カテゴリ:つらつら。( 71 )

今、私の前に広がる景色は。

e0054921_220691.jpg


心に響くのはどんなときか。

疲れたとき 山は私に優しく語りかける。
嬉しいとき 朝露はよりいっそう輝いて見える。

大切な人と一緒に見る景色は やっぱりいつもと違う。
一人で見上げる空は どこまでも広がっていて 
またぐるぐる 考える、考える。




今、私の前に広がるこの景色は
怖いくらいに静かで 美しく
私を見つめる、見つめる。

すべてを知っているのか。
すべてを知った上で、私を見つめるのか。





もう、流れる涙もなくなった。
まっすぐ伸びるこの線をたどって
新たな跡を残していく。
私もたどり着けるだろうか。
一緒にたどり着けるだろうか。

私の大切なもの。
もう、ここに従ってみるしかない。








足がだるいのは、何時間も立ち続けていたから。
モニターを見つめ、術野を覗き込む。
肉の焼けるにおいと
流れるオルゴールと
止まらない私の思考。
私はおかしくなってしまったのかも知れない。
支えが折れてしまっても
それでも信じたいと思う私はおかしいのかも知れない。



空から落ちてくる雪を街灯が照らす。
そこが異世界への入り口のようで
妙に輝いて見えた。
いや、どちらが本当の世界なんだろうか。
私がこうやって息をして 食物を摂取し 排泄し
笑い 悩み 怒り 泣いて 生活する
この世界こそ、実は虚構なのかも知れないと
そんな風にまで思えてくる。
誰かが、これは嘘なんだと一言言ってくれたなら
きっと私は簡単に信じることができるのに。






白菜をたっぷりことこと煮込んでスープにした。
きのことレーズンをバターとバルサミコで炒めてかぼちゃにかけた。
美味しいものを 食べなくちゃ。
[PR]
by 2pinoko | 2007-01-24 23:30 | つらつら。

透明か。

e0054921_7255122.jpg



本当に自分でもよくやると思うよ。
気がつけば1月も半ば。
最近世間の事情に疎いです。
早く新年のご挨拶をと思いつつ、もうそんな時期ではなくなってしまいました。

こんなまほろま。ですが、またお付き合いいただけると幸いです。



今年の正月は実に文化的且つ愉快な正月でした。
初日の出を眺めながら、この1年の決意をば。



      今できることを全力で








毎年同じようなことを言っている気もしますが
今年はやります。
もう決めたんだからね。




昨年は私にとっては本当に怒涛の1年で
年が変わったからといってもしばらくは何も変わりませんが
大丈夫、きっとできる。

まずは春まで。春まで、春まで・・・・・。









くじけそうになるよ。
でも、もうひと踏ん張りしなくちゃ。
春まで、春まで、春まで・・・・・・。

つらつら まほろま。
どうぞ本年もよろしくお願いいたします。

   
     
    猪突猛進を決意。 


                                     2007     ぴのこ 
[PR]
by 2pinoko | 2007-01-13 07:41 | つらつら。

医学部の女の子

医学部の女の子ってまじめな子が多い。


みんなまじめに授業に出て
まじめにこつこつ勉強して
ノートはきれいにとっているし
成績もいい。

一方私は適当だけれど授業にはきちんと出ていて
試験前の勉強は大嫌いで
ノートは聴く意味がある(と自分で判断した)授業だけとり
沈みそうになりながら何とか浮いている。





何とかなるさぁ と私が言っている横で
どうしよう どうしよう と彼女たちは言う。

実は先日、みんなが必死で勉強している教科を
どこまでやらないで我慢できるか大会を一人開催してしまった。
単純にいまいち実感のわかないことを
試験対策的にやっつけ仕事で覚えるのが嫌だっただけなんだけれど。
ひたすら何もしなかった。
きっとみんなが焦っていたであろう頃に。

こういうところが、女っぽくないと言われる一因らしい。
それって『女』云々が関係あるの?と思うわけだけれど
見渡してみれば私みたいな大胆な(つまりは考えなしの)行動をとる女子学生はあまりいない。
いや、むしろいるのか?というレベル。
女の子は皆まじめでよく勉強する。
つまり私は不真面目。
一人我慢大会とか開いている場合じゃない。



でもこれが私だもんなぁ。
いつもよりちょいと焦らなければいけないね、と自分に言い聞かせつつ
やっぱり相変わらずののらりくらりで過ごしている。
のらりくらり のらくらくら。
長いなぁ・・・・






*******************************


こんなにも簡単なことの様に思うのに
まるで奇跡の様に難しく感じる。

嬉しい 嬉しい の気持ちを抱いて
今日はこれから眠りにつきます。
[PR]
by 2pinoko | 2006-11-09 05:06 | つらつら。

65億分の1

e0054921_17373217.jpg

65億分の1





辛い思いをしていないでしょうか。
相手に虚構を伝えるとき その言葉を伝える自分も苦しいのです。
誰かの痛みを想い 苦しいのです。





65億分の1のあなたが
65億分の1と私に言いました。

65億分の1が心配です。
灯りは見えますか。
私にも見えますか。







今日はお鍋にしよう。
野菜をいっぱい入れて
白い湯気にはふはふなって
温かいお鍋にしよう。
[PR]
by 2pinoko | 2006-10-18 17:37 | つらつら。

呑み助


「きみ、そこで、なにしてるの?」

「酒のんでるよ」

「なぜ、酒なんかのむの?」

「忘れたいからさ」

「忘れるって、なにをさ?」

「はずかしいのを忘れるんだよ」

「はずかしいって、なにが?」

「酒をのむのが、はずかしいんだよ」


おとなって、とっても、とってもおかしいんだなあ、と、王子さまは、旅をつづけながら考えていました。




*****************************************************




とっても、おかしいんだなぁ・・・・。
[PR]
by 2pinoko | 2006-08-26 00:19 | つらつら。

無題

ちょっと気が重い。



ちょっとやそっとじゃ変わりそうもない
どっかん 重苦しい 問題を前に
私は尚どうしようかと悩んでしまう。



まだまだのようで すぐその時 だろうか。



***************************************************


夕方の風が気持ちいい。

甲子園は熱闘の末終わった。

観戦できて良かった。

虫が鳴いている。

そういえば1年たったらしい。

バターサンドが今日の夕飯。

大根まるまる1本如何せん。

きっと過ぎてゆく夏を室内から見ているだけになりそうだ。
[PR]
by 2pinoko | 2006-08-22 22:06 | つらつら。

苦手なものは苦手

e0054921_1331524.jpg


 ああ、この木陰で涼みたい。
 


 勉強しなければいけない時に限って更新率が高いのは気のせいだということにしておこう。
 









 携帯メールについて。

 私が義務教育を受けていた頃というのは当にモバイル変革時代の真っ只中であった。
 今でもよく覚えているのは今は無きツーカーのピッチやドコモが主流だった気がするのだが確か田村正和やもっくんがCMしていたものである。私は小学生であった。実は父の仕事柄、大々的にCMされ始めるずいぶん前からうちには携帯電話というものがあって、存在自体は珍しくなかったのだが驚いたのはその大きさである。父の使っていたものはまるでトランシーバーのような無骨な形状。(その当初は最新のものだったんだろうけれど・・・)だから手を広げるとすっぽりと収まってしまう大きさの携帯電話にはずいぶんと衝撃を受けた覚えがある。
 今や小学生が携帯電話を持つことが当たり前のようになっているが、そのころの私にはやぱり遠いものであった。当時は携帯電話よりピッチが主流だった気がするが、この携帯なりピッチなりを持つのは多忙なビジネスマンとメディアがクローズアップする女子高生ぐらいなもんだ、と私は認識していたのだが、どうだろう?(コギャル、もとい女子高生が謳歌していた時代である。)中学生の頃はまだポケベル使用率のほうが高かったくらいだ。

 高校に入学すると周りが携帯電話を手に入れ始める。
 田舎だったし持つ必要をそう感じない者も多かったのでクラスの3分の2は非所有者。それでも高校3年生ともなるとクラスのほとんどは携帯を使っていた。
 私はといえばもちろん携帯とは無縁の生活。「大学生にんったら必要になるんかな?」そんなもんだった。皆の使う“ワンコ”“問い合わせ”の意味がさっぱりわからず。それでも私の同類が1クラスに数人はいた。
 まぁ私の携帯無縁生活は高校3年間続くと思っていたら部活が忙しくなった3年次、あまりに帰りが遅い私を心配して親に持たされることとなるわけだが。
 そして今に至る。




 さて。私は携帯のメールってもんが苦手である。とかいうと50過ぎて携帯持たされることになったおじさんみたいだとか言われてしまうのだが、苦手なもんは苦手である。決して嫌いではい。
 友人によく指摘されること。

 ①打ち間違いが多い
 ②絵文字・顔文字が少ないもしくは無い
 ③絵文字がワンパターン
 ④短い

はい、自覚しております!だって、パソコンのメールと違って面倒くさいじゃないか。
 携帯のメールが面倒なのは絵文字があること。絵文字を使わないと怒っている・機嫌が悪いと相手に取られるらしい。それを避けるために極力絵文字や顔文字を入れるようにしているのだが、そんなだから使われるものもワンパターンとなるわけで。しかし、慣れた相手にメールするときはやはりこの絵文字の類はぐっと減るし、見直しもしないから間違いも多い。でもね、伝えたいことは伝わってるんだからいいじゃないか。打ち間違えもネタに出来るでしょう?
 つまり私は必要事項を連絡するときくらいしかメールを使用しないってことになる。(あ、でも誤解しないでほしいのはメールが嫌いなのではないよ、ということ。ちゃんと返信するよ、遅くなるかも知れないけれど)

 たった数年の生まれの違いなんて大した差ではないと思っているのだが、実はこの差って携帯メールに顕著に表れる気がする。
 最近の後輩のメールは年が下になるごとに顔文字や絵文字、そして文字の使い方バリエーションが多様な気がする。(注:もちろん個人差は大いにあります)なんでしょうかね、あの、記号を二つ組み合わせて1つの文字にしちゃうってやつとか。㌧とか㌔とか用いてみるとか?(例:お父さん=お㌧)ほぉう!!と毎回驚いてしまう。
 どうなんだろう。私は初めてメールする先輩には絶対に絵文字顔文字を使わない。まぁ基本的に目上の人に対しては使わない。もしその先輩が絵文字顔文字を多用して返信する人であったなら私もそれに合わせる。親しい間柄にならないと絵文字って使えない雰囲気がある。でも最近用事や頼みごとがあって届く後輩からのメールは初めてであろうと絵文字顔文字の嵐。
 携帯メールとは異なるが、実は私の高校時代の部活にはネット上で掲示板というのがあって様々な世代のOGや現役生が書き込みをしている。そこで最近思うのは現役生の書き込みに顔文字や凝った表現方法が多いということ。私はネット上で顔文字を使うという習慣はないし、様々な世代が覗き見る掲示板なら尚更顔文字の類は敬遠してしまうのだが・・・・。
 いや、だからといって気分が悪くなるとか失礼なやつだ!とか言いたいのではなくて。後輩のメールや書き込みはかわいいし、砕けた雰囲気になっていいのかな、なんて思ったりもする。まぁ私にはできないわなぁー、とか。
 さてさて、こんな風に思っているのは私だけなのかも知れない。



 メール好きな人、私の返信にがっかりするかも知れないね?
 決して嫌がっているわけではないので。こんな事情があるのですよ、悪しからず。
















ああ
あたあの島に戻りたい。
[PR]
by 2pinoko | 2006-08-04 13:27 | つらつら。

父さんのこと。

e0054921_1444617.jpg


                    ↑パパりん(笑)



せっかく父さんについて書いたのに
パソコンの不具合により文章が消えてしまって
なんだかね、気持ちがね・・・・・悲しいね。


要約すると
仕事人間で
宇宙と交信説だの(!?)
家康の生まれ変わりだの(!!?)
エネルギーの中心だの(!!??)
そんなオカルトな話も彼ならありえなくはないなんて
娘の私が思ってしまうような
そんな。そんな。
変人奇人のうちのパパりんですが
その不器用な愛情にしっかり包まれて私は幸せなんですね
そう思ったと
そんな感じです。

奇行(笑)に隠れた彼の信念と
不器用さがわかってしまうから
私は 彼の 娘でいなければいけないと

そんなことを考えていた









週末。







**************************************************


夏が近づくと
無条件に心が躍る

年々忙しさは増しているようで
でもきっと忙しいと思うから余裕がなくなるのかもしれない

有効期限付きならば
その期限いっぱい大きく腕を伸ばして
見上げて
見渡して
しゃがんで覗き込んで
夏をお迎えしましょう

今年は引き出しの中にしまいこんだ絵の具も引っ張り出してみよう









さてさて。

もう寝ましょう。
[PR]
by 2pinoko | 2006-07-12 02:10 | つらつら。

克己

e0054921_0375812.jpg


人にはちょっと驚かれてしまったりします。

何でそんなにストイックなの?

そうですね、ええ、私もそう思います。
何で私こんなに頑張ってるんでせう?って。

はじめは嫌々でした。
続けているのは途中でやめられないこの性格とほとんどが意地。
でも誰に強制されたわけでもないのだから
私がすっぱりとそれとの関係を切ったところで誰も私を責めたりしない。
家でごろごろしたり
ゆっくりテレビをみたり
本を読んだり
そんな時間を削ってまで頑張ろうと思うのは
なぜなんだろう?


でも決めちゃったんだよ。
今年は頑張るって。
自分自身と真っ向勝負してみたかったんだ、きっと。
中途半端にいろんなものを投げ出してきた私が
今目指すのは『克己』
どこまで私はやれるのか。
片足突っ込んだ舞台に私もどっしり立ってみたいのです。

昔から己のみにおいて責任が発生する場合私は何でもいい加減で
自分のためだけにどうこうしようと思いませんでした。
「皆がいるから私が頑張らなくちゃ」から
「私のためにこの私自身が頑張らなくちゃ」に変えようと思います。









そんな決意の元
4月から私はあることを継続しておりまして。
そのおかげで上腕三頭筋と二頭筋がめきめき発達してまいりました。
もちろんそのために頑張っているわけですけら私は嬉しいわけですよ。

んが。

彼くん「ぴのこちゃん、最近筋肉ついてきた?」

私「そうそう、みてみて!こんなに育ったよ、筋肉さん。」

彼くん「・・・・・・・・・下手な男よりあるんじゃない?これ以上育てるのはどうだろう・・・。」

私「・・・・え!?」

彼くん「ノースリーブとかムキムキするよ、絶対に。」

私「!!!!!!!!!!!」



女の子としてどうだろうって腕だって!
うわ!盲点!(!?)
ここで私の葛藤が始まるわけです。

いや、筋肉つけるために頑張ってきたのだから喜ぶべきなのにそうすることで女の子としてだいぶどうだろうな腕になってしまう。それは避けたいけれど結果を出したいのだからそのためには筋トレは必須なわけで、ここでやめたら筋力も落ちてしまうし何より4月からの私の努力はどうなるの!?うわ!ディレンマ!!


悩んだ末に出した結論。
女に二言は無い。
やるっつったらやる。やるからにはやる。
プロテイン飲んで引かれようと
夜に走っている姿見られて少々恥ずかしかろうと
露出度の多い夏上腕の筋がムキムキしていようと
日焼けしていようと(でも必死に対抗、天敵紫外線!)
やるっつったらやる。
もうしーらない!笑

克己。




*********************************************



梅雨梅雨
日本列島

紫陽花が好きです。
[PR]
by 2pinoko | 2006-07-06 00:39 | つらつら。

小学生の好物


おいしいラーメン屋さんを求めて訪ね歩いています。

何だろう。ラーメンって何でこうも人を魅了するのか。
深いんです、ラーメン。

e0054921_359378.jpg


ここのはなかなかいけてました。
塩があっさり 満足帰宅。







私を誘惑するカレーさん。
おいしいお店を探しているのになかなかないのね。
で、結局またCoCo壱ってパターンに。


e0054921_0462236.jpg


実はこれ、居酒屋さんのカレー。
酒の他はカレーしかメニューがないっていう(笑)
どんなすごいカレーが出てくるかと思えば驚きは味ではなく量だね。
これで700円!!
酒とこの量のカレーってどうなの、ちょっと!!





*********************************************


この時間に起きているのは早起きしたのではなくて
もちろん寝ていないからで。

いやぁ、毎週己に自ら課すノルマが私を苦しめます。
取り掛かるのが遅い私のせいでもあるのだけれど?
最近は外部に手伝いに出ているので帰宅時間が遅かったり
友人に飲みに誘われておいしくお酒をいただいたり
また高校生の期末勉強に付き合っていることもあって
やらなければいけないことを先送りにした結果、朝まで起きている結果になった、と。
で、こんな時間にラーメンかカレーが食べたくなった、と。



この二つって一般的に小学生の好物ですよね。
これにハンバーグが加わればトップ3かしら?

私は小さなころ所謂「子供の好きな食べ物」的なものより
塩辛とか山椒とか白米(!)とか
そんなものさえあれば幸せで
ここに野菜たっぷりの汁物があれば文句なし。
そしてお肉やケチャップが苦手でした。
今では好き嫌いもなく何でもよく食べますが。

で。
子供のころそんなに好きでもなかったカレーとラーメンに今はまっているわけです。
あまり食べてこなかった反動?


うー眠くなってきた!
そしてお腹も減った!
ラーメンカレー!!
[PR]
by 2pinoko | 2006-06-28 03:59 | つらつら。