カテゴリ:つらつら。( 71 )

XX

e0054921_17485944.jpg



XX:人間 の 女性 で ある。


自分の性を気にし始めたのは小学生の時からだったか。それまでも「男の子」「女の子」のカテゴリーは存在していても違いはトイレやランドセルの色、左右に分かれて座ること、一人称の違い、そのほかに・・・他にあっただろうか。つまりそんな程度、私の認識では。大抵のことは一人で出来た。自分が「女だから」劣ることなどなかった。
違いが顕著になり始めるのは小学校高学年。川の向こう岸に小石を投げることが出来なかった。どんなにがんばっても片手でシュートを打つことが出来なかった。彼らは出来るのに、私は 出来ない。

思い知る。私は女である。そして彼らは男なのだ。


無意識のうちに女らしい女であることを避けようとした。女の子らしいというだけで全てに劣っているような気がして、女の子らしい、に憧れながらその道を通らぬよう慎重に選択を繰り返した。ピンクや黄色、リボンやレースは禁忌。淡い恋心に似た憧れを抱きつつもそれを欲しいと口に出すことはある意味罪であった、幼少のころのように。
私はいつも欲しいものを欲しいと言えず幼稚園のお友達が持っているキャラクターグッズやかわいい浴衣、凝ったお弁当を羨ましく思いつつもそんなそぶりを一切見せまいと振舞うような子供だった。母に「欲しいの?」と聞かれても「ううん。」と答える天邪鬼っぷり、でも決まってその後は部屋で一人泣いた。自分は持ってはいけないもの、おもちゃ屋さんで売っているようなおもちゃは私みたいな子は使ってはいけないんだとそう思い込もうとした、そしてそれを信じた。外で遊ぶことが多かったのもそのせいかも知れない。家にはぬいぐるみ以外おもちゃらしいものは大してなかったし、テレビゲームも一切出来なかったから。

女の子らしいものを避ける一方で、女の子であることを望んだ。かわいいお洋服も好きだったし友達とお茶するのもくだらない話で1時間も2時間も電話をするのも好きだった。でも自分の目指すところの「人間」には"女"性は必要のないもののように思えた。成長してゆくにつれて社会における「女」如何を知りなおさらがむしゃらに戦わなければならないと思った。男に生まれたかったのに私は女だ、そして女の子であることを望んでいながら私はその性を必死に否定しようとしている。男に成り得るはずもなく、かといって女として扱われることにも疑問を抱く。かくしてひねくれた女子が出来上がる。群れ成さなければ何も出来ない・うるさい・甘える そんな"女"性をあらゆる側面に適応させて必死にそこから逃げようとした。なんて勘違い。感情論は後回し。男性的になれるはずもなく女性的であるものを押し出さないとすればとにかく様々な局面において理屈で割り切って動く必要があるように思えた。自分は実に楽であった。それで納得できるのだから。そうして初めて同じ舞台に上がれた気がした。舞台?何の?常に誰かに対抗しながら相手の正体さえ掴めず虚勢だけが残る。


変わっている とよく言われる。
何を以って「普通」とするかは人それぞれだしこんな主観的で流動的な感覚ほど不確かなものはない、実にいい加減なものだと思うが人と比べてみれば私は意固地・理屈家のかわいくない女なのだと思うしその自覚もある。女の子の噂にはいつも疎いし「ぴのこってまるで中立国みたい」と同期に言われたときには思わず吹き出してしまった。つまり他人の目から見た私はこんなものなんだろう。
今は女である自分のことをよくわかっているつもりだしこの座をおびえた自分に明け渡すつもりもない。

守ってあげたくなるような女の子になんてなりたくない。“女”性を振りかざしてどうこうしてもらおうなんて思わない。お前を守ってやるなんていう奴がいたら鳥肌がたちそうだがそんなこと思いながらも私は強がっているのだ。そしてきっとやっかんでいる。あんな女になりたくない、そうは言いながら意とも簡単に"それ"が出来てしまうことが悔しいのかも知れない。自分にないものが羨ましいのだ。
だから私は飄々としているなんて言われる。強がっている。「お前といると女を感じがしないから落ち着くんだよな。」なんて言葉をほめ言葉として望んでいるように振る舞いながら一方で大きく落ち込んだりする。
今は昔のような無理はしなくなったしかなり地で生きているのだがそれでもある瞬間に壁を作りここから先は見せてあげないと戦っている自分がいる。無関心、意固地、強がりな私の中でもう一人の私が言う、「違うでしょう、怖がっているくせに。本当はもっと違う感情があるくせに。」心の底に私の「女」を隠して見せてあげない。見せ方を知らない。そうだね、ごめん、知っているよ、気がついている、女の子だもの。でもごめんね、今までずっとあなたを隠して生きてきたものだから足を踏ん張るほかの方法を知らないの。私は強い女をずっと勘違いして生きてきた。でも大丈夫だよ、私もちょっとずつだけど変化しているから。ずいぶんと時間もかかっているけれどね。自分の行く先に不安はあるけれど誰にもこの場所を譲る気はないよ。
だからもうちょっと強がりな私に付き合って、私。



最近はこの天邪鬼で強がりは私がかわいくさえある。ふふふ、また頑張っている、私。ってね。

先日友人に女ってなんだろうと疑問を投げかけられ自分の性について考えていた。
染色体上“女”性であるが私を女たらしめるのはこの女性器ではなくて私自身がそう望んだからだ。私が男にならなかったのは私自身が女であろうとしたから。ずっと捕われてきたものの根本にあるのは“性”ではない。それに気がつくと急に肩の荷が下りたように楽になった。私自身の問題だ、これは。




そうだなぁ とりあえず いい女になりたい。
[PR]
by 2pinoko | 2006-06-23 21:18 | つらつら。

幼馴染


e0054921_18135853.jpg


TYPE1
石橋を叩き過ぎて考え込み そのうち飽きて一歩も踏み出さない
そのくせ妙に肝が据わっている


TYPE2
石橋を確認しつつ 恐る恐る足を出す
自称びびり 安心したい安定したい


TYPE3
石橋に一瞥を投げ とりあえず行ってみればいいんじゃね?とずかずか前進
答えが出ないならまずは行動





さて 私はどのタイプでしょうか。













e0054921_18454339.jpg

子供に向ける お父さんお母さんの笑顔はいいですね

額から流れる汗は目に入ると痛い
ジーンズは脚にまとわりついてキシキシ音がする

もうすぐ夏 もう夏 









e0054921_18172195.jpg



わかっているから安心できる

ラムネの味は思い出の味
大根草の味
タンポポ笛の味
笹笛の味
サルビアの味
揚げパンの味
ビービー草の味

ラムネの光は思い出の色
葉っぱ流し競争
稲刈り後のフミフミ、大きくなぁれ
竹林
秘密基地
ポートボール
廃品回収
アスファルトの熱気



    大移動 二日間
[PR]
by 2pinoko | 2006-06-18 19:14 | つらつら。

虫の声がする。


人は死んだらどこへ行くのだろう。




縊死・絞殺・扼殺
切り取られた咽頭
溺死 
水と内部の空気で膨れ上がった肺
真っ赤な眼瞼結膜
レイプされ首を絞められた少女
無数のスタンガンの跡
裂けた肛門
毛細血管は破綻し赤く黒く
脳底


いつからこれらを凝視できるようになったのか。
私はモノを見ている。
組織を見ている。
生きた、若しくは死んだ組織を見ている。

残酷な事件だと、おぞましい事件だと思った。
思った、そしてそれだけだった。
私は彼、または彼女の生活を知らない。
知っているのは既に動かなくなったその躯だけ。
苦しみ、恐怖に死んでいったであろうその躯だけ。
だから私それを見ることができるのか。

感情なく、ただ見つめる。
学び取ろうとして見つめる。
いつからだっただろうか。













あの人が亡くなったと、その電話は告げた。


最後に会ったのほんの3週間前。

呼びかけると確かにこちらを見るのに
「見ていない」のだ。
外界の刺激に反応しただけ、生体だから。
朝になるときっと目を見開き
夜になると眠りにつく
それでも私を「見ていない」
私を認識していない、人だと認識していない、何も認識していない。
頭ではわかっているはずなのに、私はわからない。
だって彼女はわかっているかも知れない。聞いているかも知れない。見ているかもしれない。
だから話しかける、聞こえるように大きな声で。
その日にあったこと、外の話、家族のこと。
看護士さんがドアの影で涙を拭いているのが見えた。







人は死んだらどこへ行くのだろう。


意思を持たず感情もなくそこに転がる躯に魂がないのなら
彼女はもう何ヶ月も死んでいたのか。
私がただ見つめていた躯と同じなのだろうか。
違うのは、呼吸する細胞がまだ存在していたということ。
明るいを知らない。
痛いを知らない。
嬉しいを知らない。
悲しいを知らない。
喜びを知らない。
何も知らない、わからない。
そこに魂はあるのか、感じているのか。

生きているのか。



いや、彼女は生きていた。
私を見た。確かに見ていた。
意味って何だ。魂って何だ。生きるって何だ。




彼女の死を知り、私は同じようにそこに横たわる有機物を向こうに見ていた。

覚悟していた。
だから実感がわかないのか。
それとも私が鈍感になったのか。
人の死に鈍感になる。考えるだけで恐ろしい。
だけど今の私は同じだ。いつもと同じだ。
逝ってしまったその人の苦しみを思い、かわいそうだと思う。
思う、それだけ。
いつもと同じ。いともと同じ。







伝えたいこと連れて
私はいつのあなたにお別れを言いに行けばいいだろう。
あなたはどこにいるのだろう。

あなたに会ったら わかるのだろうか。
私は気がつくのだろうか。
[PR]
by 2pinoko | 2006-05-31 01:09 | つらつら。

あいつ

質問に、答える。

それが抽象的であったり 印象であったり
正解がないものほど 答えが数値化されないものほど
恥ずかしくなる。
大事に隠していた内側を 不意に覗かれてしまったような。

    あたしのこと どう思うの?

私はあなたのこと どう思っているの?
自分に向き会う。
あら、お久しぶり、私。

きっとこの恥ずかしさは 
あなたのことを想う私を知られることと
あなたのことを想っている自分自身に気がつくことから
来ているのだと思うの。



わたし と あいつ。







ーはじめにー

同じ人から二回回ってこない限り「回答済」はありえない究極のリサイクルバトン☆
友達・恋人から赤の他人までとにかく回しに回してください。このバトンの中ではあなたにバトンを回してきた人を「あいつ」とします。
あなたが思うあいつの印象etc…正直にお答えください。


*わたし と い。ちゃん*

■ぶっちゃけあいつとどういう関係?
→紙芝居のおじさんと子供たち。

■あいつを色で例えると?
→若草色。これから夏に向けてぐんぐんぐん。

■あいつを四文字熟語で例えると?
→熟思黙想

■あいつのいい所、ひとつ教えて
→素直なところ。視覚が触覚が聴覚が捻じ曲げられず吸収されるのね。感じたことを飲み込んで、どんな風に吐き出すか、私はいつもそれが楽しみです。

■あいつの嫌なとこ教えて
→じゃあそれを知るためにいつかお会いしたいものです。

■あいつに歌わせたい歌は?
→そうだな。晴れた日がいい。やっぱり春。ギターもって何でもいい、でたらめでもいい、気持ちよさそうに歌っていればそれでいいや。

■あいつと遊びにいくならどこ?
→アメリカ案内して?私他大学潜入とか好きよ?

■あいつと一日入れ替わったら何をする?
→その目で見たもの、耳にしたもの、触れたものを形にしたい。

■この場をかりてあいつに言ってやりたいことがあれば。
→たーばーこー!笑

■まわす5人
→まずはバトン返ししてやる。い。ちゃん







*わたし と ゆう*

■ぶっちゃけあいつとどういう関係?
→もう何だかわけわからん。

■あいつを色で例えると?
→オレンジ。笑うとマッシュポテト。

■あいつを四文字熟語で例えると?
→天真爛漫

■あいつのいい所、ひとつ教えて
→愛愛愛。

■あいつの嫌なとこ教えて
→イチゴとキュウイを食べてくれません。

■あいつに歌わせたい歌は?
→アコギのスピッツ・ウィリー!!

■あいつと遊びにいくならどこ?
→山の上singing隊ですから、そりゃあ。

■あいつと一日入れ替わったら何をする?
→メンバーとお話。お仕事するよ。

■この場をかりてあいつに言ってやりたいことがあれば。
→たーばーこー!

■まわす5人
→バトン返しだ!ゆう。




5人って・・・・。
ええと・・・・あなた、そう、カレー好きの、そうそう、あなた。あ、いや?笑
nyanさん、どう?あ、やっぱいや?笑
[PR]
by 2pinoko | 2006-05-26 02:27 | つらつら。

エネルギー消費宣言

吐き出してしまいたいのでぐわっと書いてしまうわけですが。



もうね、あれだね。
頭が固い男はダメだね。
話の聞けない男は尚ダメだね。

もちろん女だったら許されるかっているとそういうわけではないのだけれど、男のこの類は性質が悪い気がしてしまいます。
例えば、ある男性に意見を述べたところ所謂「逆切れ」されたとします。女の私からしてみたら彼の行為は幼稚であり同時に暴力的に映ります。怯んでしまう。威圧的。ヒステリックに対応する女も扱い辛いでしょうが、相手に(主に女性に)恐怖心を与えてしまうこのようなタイプの男の方がよっぽど性質が悪い気がしてしまいます。私はそれ以上エネルギーを費やして話をする気がなくなってしまいます。幼稚な論議に関わりたくないわけです。こうやってシャットダウンしてしまうのは楽ではあるけれど私の悪い癖。

そして、何だ、ここが医学部だからですか?我の強い人は確かに多いと思います。確固たる主義主張お持ちのようですが、プライドが高いのか頑固なのかとにかく譲りません。
お前呼ばわりなんて以ての外。例え後輩でも女の子に『お前』なんて失礼極まりないでしょー!?って思うのは私だけ?きちんと名前で呼んでいただきたいものです。



で。今までの私は相互理解に費やす労力を思うと自分が我慢するほうを選択するわけですが今回はそうもいかないようです。さっきも言ったようにここが私の悪い癖でして。

ぴのこ、言葉という意思伝達手段を最も効果的に用いて意思疎通にエネルギーを費やしてきます。
そう、ここで忘れてはいけないのは『相手の話を聞くこと。』
[PR]
by 2pinoko | 2006-05-15 23:07 | つらつら。

The Giving Tree

断然英語版がいい。


1本の木が、1人のやんちゃな少年に緑あふれる遊び場を与える存在になり、やがて心地よい木陰やおいしいリンゴを与える様子を描いていく。

少年を喜ばせることがこの木の喜びだった。
しかし少年の願いをかなえるためにこの木が払う代償はしだいに大きくなっていく。

少年が「お金が欲しい」と言えば、寛大な木は自分のリンゴを売ってはどうかと言い、
「家が欲しい」と言えば、材木として自分の枝を切ってはどうかと提案する。

And the tree was happy.

やがて成長した少年は、木と遊ぶには大きくなりすぎたから代わりにボートが欲しい、とねだる。寛大な木は、自分を根元から切り倒せばその幹でボートを作ることができるだろう、とかつては少年だったその男に言うのだ。
男は無分別にもこの木を切り倒してしまう。

And the tree was happy...
but not really.


このようにして寛大な木はすべてを捧げ尽くしたが、やがてかつての少年は老人となって、腰を下ろして休める静かな場所を求めて戻ってくる。

”I don't need very much now,"
said the boy,
"just a quiet place to sit and rest. I am very tierd."
"Well," said the tree,
straightening herself up as much as she could,
"well, an old stump is good for sitting and resting.
Come, Boy, sit down.
Sit down and rest."

And the boy did.

And the tree was happy.





the tree は she で語られる。
she なのだ。

これは私の大切な絵本。
近所のスタバでコーヒーを飲みながら、この絵本を読んでいた。
やっぱり最後の1ページになると涙が溢れてきて
そそくさと店を後にした。
外で読むものじゃあない。
人通りの少ない通りを絵本片手に、春を探しながら歩いた。
彼女の愛に、泣かないことはない。


散歩するには気持ちがいい日。







*********************************************



スターバックスのお姉さん、ゆみさんが
気になって仕方がない 今日この頃。

お姉さんなんていってるけど 
ゆみさんを見る限り
実は私のほうが「お姉さん」な可能性のほうが高いわけで。

気が付けばアイドル(?)も
甲子園の高校球児も
スラムダンクのゴリでさえ
皆年下だったりして
本当に今更ながら、ちょっとショック。

それはさておき。
ゆみさん、素敵な方です。
だから私、行っちゃうんだなーきっと。
[PR]
by 2pinoko | 2006-04-30 15:18 | つらつら。

雑感

e0054921_23431097.jpg


太りました。
ああ、わかってます、理由は新歓ですよね、明らかに。


「最近、太ってしまった・・・。どうしよう。」

「いいんじゃない?気にするようなもんでもないし。」

「よくないよ。思いのほか3キロも!これは由々しき事態です。」

「いいよ、僕が許すから。」

「だめだよ!許しちゃ!」

「でもなーぴのこちゃんがおいしそうに食べてくれないと僕が悲しいなーいやだなー。」

「・・・・・そうかな。」

「そうだよ。だからダイエットなんてやめればいいんだよ、うん。」



そして痩せない原因も↑ココにあります・・・・。



****************************************


頼まれればやりますけれど
自ら進んで仕事をしたいと思いません、私は。
人を手伝ったりとか、協力したりしなければならない場面だとか
自分が動くことが最適であれば、自分が助けになるのであれば喜んで手を差し伸べますが。

みんなそんなものだと思っていたわけですが
「仕事」がないことにストレスを感じる人もいるんですね。
ちょっとびっくりです。
「やらなくていいよ。」
の一言が、重くのしかかるようで。

そんな人は一方通行になりがち。
損ですね、それって。

最近、ちょっと驚いたこと。


***************************************

最近急激にアクセス数が増えました。

何かと調べてみたなら福島県医師逮捕の件でリンクを貼って下さっているところがあるようで。
私のブログでは基本的に時事問題や医療についてあまり触れないようにしています。というのも、そもそも私がこんな片隅でつぶやいている目的はそこにないから。具体的なことはあまり書かないようにしています。故意的に。
今回の事件に関連して、私なりにいろいろ思うところがあったので、悩んだ末記事にしました。皆さんの意見や考えも聞かせていただきました。コメントをしてくださった方、メールを下さった方、TBしてくださった方、本当にありがとうございました。
だからこそ、この事件についての大きな動きはのせていく責任があるかなと、先日の記事を書いた次第です。

そんな私の記事を、ずいぶんとたくさんの方が読んで下さっているようで。論述する能力に長けていない自分の文を読まれるのが恥ずかしいのはもちろんのこと(リンク先から考えて現役の先生方が多いと思われるので。しかも記事自体は納得のいかないものになってしまいました。)
きっと私は、他の多くの福島県の事件関連の記事と違う書き方をしているので、訪れてくださった方々にとっては期待はずれのような気もします。

リンクを貼ってくださった方がどのような意図で私のブログを選択したのかはわかりませんが、ホットな話題を期待して訪れてくださった方には申し訳ないな、と思う次第。

もし、上記のような経緯でこちらにいらした方には申し訳ありませんが、福島県の事件についての動きをこのブログ上で逐一追ってゆく気はありませんのでご了承ください。
[PR]
by 2pinoko | 2006-04-28 00:08 | つらつら。

あたしは何でできているの?


ぴのこの55%は元気玉で出来ています
ぴのこの28%は株で出来ています
ぴのこの9%はミスリルで出来ています
ぴのこの8%は成功の鍵で出来ています




そうかぁ。
半分は皆の元気で出来ているのね。
その通り。


で、ミスリルって何?
ロード・オブ・ザ・リング?





私が思うに 私の構成成分は

甘いもの 皆の笑顔 お歌 お山 絶対チョコレート メグスリノ木茶 のんびり お野菜 面倒くさがり 混ざって混ざって ゴリラ 大きい哲 好奇心 好き 臆病 手拳 医事と意地 苔植物 にゃーんにゃん 不安 ドキドキ 頑固 堅いものと硬いもの ありがとう 秘密基地 ぐっパーぐっパー イライラ お帰りなさい カフェイン アスレチック 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



もっともっと、足りない足りない。
とっても単純な私は、なかなか複雑な構成をしていると・・・思われる。







************************************************





そんな私の 本名***で成分分析。

***の48%は蛇の抜け殻で出来ています
***の41%は情報で出来ています
***の8%は気の迷いで出来ています
***の3%はミスリルで出来ています




あらん。抜け殻。

ドキリ。




              成分分析













~おまけ~

うちのお父ちゃん(+++)。
まぁ 宇宙と交信しちゃうような人(笑)なんだけどね。


+++の98%は欲望で出来ています
+++の2%は白い何かで出来ています



大爆笑。
[PR]
by 2pinoko | 2006-04-14 22:11 | つらつら。

たゆたう



考える。
想定しうる全てのパターンと
正当性と妥当性と妥協点と

それでも ためらう。





漂う。


思したゆたふ。
[PR]
by 2pinoko | 2006-04-13 13:27 | つらつら。

友人からのメール

自室に戻ってメールボックスをチェックしてみると友人からメールが届いていた。



ちょっと紹介してみたい。

関連記事
  どう考えますか?
  考えてみる。  
  考えてみる<後編>

More
[PR]
by 2pinoko | 2006-03-22 11:40 | つらつら。