<   2006年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ラベルのボレロと前頭葉障害

ボレロ

どんな曲?と思う人も必ずはどこかで耳にしたことがあるであろうあまりに有名な曲。
同じ旋律の絶えざる反復によってクライマックスに至る。
最近ではCMで使われていたのかな。
バレエでも有名な曲だが、15分程度のこの曲を踊り切るには
強靭な精神力・集中力を必要とするのだとか。
私はその道にそう明るくないので詳しいことまではわからないのだが。
一度、バレエのボレロも見てみたいとも思う。


最後にこの曲を聴いたのは
ニューイヤーコンサートでだったかと思う。
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏。

好き、ではあるが
実はこの曲に対してひそかに畏怖の念も抱いている。
同じ旋律がずっと繰り返される形式の曲というのは珍しい。
だんだんとクレッシェンドしていく最後は
感動とともに一種の異常を感じてしまうのだ。
そこに異世界が広がるような感覚にとらわれる。


実はボレロの作曲者、ラベルは、この曲を作曲して数年後、失語症を発症、死亡しているらしい。では、ボレロ作曲当時には既に前頭葉に何らかの障害があったのではないかというのが後世の科学者たちの見方である。
前頭葉障害では生活する上で必要な情報を整理し、計画し、処理していく一連の作業が難しくなる。目標を決め、計画し、手順を考え、実施し、結果を確認するという当たり前の流れが滞る。その結果、生活上起こる様々な問題を解決していくのが困難になり、動作を始めるのが難しかったり、中断するのが難しくなることがる。
ボレロの絶え間ない反復は、ここに起因するのではないのか、という説である。
とすれば、ラベルはピック病やアルツハイマーであった可能性が出てくる。

私はこれを知って、なるほどと
パズルの1ピースを見つけたときのように妙に納得してしまった。
あの繰り返しの旋律に、一種の病的なものまで感じていたからだ。
鬼気迫る迫力と
圧倒的な威圧感
生命力
体のそこからゆすぶられるような
体液が振動するような感覚。
それは、これか。と。


バレエのボレロは優雅に踊るものとは異なる。
ダンサーは次第にトランス状態になり、髪を振り乱し、汗を飛び散らせ、身体の奥底から絞り出すような魂の叫び、そしてラストを迎える。
強靭な精神力を必要とするのも良くわかる。
ボレロ、だからこそ、なのであろう。










なるほど。
という感覚は今まで見えてこなかったものが急にクリアになったりするもので
これがあるから「知る」ことは面白い。

今日の感動を、ここに記しておく。


そして試験も近いよね、私。
こちらも「なるほど」の感覚を以ってして
楽しんで勉強したいところ。

もう一分張り。
[PR]
by 2pinoko | 2006-01-31 19:20 | つらつら。

不憫な。

放置です。



なぜか着信拒否もしていました。
なんで!?いつの間に!?




朝は早いし

研究室にこもっているし

夜は遅いし

試験だし。


完全放置です。






同じ位 自室も放置してます。

どうするよ。








ごめんよ。
[PR]
by 2pinoko | 2006-01-29 20:30

猫の神様

e0054921_15413863.jpg



にゃあにゃあ。

今日は天気がいいにゃあ。

ちょっと おみくじでもひいてみにゃいか。








社の中から出てきた猫さまに促されるまま
今年初のおみくじを。

結果はこれ。
e0054921_1544546.jpg
あいやー。
これまた。
最近やる気な私が空回りしているのはこういうことですか。







さらに。


e0054921_15462094.jpg
学問:安心して勉学せよ

ほっ。

恋愛:良い人ですが危い

・・・・・・・・・・・・・・









恋愛:良い人ですが危い












**************************************************


今週は自主的にレストとしました。

自然の猛威を感じたり
酔っ払って旧友と語ってみたり
スープカレー食べてみたり
登ってみたり
降りてみたり
13年の月日の長さを感じてみたり
でもやっぱりはやかったなとか思ってみたり
進研模試の数学を自身満々に解説して実は間違っていたり

そんな1週間。



さあ 週末ですよ。
また試験前にも関わらず 頑張るらしいですよ、私。







最近めっきり女っぽくなったと評判な女応援団長さん。
お仕事頑張ってね。






e0054921_1610555.jpg

                                      童心に返る  2006
[PR]
by 2pinoko | 2006-01-27 16:13 | こんなことがあった。

ごっこ遊び

・・・・・・・眠い。

ん?何?
ああ、輪投げだね。
なになに?色別にそろえたいの?
そうかそうか・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・ぇえ!?ああ、ごめん、おねえちゃん寝ちゃってたなぁ。

え!?
おねえちゃんが、具合悪いの?
仰向けになれって?

あはは、それは聴診器だね。
先生、ここが痛いです、治りますか?

先生、まだ痛いです、治りません。
注射うってくれるんですか。
おお、首に打ってくれるんですね。
あらあら、それじゃあ、血液吸引してますよ。

うんうん、痛いところ、なくなりました。

ありがとう、先生。




なになに、新しい患者さん連れてきてほしいって?

次の患者さんは大きなワニさん、がいいのね?
ちょっと待ってってね。どれどれ。






*********************************************


ごっこ遊びは初めてでした。

周りをみる、模倣する、成長の基本、上達の近道。
でも、誰にでも、それが当たり前なわけではないんですよ。
自閉っ子ちゃんにとって、それができるようになるというのは大きな一歩なのです。

社会ルールを組み込んだごっこ遊びは
外に目を向けるという点においても
重要な意味を持ちます。

今日は唐突に『お医者さんごっこ』

睡魔と闘っていた私が患者さん。

腕の聴診
頚より血を抜かれ
指にて血圧をはかり
とんかちで足を叩かれて
診察・治療は完了しました(笑)


一人遊びの延長から
最近は「相手」を必要とし
且つ言葉を介したコミュニケーションによる遊びが
増えてきたように思います。

自分をぐんと主張するようになってきたのも最近だしね。
今日は、自分のジュースをお兄ちゃんから死守してきたんだって?
そうだそうだ。
『おれ』を主張しなくっちゃ。




おねえちゃんはね 君の成長が 何よりも楽しみです。





******************************************************





J-phone のCMの岡田君に
思わずときめいてしまいました(笑)

あれはダメだわー

でも横で突っ込まれちゃったのよね。
あれはJ-phone user に向けられて発せられた言葉なんだよと。
・・・・私違うし。

姉の旦那さんが岡田君似なんだけどね。
そういや彼と初めて話したときも私は赤面したんだったわ。







具沢山でおなかいっぱい!

目的もなく散歩。
途中で目的を見つけて散歩。
道の脇に雪のウサギを作って散歩。
るんるん気分で散歩。



さあ、明日もがんばろう。
[PR]
by 2pinoko | 2006-01-21 23:06 | 自閉ちゃんと私。

key words

Ras V12    dominant negative   E-cadherin

あまり詳しくは書けないけれど。
うんうん 楽しみだ。






はやめ  体力  右曲  前へ

最近何かがつかめたような気がするよ。
頑張ってます。
日記でもつけようかな。
成長日記。
こちらは大学ノートにでも。






セロリ 月桂樹  白ワイン  ニンニク

ラタトゥーユを美味しくする4要素。
野菜はごろんと大きめに。
煮込みって、どうして人をこんなにも幸せな気持ちにしてくれるんだろう。
クスクス然り。
ああ、今夜も幸せだ。
[PR]
by 2pinoko | 2006-01-20 18:01 | こんなことがあった。

具だくさんがいい。

家庭料理はいっぱいがいい。

食べきれないってくらい鍋にたくさん。
色んなお野菜が顔を出しているほうがいい。
器の中の多くの出会いを楽しみたい。

とにかくいっぱい。
具だくさん。
これって概して北海道人に共通することなのでしょうか?






おうどんだったら断然昆布だし。
黒いおつゆはいただけない。
うっすら塩味。
お醤油でほんのり色をつけましょう。

椎茸は必須。
仲間も一緒に投入、シメジにえのき。

下仁田ネギはとろろん口でとけるのよ。
にんじんで色合いを加えて。
そうそう、ほうれん草も入れなくちゃ。
柚子で香りも加えましょうか。

ネギ味噌も作りましょう。





今日の昼食。野菜おうどん。
冷蔵庫にあるもので 所謂有り合わせ料理。
具だくさんだと 気持ちもホクホク。







家庭料理はいっぱいがいい。
具だくさんがいい。

あったかい気持ちになるから。
幸せな気持ちになるから。
[PR]
by 2pinoko | 2006-01-19 12:46 | つらつら。

猛烈に。

疲れています。

あ~動いた。頑張った。

明日も 猛烈に。





*********************************************************


よく言われること。

 「実家遠いのに、結構頻繁に帰省してるよね」





そうなのよ。
車で2、3時間ならまだしも
電車でだって帰れないところで暮らしている割には
私はよく実家に戻っている気がする。
実際、そう。

交通費だってかかるし
時間だって取られる。
それでも
たった1泊しかいられなくても帰るのは
どうしても母のことが頭にあるからなのだと思う。




私が浪人していた頃のこと。
この頃、私は東京で姉と生活していた。
時々母と私と姉と 新宿あたりで待ち合わせして
贅沢ご飯(といってもデパートのレストラン)をご馳走になっていた。
母は高島屋の京風カツ?のお店が好きだった。

正月帰れない私のために 両親は都内のホテルを取るまでして
一緒に過ごそうとしてくれたのには感動した。
このとき まだ母は、いつものパワフル ワンダフル母ちゃんだった。

2月上旬。
私立一発目の試験。
母が受験に付き添うと言ってきかなかった。
何なのさ、急に。受験くらい一人で行けます、私をいくつだと思っているのお母さん。と何度も言ったが聞く耳もだず。当日現れた母はやっぱりいつもと変わらない母、に見えた。

実はこの時、母の入院が決まっていた。
病院に入ってしまえばなかなか私に会えなくなる、そう思ったうえでの行動だったらしい。

怒涛の入試期間。
時々かかってくる電話の向こうの母の声は弱弱しい。
おかしい。
家に電話をかけても誰も出ない。
ますますおかしい。
頻繁に実家に帰る姉。
絶対おかしい。
何か私に隠してはいないか。

姉に問い詰めた。お母さん、もしかして病気とかで入院しているのではないのかと。
声にも覇気がないし、家電はつながらないし。
姉は、慌てて、どもりながらこう答えた。
「お、お母さん、入院してるんだけどね。き、切れ痔なんだよ!でも恥ずかしいし、心配かけたくないからって、あんたには黙っていてって。ただの切れ痔!大丈夫!」

切れ痔と言われちゃあ仕方がない。
そりゃあ言いにくかろう。
・・・・・・私はそれで納得してしまった。

姉ちゃん・・・・
私はまんまとひっかたわけだけど、切れ痔って・・・・。



国立2次試験。
1人で行くはずだったのに今度は父がついてくるときかなかった。
あんなに忙しいのに 仕事人間なのに どこに娘の受験2泊3日についてくる時間があるというのか。
何が何でも付き添う、の一点張り。
そもそも私の受験校だって、父の
「人は北に向かって昔から遷都してきました。人は北に向かって進化するのです。北に進みなさい。」
なんていう宗教めいた発言から決まったわけだから
彼には責任があるわけだけれど
それを理由についてくるようにも見えなかった。

実はこれも、入院中の母が父に頼んだことだったらしい。
娘の受験についていって欲しい、と。








受験がすべて終了して初めて、私は母が手術を受け、入院中だという事実を知らされる。

あんなに元気だった母はやせ細り
目もくぼみ 終始辛そうで
見ていられなかった。
信じられなかった。
まさか、あのお母さんに限って。というやつである。

こんな状態であっても私のことを気遣い、心配していてくれたとわかると
涙が止まらなかった。









大学生活が始まっても
母が退院するまでは頻繁に実家に戻っていたように思う。
入院生活は長かった。
3度にわたる手術に衰弱しきった母を見ているのもつらかった。

家族と一緒に過ごす時間を母が大切にしているのがわかるから
無理をしてでも帰ろうと思う。



すっかり元気になり
体重も元に戻り
むしろ病気になる前より太ったんじゃ!?っていう今でも
やっぱり私は母を、家族を優先させてしまう。

本当に元気になってよかった。
交通費は確かに馬鹿にならないけれど
無理をしてでも帰る理由が私にはある。

お節介で
豪快で
パワフルで
sensitiveな母さんには
いつもけらけら笑っていて欲しい。

私の大切な人々がいつも元気で 笑っていてくれればいい。









私が比較的よく実家に戻る理由。
 
母さん父さん(笑)









        うそだよ、父さん!







*****************************************************


今日もまたね、母さんから荷物が届いたの。
明日からせっせと料理しろってことかな。
(もちろんダンボールいっぱいの野菜たち)
最近ずいぶん送ってくれるのね。
煎餅で暮らしてるって言ったのが応えたのかな(笑)。
ありがとう。




まずはクリスマスにもらった本をズラッと読んでみる。
[PR]
by 2pinoko | 2006-01-15 23:11 | つらつら。

湯舟につかる瞬間=ベッドにもぐりこむ瞬間=トイレに駆け込む瞬間=試験明け

みんな同じような開放感。






まずは彼氏くんに感謝。


毎日ご飯用意してくれてありがとう。
脱ぎ散らかした服をさりげなく畳んでくれていたんだね、ごめん。


とりあえず一段落したから
食べたがっていた豚の角煮 作ってあげるよ。
サザエの醤油煮もだっけ?











手帳を開いてみたら予定がぎっしり。
あらら、まだ忙しい日々続行。
意外と休めないのね。

ここで、今年の抱負をば。


 今しか出来ない、今だからやる。



去年は気持ちだけ先行して、実際は大して出来なかったから。

ゆっくり部屋でココアを飲みながら読書する時間
星を探しに行く時間
街と人を観察する時間
スケッチブックにむかう時間
かわいい喫茶店でお茶するお金
洋服やアクセサリー、小物にかけるお金
そして、ごめん、彼くんと一緒に過ごす時間

そういうのをちょっとずつ削って
私が舞台で善戦する為の時間
そのためにかかるお金に 変換します。

ここで頑張らなくて、いつ頑張る。

すべては私の心のため
意地であり
プライドであり
支えでもある。


私もね、そこに行きたいんだ。
何が見える?










そしてもうひとつ。

  考えられる人になる



至らぬところばかり際立った去年。
軽率な言動。
維持張り。
今年はちょっと深呼吸して
強張った表情を飲みこまないと。

特別人に気に入られたいわけではないし
尊敬のまなざしを集めたいわけでもない。
自分はそれに値する人間だとも思わない。
ただ私と一緒の時間を過ごす人が
安心を感じられたなら
私のバカさ具合を笑い飛ばして
楽しい時間を過ごせたなら
それでいい。

だから 自分を開く。
そう、きっと私にはこれが足りない。
もっと大きく開いてみる。

お気楽 楽観的 猪突猛進
そんな性格も、人に笑ってもらえるなら
それでいいや。

だから柔軟に。
だから冷静に。





  
 
******************************************************



我慢していた読書。
買うだけ買って、本棚の中にきれいに収まって。

昔読んだものも読み返してみようか。

今日電車の中に持ち込むのは2冊。
[PR]
by 2pinoko | 2006-01-13 11:50 | つらつら。

初めて手にした。噛んでみた。


・いい年して、アレのコスプレ。
高校生以来だわ、ミニスカート。

・自分の責任は果たす。
が、反省は多々残る。
頑張らなくっちゃ。
負けてらんない。

・モテる男には理由がある。
頭のいい男は戦略に長ける。
あれを遊び人といい、イイ男、というのだろうか。
ろくでもない男。
憎めない男。
ある種の尊敬に値する。

・目がぼうっと熱いのは
寝ていないからで。
試験前は寝たほうがいいとは言うけれど
暗記することが頭に入っていない場合は意味がないと思うわけで。








おし。やる。
[PR]
by 2pinoko | 2006-01-09 18:03 | こんなことがあった。

宣言


アパートに戻りました。

台所には六日前に作ったお味噌汁。
匂いを嗅ぐ。
まだ、いける。
温める。器にもる。口に運ぶ。


ちょっとお腹が痛いような気もするけれど、
気のせいだと自分に言い聞かせる。
病は気から。









忙しくなります。

忙しいです。

無茶だと同情されました。やっぱり?
結果はどうあれ、やりますよ、私。

次の更新は全てが一段落してからだと思われますが、
その間もきっと私は元気です。
よく食べ、よく笑ってますから。

よし、ぴのこ、頑張るぞ。
怠けるな、投げるな、逃げるな
やれるだけやってこい。




元気玉は随時受け付けております。

では。
行ってきます。
[PR]
by 2pinoko | 2006-01-04 00:27