<   2005年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2005年総括

・試験地獄と追試スパイラル
進級出来て、良かったデス。
六割落とすとか、ありえませんから。

・やる気になるも時既に遅し
夏再び熱が上がるが、何でしょう、今のこのやる気のなさ。

・雑務に追われる
もぅ、皆さん好き放題言い過ぎです。

・トルコ遺跡巡り
生まれて初めてプロポーズなるものを体験。
文化と言葉の壁はでかいなり。

・Rasに魅せられる
すんません、最近研究参加出来なくて。

姉の結婚
旦那さんはね、V6岡田くん似の素敵な方です。

・内
うだうだ答えの出ないまま悩んだり考えたり。
狭い世界でぬくぬく。だから見えないものがクリアになるとひどく衝撃を受けたりするのです。

・外
化粧をしないと出歩けない歳らしいです、もぅ。
教え子の肌のあまりの美しさにしばし見とれてしまいました。
やっぱり高校生はお化粧しないほうがかわいいよ、絶対。






私ってこういうスタンス。いやならいいよ、強要しない、その代わり私も無理しない。合わせない。

そんな傾向の強まった一年でした。









今年も残すところ後僅か。多くの人に出会い、学び、悩み、感動をもらい、自分の至なさを痛感した一年でした。
自分を想ってくれる人がいるというのは幸せなことですね。

ありがとう。











今から帰省です。

雪景色としばらくお別れです。









それでは皆様、よいお年を。
[PR]
by 2pinoko | 2005-12-29 15:07

視覚は聴覚となり 聴覚は視覚となる

e0054921_19241863.jpg





金糸の音色が一筋 耳元を通り過ぎた。

そこに存在することに 感謝しなければならない。


瞼を閉じて思い浮かぶ景色の断片。
心のスケッチブックに色塗られたページが増えた。

赤くなった手を 耳を 鼻先を気にしつつ
目を凝らす。

5メートル先が見えなくても
それがどんなに寒くても
鋭い牙をむかれても

私はただ そこにいて 恍惚の表情すら浮かべるかもしれない。






**********************************************


世間では冬休みですが。

6時起床とか、休みらしからぬ生活です。
山がね、待っているからさ。


眠いけど。
疲れたけど。
寒いけど。

これから試験勉強。
やるしかない、らしいから。
[PR]
by 2pinoko | 2005-12-26 19:49 | 部屋の外には。

わや

ここ数日間を的確な言葉で表すと

  わや

分かる人だけ分かってください(笑







私がわやの渦中に身を投じている間に
naruさんからお届けものです。
そうね、お歳暮の時期でした。

しっかり受け取らせていただきます。
今度のバトンは大学バトン。

ちょっくら走ってみましょう。




■Q1■まずは、入学直後の第一印象を教えてください。

寒い・・・これってコートがいるんじゃあ・・・(四月)


■Q2■大学生活で現在あなたの比重が一番重いのは??

医学。と言いたい。
でも部活であり子供たちであり家族であり。

最優先事項は進級でしょう。(切実)


■Q3■大学での思い出のイベントは?

大会ですね。初めて目にするアスリートたちの世界でした。
子供たちと過ごした時間とか。
友人とのスペイン・トルコ旅行とか。
(あ、旅行記途中だ。時間たち過ぎ。年が明けて試験もひと段落したら自分の為に旅行記をアウトプットしていきましょう。)

最低の思い出は去年のスケッチ地獄、再曼荼羅、試験地獄、再試地獄。
もうねぇ、空を見ているだけで泣けてきたものです。
けんけんさん、その節は本当にありがとうございました。


■Q4■今年一番の大学のニュース

ああ・・・ええ・・・臨床の方は何かあったようですよ。


■Q5■構内で一番のお気に入りスポットは?

銀杏並木ですねぇ。
初めて持ったカメラつき携帯で、紅葉した様子を撮影し、同じく携帯自体をはじめて持った母に画像を送信したものです。
あとは、グラウンドの脇。夕暮れ時絶景スポット。
今はねぇ・・・雲雲もくもくで、夕日見られませんけれど。


■Q6■大学近辺でよく行くお店は?
(コアな質問!)

パン屋さん。
閉店間際に安くなるから・・(笑

最近、近くに穴場のおいしい定食屋さんを見つけたので、るんるんです。


■Q7■大学近辺(構内含む)で最高のデートプランを考えてください!!

大学近辺でデートしたことないからなぁ。
って、最近デートもしてないなぁ。(あれ!?)


■Q8■あなたが大学を舞台に映画を作るならそのタイトルは?

『灰色』

はい、想像して下さい。


■Q10■他人に自分の大学を一つだけ自慢するとしたら何を?

特色ある、アレです。


■Q11■ズバリ自分の大学の嫌いなところは?

アレ、に無理があります。
精神病むかと思いました。どうにかしてください。


■Q12■大学女(女性は大学男)に一言!!

ちまちましすぎだい!
もっとドーンと構えてみろい!
だいたいねぇ・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・以下自粛しておきます。


■Q13■バトンをまわす人を指名しましょう

じゃあ、今回は最近生きているか疑わしいゆうとい。ちゃんに。

ゆうはきいてみたいような、きくのがこわいような(笑

い。ちゃんは興味あるなぁ。
アメリカの大学ってどんなですかい?






*****************************************



イブはね。

ジンギスカンでした。
[PR]
by 2pinoko | 2005-12-25 02:04

毎度ながらどうしようと言ってみる。

・・・・・・言ってみてもこの難局を打開できないのはわかっているのですが。


おいおい、ぴのこさん、明日実家なんかに帰っていいのか?
どうせ重い勉強道具を持っていったって何も出来ずに終わるぞう。

わかっていても、私はバックにびっしり教科書・ファイル・ノートを詰め込んで
1泊2日の里帰りをするのでしょう。






練習はいいのか?
試験はいいのか?







う~ん・・・・。


やるしかない。から、やる。
[PR]
by 2pinoko | 2005-12-21 19:14 | お勉強。

-13℃ 上皮壊死寸前

e0054921_21252233.jpg


ハサミと折り紙と厚紙と。
工作なんて久しぶり。
最近時間をお金で買ってしまっていることに気がつく。

最近の子供たちは虫キングらしい。
グランディスって戦闘力が180なんだって。

コーカサスオオクワガタはアメリカ大陸に生息しているのかと思えば
東南アジアだったり。

子供は詳しい。ムシ博士、いっぱいいるんだね。







クリスマスプレゼント 其の壱

e0054921_21312838.jpg


どう、手編みの帽子とマフラー!!!!!
ありがとうございます、大切に使わせていただきます!

編み物ができるってステキ。
でも、自分では誰かのためにマフラーを編んであげようなんて
ちっとも思わないあたりが私。






クリスマスプレゼント 其の弐

e0054921_213837100.jpg


ええと・・・・・・

いつ、使うのでしょうねぇ。

広げてみてびっくりデス。
ご丁寧にグローブつきデス。

ええ、ええ、使わせていただきますとも。
ありがとうございます。








*******************************************************




全国的に異常な寒さ。

こんな大寒波のさなか、山に登る私は何なんでしょう。
ここで寝たらだめだ!と何度自分に言い聞かせたことか。

顔の皮膚が冷たさに赤を通り越してどす黒くなっていました。
ぎゃあ!
女の子なのに!






*****************************************************





私の家族は誕生日とクリスマスと正月は必ず一緒に過ごします。
どんなに忙しくても。
そういう理由でもないと家族がなかなか集まらないので。


今回も母から召集がかかりました。

私「私、忙しくて帰れないよ?」

母「なにいってんの!?」


今年は姉が結婚したこともあってやらないかと思っていましたが
甘かった。
姉夫婦も一緒にやるそうですよ、クリスマス会。

ので、今年も何時間もかけていったん実家に帰ります。
で、すぐにまたこっちに戻ってきます。
やぁ、大移動。

そろそろ金欠月末ですが
家族全員とおにいさんのクリスマスプレゼントに
更に貧窮を極めそうです。
[PR]
by 2pinoko | 2005-12-18 22:11 | こんなことがあった。

雪が降る降る

今日私が履いていたスカートは緑と紫のタータンチェック、飽きの来ないもの。
最近あまりにも寒いので厚手生地のそのスカートをクローゼットの奥から出して、履いた。

毎朝忙しくバタバタと服を選び、わたわたと家を出る。
今朝も同じようにあわててクローゼットを開けて
奥のスカートに目が留まる。
それでもいつもなら、履いていこうなんて気にはならないのに
今日はちょっと考えて、手を伸ばした。

実は初めて、履いた。
2年前から持ってはいたけれど。




緑と紫のタータンチェック、飽きの来ないもの。
そのスカートは伯母が私に形見としてくれたもの。

伯母が逝って 1年半がたつ。














私の伯母は小学校の先生だった。
しっかりした考えと、強さと、優しさと愛情をもって子供たちを教えていた伯母さん。
私は彼女を心から尊敬していた。

父の兄弟の中で1番苦労したのは彼女であろう。
極貧生活を両親とともに支え、我慢して、我慢してきた人だ。
大学なんて行けないから
働きながら夜学に通い、教員免許を取得した。

彼女の夫、私の伯父はパーキンソン病だ。
発症してから何度も手術を繰り返し、7,8年前からは歩行困難な状況にある。
伯母は長いことその伯父の世話をしていた。

多忙な教員生活。
体が不自由な伯父の世話。

傍から見ても無理があった。

そのうち体に不調が現れた。
仕事に支障を来たすほどの倦怠感、動悸などの貧血症状。
発熱、鼻出血、歯肉出血。
当時の診断名は膠原病。
医者もなかなか原因がわからなかったらしく
あえて言うならば膠原病、そんな話だった。













あれは母の病状も改善してきて、そろそろ退院、というときだったと思う。

伯母は、母の病室で、本当の自分の病名を告げた。









急性骨髄性白血病。












何で 何で 私の大切な人ばかりが。
やり場のない怒りと自分の無力さに 私は泣いた。











「私より、きっと旦那のほうが先に逝ってしまうと思っていたのよ。だから、しっかり私が見ていてあげなければって思っていたのにね。ごめんなさい、彼を残して私が先に行かねばならなくなってしまった。岸和田の家を引き上げて、こちらに引っ越してくるわ。私が死んだ後も、彼のことをお願いします。」

「もうね、最近の楽しみはおいしいご飯と紅茶。ちょっと高いけれど、アールグレイがいいわ。」

「確かにむりだったんだけれどね。でも無理しても行きたかったのよ。20年前の生徒が同窓会に来てくださいというのだから。最後だから、会っておきたくて。」

「ああ、ここからは山が見えるのねぇ。いいところね。帰るときはカーテンを開けたままにしておいてね。」

「花火、きれいねぇ。また見たいわ、こうやって。」

「あなたのお父さんが毎日自然薯をすって持ってきてくれるの。力、でるわね。」

「3ヶ月の命って言われたのに、私は6ヶ月も生かされているわ。こうやって冬を迎えて、クリスマスをみんなでできるなんて思ってもいなかった。うれしいなぁ。」

「私、病気は怖くないのよ。ただね、大切な人を置いて先に行ってしまうのが恐ろしく怖い。」

「どうか、どうか、人の痛みのわかるお医者さんになってください。」















夏祭りの花火を 再び伯母と一緒に見ることはかなわなかった。
















私が大切に履いていたスカートだから、あげる。若い子にも履けるスカートでしょう、はやり物ではないし。使って頂戴。

そういって渡されたスカートは今日までクローゼットの奥にしまったまま、1度も履いたことはなかった。
ふとそのスカートを見ると伯母のことが思い出されて、なんだか暖かな気持ちになり、ここ最近寒い日が続くし、と、何とはなしにそのスカートに手を伸ばした。




家庭教師のバイトが終わって帰宅。

テレビをつけると本田美奈子さんの番組。
全くの偶然なんだけれど
同じ白血病に亡くなった伯母のことが思い出され
今私がはいているスカートは伯母のものであり
全くの偶然なんだけれど・・・・・


一人 部屋で泣いた。



















伯母のスカートは、きちんとハンガーにかけて、また、元の場所にしまった。

次は伯母の仏壇に手を合わせるとき、履いていこうと、思った。
[PR]
by 2pinoko | 2005-12-17 00:06 | つらつら。

新しい相棒

こんな小さな機器に縛られていると思うのは癪なのだけれど
認めざるを得ない。

浮かれて銀世界を疾走。
その結果携帯を失くし
さっぱり動けなくなってしまった。

部活の仕事は出来ないし(連絡先データはすべて携帯の中だった)
同窓会の幹事であるのに参加者と連絡はつかないし
携帯電話がある生活に慣れすぎていたせいで てんで不便を強いられた。

持っていたらそれはそれで
いちいちメールは面倒だし
ワケわからん機能は使いこなせずうっとうしいのに、ね。



というわけで。
雪の中に行方不明となった気の毒な携帯ちゃんは諦めて
新しいものを買ってきました。
ずいぶん(3年?)使っていたらしく
新しいものは6000円足らずで買えました。75%OFFですか(笑)。

最近のケイタイはすごいですね。
私には何が何やら。
前からメール不精だったのに さらに遠のきそうですよ。
使い方がわかりませんて。





PCさへ得々としてあつかへず。況や携帯電話をや。

返信がない。電話に出ない。と怒らないでね。

携帯が進歩しすぎて 私がついていけていない結果です。
そこに更に 私のメール・電話不精が重なった結果です。


この携帯を使いこなせるようになる日が来るのでしょうか。
楽しみです。









追記:ちょっと動き回っているんで、本当に返信できないことがあるんです。故意的に無視しているわけではないので、悪しからず!
[PR]
by 2pinoko | 2005-12-14 00:28 | こんなことがあった。

ぎりぎり“200万”世代

公立の小・中学校にはいろんな子供がいるものだ。

興味・価値観・家庭環境 もうそれはいろいろ。

高校・大学にはその理念に基づいた選抜試験なるものが存在するため
ある程度「共通項」を持った仲間が集う。
ココにも多種多様な人間が存在するが
公立の小・中学校の持つ独特の「多様」と異なる。


私はこの地域密着型公立小・中学校に育てられた。
鍛えられた。
大切な多くのことを学んだ。









思い返すと いろんな友達がいたもんだ。

本が大好きで読書量が抜きん出ていたAくん。
機械工学の知識には脱帽した。
でも、それ以外の勉強は不得意で
授業を座って聞いていることができなかった。

いつも遠慮しがちなCちゃん。
動物にとってもやさしかった。
でも6年生になっても2桁の計算が出来ず、算数の時間はいつもうつむいていた。
人に言われたことがなかなか守れず、忘れ物ばかりだった。

細かい仕事が得意なDくん。
軽快な笑い声は心地よかった。
でも、すぐに自分の世界に没頭し、そうなるとまったく人の話を聞かなかった。
落ち着かず、ふらふらしてばかりだった。












AD/HD

最近、よく聞くこの言葉。
診断名がついて、障害だとか言われたら、その言葉の重みに私は少々たじろいでしまう。
ADDだとかADHDだとか、その意を知ってから思うのは
私の級友もそうだったのかもしれないな、ということ。

これらが障害だと一般的に言われてしまうのは、彼らの生きている時代が『現代』だから。
例えばこれが歴史の転換期においては障害ではなかったのだろう。
アインシュタインや坂本竜馬、織田信長なんかもAD/HDだったのではないかというのは有名な話。おまけ。黒柳徹子も。
その個性が周りの人間たちを様々な形で感化し適応させていった。
時代の流れによっては、AD/HDと分類される人々にとっては生きやすいこともあるだろう。
時代が必要としていた、とも言える。

しかし、生きる環境が異なれば、調和を乱すものとして扱われることもある。





最近、何でも『診断名』を欲する傾向がありませんか。
細分化する。
どこかに自分をカテゴライズする。
属性がはっきりとわかれば、確かに次の行動がとり易い。
マニュアルを、プロトコールを探すことが出来る。
先を知ろうとする、知る取っ掛かりをつかむという面において、そのメリットは大きい。

でも、診断名のもつ言霊の与える影響も否定できない。
そのせいで、大切なものが抜け落ちてしまうことはないか。
言葉に囚われ過ぎてはいないか。
見えるようになってきたものがある一方、曇りガラスに覆われてしまう部分もあるのではないかと、ふとそんな風に思った。




この子はココが苦手。
だから、それをフォローできるようにしなければ。
周囲との摩擦を小さくしていけるように。
よい面は温存して、伸ばしていけるように。
AD/HDがクローズアップされるようになった今も
そうでなかった昔も
必要なことは変わらないと思うんだけれどなぁ。





ほしいのは『診断名』ではなく『その先』









~おまけ~

「診断名、なんていったら、俺は絶対なんかの名前がついてると思うよ。」

あはは、確かに!!
激しく同意!!





*****************************




こんなものを見つけました。
爆笑。

ああ、あるある!頷いてしまった。

↓↓
あなたに根付く、県民性。






銀世界を走りすぎて、携帯電話をなくしてしまったようです。

返信がない、電話に出ない、と怒らないでね。

銀世界を走りすぎた結果です。
そこに新たに雪が積もった結果です。






春が楽しみです。
[PR]
by 2pinoko | 2005-12-11 22:11 | つらつら。

きっと君は泣く

ちょっと前までは

「あいつなんか 大嫌い!」

なんて言っていた大きなお兄ちゃんが
"あいつ" と手をつないで歩いていました。



君の中で ここが 大切な場所になるといいな。








****************************



うちの母ちゃんは、つおい。
ぱわふる。
涙もろい。
心配性。
豪快。
律儀。





そんな母ちゃんからの玉手箱・第二弾

りんご 4個
かき 3個
キウイ 7個
ラ・フランス 1個
キャベツ 1玉
人参 4本
ピーマン 4個
ナス 2個
ブロッコリー 
カリフラワー
えのき 1袋
シメジ 1袋
椎茸 1パック
ほうれん草 1束
ミニトマト 1袋
インゲン 1袋
キュウリ 2本
ネズミ大根 2本
セロリ 1本
飲むヨーグルト 4本
チョコケーキ 1本
千枚漬 2袋
シュウマイ 2パック
シラス 1袋
海苔缶 1缶
秋田名物稲庭手延うどん




何が入っていたか自分でも把握しきれず、思わずメモ帳を取りに走りました。
あぁんな大きいダンボールに食料品がぎっしり詰まっているのを見るのは久しぶりだよ。(つまり、前にも同じようなことが何度かあったと。)

冷蔵庫に無理やり押し込めました。
がらんどうの冷蔵庫に詰める作業が難儀だったということは、それがどれだけの量だったか容易に察していただけると思います。
それでも入りきらないので、玄関先におくことに決めました。
冬だし。

すごく、すごく、嬉しいのよ、お母さん。
でも、私、一人暮らしだからね、お母さん。




今月は何も買わなくても生きてゆけそうな。













大雪 大雪 大雪

明日も銀世界を 走ります。
[PR]
by 2pinoko | 2005-12-10 21:00 | 自閉ちゃんと私。

無題


思い出しました。





   『やりたいことが今しか出来ないことならば 全部やれ。

    お前の仕事は 心配することじゃない。

    良質に 触れること。

    壁にぶち当たって 悩むこと。

    時にはがむしゃらになってみること。

    人の痛みを知ること。

    広く 世界を見ること。


    今しかできないと思うのなら 全部 やりなさい。』














父さん、母さん、ありがとう。
[PR]
by 2pinoko | 2005-12-08 22:05 | つらつら。