割り切って動く必要があるように思えた。自分は実に楽であった。それで納得できるのだから。そうして初めて同じ舞台に上がれた気がした。舞台?何の?常に誰かに対抗しながら相手の正体さえ掴めず虚勢だけが残る。


変わっている とよく言われる。
何を以って「普通」とするかは人それぞれだしこんな主観的で流動的な感覚ほど不確かなものはない、実にいい加減なものだと思うが人と比べてみれば私は意固地・理屈家のかわいくない女なのだと思うしその自覚もある。女の子の噂にはいつも疎いし「ぴのこってまるで中立国みたい」と同期に言われたときには思わず吹き出してしまった。つまり他人の目から見た私はこんなものなんだろう。
今は女である自分のことをよくわかっているつもりだしこの座をおびえた自分に明け渡すつもりもない。

守ってあげたくなるような女の子になんてなりたくない。“女”性を振りかざしてどうこうしてもらおうなんて思わない。お前を守ってやるなんていう奴がいたら鳥肌がたちそうだがそんなこと思いながらも私は強がっているのだ。そしてきっとやっかんでいる。あんな女になりたくない、そうは言いながら意とも簡単に"それ"が出来てしまうことが悔しいのかも知れない。自分にないものが羨ましいのだ。
だから私は飄々としているなんて言われる。強がっている。「お前といると女を感じがしないから落ち着くんだよな。」なんて言葉をほめ言葉として望んでいるように振る舞いながら一方で大きく落ち込んだりする。
今は昔のような無理はしなくなったしかなり地で生きているのだがそれでもある瞬間に壁を作りここから先は見せてあげないと戦っている自分がいる。無関心、意固地、強がりな私の中でもう一人の私が言う、「違うでしょう、怖がっているくせに。本当はもっと違う感情があるくせに。」心の底に私の「女」を隠して見せてあげない。見せ方を知らない。そうだね、ごめん、知っているよ、気がついている、女の子だもの。でもごめんね、今までずっとあなたを隠して生きてきたものだから足を踏ん張るほかの方法を知らないの。私は強い女をずっと勘違いして生きてきた。でも大丈夫だよ、私もちょっとずつだけど変化しているから。ずいぶんと時間もかかっているけれどね。自分の行く先に不安はあるけれど誰にもこの場所を譲る気はないよ。
だからもうちょっと強がりな私に付き合って、私。



最近はこの天邪鬼で強がりは私がかわいくさえある。ふふふ、また頑張っている、私。ってね。

先日友人に女ってなんだろうと疑問を投げかけられ自分の性について考えていた。
染色体上“女”性であるが私を女たらしめるのはこの女性器ではなくて私自身がそう望んだからだ。私が男にならなかったのは私自身が女であろうとしたから。ずっと捕われてきたものの根本にあるのは“性”ではない。それに気がつくと急に肩の荷が下りたように楽になった。私自身の問題だ、これは。




そうだなぁ とりあえず いい女になりたい。
[PR]
by 2pinoko | 2006-06-23 21:18 | つらつら。

幼馴染


e0054921_18135853.jpg


TYPE1
石橋を叩き過ぎて考え込み そのうち飽きて一歩も踏み出さない
そのくせ妙に肝が据わっている


TYPE2
石橋を確認しつつ 恐る恐る足を出す
自称びびり 安心したい安定したい


TYPE3
石橋に一瞥を投げ とりあえず行ってみればいいんじゃね?とずかずか前進
答えが出ないならまずは行動





さて 私はどのタイプでしょうか。













e0054921_18454339.jpg

子供に向ける お父さんお母さんの笑顔はいいですね

額から流れる汗は目に入ると痛い
ジーンズは脚にまとわりついてキシキシ音がする

もうすぐ夏 もう夏 









e0054921_18172195.jpg



わかっているから安心できる

ラムネの味は思い出の味
大根草の味
タンポポ笛の味
笹笛の味
サルビアの味
揚げパンの味
ビービー草の味

ラムネの光は思い出の色
葉っぱ流し競争
稲刈り後のフミフミ、大きくなぁれ
竹林
秘密基地
ポートボール
廃品回収
アスファルトの熱気



    大移動 二日間
[PR]
by 2pinoko | 2006-06-18 19:14 | つらつら。

夢に楽土求めたり

e0054921_5105562.jpg



原作とチガウもの。
文字と映像の表現が同じ感動を与えているようでは映画化の意味がないわけです。

大事なポイントは映像ならではの表現で実に泣かせてもらいました。
いえね、泣く予定で観にいったわけではないのですよ。
原作と全く別のものになっていました。

監督の撮り方でこうも世界が変わるものかと感心。
お歌もなかなか良くて
お色も効果的に用いていて
役者さんは豪華で
2時間ドラマの女王はいい味出しているし
これは合格点です。





陽気なギャングは世界を回すには軟弱だったし
運び屋さん2は突っ込みどころ満載で楽しいけれど私の趣味ではないし
Vは・・・・・・・・・・・・う~ん。
YO!YO!な男子高校生は観ていてキラキラまぶしさに少々眼がくらみましたが楽しかったですよ。

映画館に通いすぎですね、はい。




************************************************



ぶなの森の葉隠れに 宴寿ひ賑はしや
松明明く照らしつつ 木の葉敷きてうついする


これぞ流浪の人の群れ 眼光り髪清ら
ニイルの水に浸されて きららきらら輝けり


燃ゆる火を囲みつつ 強く猛き男やすらふ
女立ちて忙しく 酒を酌みて差しめぐる


歌い騒ぐその中に 南の国恋ふるあり
悩み払う祈言を 語り告ぐる嫗あり


愛し乙女舞ひ出でつ
松明赤く照り渡る
管弦の響き賑はしく 
連れ立ちて舞ひ遊ぶ


既に歌ひ疲れてや 眠りを誘ふ夜の風
慣れし故郷を放たれて 夢に楽土求めたり


東空の白みては 夜の姿かき失せぬ
ねぐら離れ鳥鳴けば いづこ行くか流浪の民
いずこ行くか流浪の民 いずこ行くか流浪の民
流浪の民
   



              シューマン作曲 石倉小三郎訳 『流浪の民』





初めてソロをしたのはこの曲。
そのCDが残っているというのがいけない。

あの頃の私って何だか必死で
割り切り屋で
自分って枠から出ることも出来ず
生意気で 不安定で
実にかわいくなくて可愛かったなって
そう思います。


慣れし故郷を放たれて 夢に楽土求めたり
気持ちが良かったな






好きな曲です。 
[PR]
by 2pinoko | 2006-06-16 06:08 | こんなことがあった。

ダメだ・・・・

・・・・・・・・終わらない。

あと100ページ弱なんだけど!
苦手なんだって、基底核!(うろ覚えなだけ)
混乱するのよ外側脊髄視床路!(上に同じく)

高校生に数学と化学教えて
DVDとか見ちゃって
机に向かってみるもやる気が出ず
ネットサーフィンしてたらもう日付がね、変わっていたさ。
やる気がしないのね。
決めちゃったからね、やるけれどね・・・・。


数学は好きだったんだけれどなぁ。
ひたすら手を動かして迷路のように答えを追跡して
リズムよく進むのが好きでした。
一番好きだったのは数Ⅲで、グラフを駆使して答えを導すのがこれまた!
何とも言えない達成感と充足感。
でも自分には数学的才能があるわけではないことも重々承知していたので
数学を用いるような勉学をこれ以上続ける気にはなりませんでした。


高校生に教えていてびっくりするのは大幅にカリキュラムが変わったということ。
数学に複素数平面がないのは有名な話ですが
気体の状態方程式が化学Ⅱなのは納得いかない。
立方格子も化学Ⅱ。
水平投射もコンデンサーも力積も力の分解も物理Ⅱ!
何で?

今の勉強は高校理系教科と異なりひたすら暗記です。
その仕組みやメカニズムを理解しつつ「解く」のではなく「理解して覚える」
もちろん自分で選択した道ですから面白くはあるのですが
手を動かして追跡していくものと異なるので途中で容易に眠くなったりします。
暗記系をひたすら避けてきた私ですのでいくら面白いとは思っても詰め込みに疲れて放棄したくなることもしばしば(オイオイ。)
だからずっと続けている高校生相手の授業は私にとってプラスなんだと思います、メリハリをつけるという意味で。
高校生はかわいいし、物化数を教えるのは楽しいし。




ああ、何だかまた数学やりたくなってきた・・・・。
って思うのは現実逃避!
残っているぞ、100ページ弱!!






ブラジル戦までには寝られるかしら。







****************************************

素敵なアスレチック、見つけました。
明日、また行こうかな。
[PR]
by 2pinoko | 2006-06-14 01:46 | お勉強。

願えば、叶う。思えば、伝わる。

e0054921_138822.jpg


『転がれ!たまこ』


なんだかね、ちょっと違うのだけれど、私の知っている子供たちに通じるものが節々に・・・・。


かぶとをとる事が出来ないたまこ。
渦巻きに夢中になるたまこ。
変化を嫌うたまこ。
日進月歩堂の甘食がないとダメなたまこ。
自分の世界から外をのぞくのが怖いたまこ。


洗濯機をじっと見つめちゃうところなんて!そうそう、わかる、その気持ち!
私も洗濯機を見つめ続けて何度とめたことか!!



願えば、叶う。思えば、伝わる。
私は、パンが焼けるんだ!







私のめんこちゃんも最近ではぐっと世界が広がりました。
毎日一所懸命。
こんにゃくマンも時々やってくるけれど、僕、がんばっているよ?

新しいお友達の輪に難なく入っていけるようになりました。
自分の意思を相手に伝えることだって出来るようになってきたよ。

まるで駆け足で成長しているよう。
もっともっと ゆっくり大きくなっていいんだよ。





************************************************


ワインが好きだとは書きましたが。
映画も好きです。週1以上で映画館通い。色々観ています。

さぁてW杯!!
日本戦が始まる前に観ておかなくちゃね、GOAL!!

e0054921_20639.jpg



にわかサッカーファンですけれど
オフサイドとか未だによく解りませんけれど、なにか?

でもこの迫力は大画面に限る。
生で観戦ってどんなに振動するんだろう。

面白そうだなぁ、いいなぁ(←にわかファン)






******************************************





十代の頃私は絶対的なものが欲しかった。
何があっても揺るぎのない、安心が欲しかった。
不安で不安で。
だから確かめたがる。
言葉で、言葉で、言葉で。

今思えば求めてばかりだったのね、私。

この世に生を受けて二十余年
『絶対』なんて存在しないと知ったけれど
残ったものがある。
どっしり しっかり 私の中にあるもの。
どっしり しっかり 遠くから支えてくれるもの。
大切なもの。
幸せだな、私。
[PR]
by 2pinoko | 2006-06-12 02:04 | 自閉ちゃんと私。

脈絡もなく 思いつくこと 思い出すこと

e0054921_052523.jpg



1週間のノルマ。
今回は378ページ。
終わるかなぁ・・・・。

アカシアの香りに誘われて
夜中に徘徊することもなくなりました。
今年こそアカシアの天ぷらを作ろうと思っていたのに
結局思っていただけで終わってしまった。



私はワインが好き。
一昨日は1本空けてしまいました。
美味しいチーズとお家からかっぱらってきた美味しいワイン。
昔は甘いものでなければ飲めなかったのに
最近はもっぱら辛口。
ウイスキーにビール。
下降型スパイラルにはまらない為にはお酒が1番。
そして酔いつぶれることがないからこれが出来るのです。

でも どうしてかな やっぱり一人でお酒を飲む気にはなれないなぁ。




*******************************************************



水玉模様のグラスと牛乳

ヤクルト

綺麗にたたまれた包装紙とリボン

ふくろう



色のついた眼鏡

虫眼鏡

琥珀

毛糸の帽子



壁を埋め尽くす本棚

孔子の思想

聖書と聖歌

なますとアンパン




それが、思い出。
[PR]
by 2pinoko | 2006-06-09 00:52 | こんなことがあった。

同じ船に乗る




聞こえていたのか

理解していたのか

それは今となってはわからないのだけれど

深く大きな呼吸をして

小さくうずくまり

そのまま後を追っていきました


また一緒に  また一緒に







      6月3日 午後3時32分
[PR]
by 2pinoko | 2006-06-04 15:16