カテゴリ:つらつら。( 71 )

最近の

①最近はまっているもの。


りんご酢!

暑いときに、勉強しながら、本を読みながら
風呂上りに、小腹が減ったとき
コップいっぱいの氷に水、そこにりんご酢適量。
これがいける。




②最近食べたくて仕方がないもの。



美味しいカレー!!


あ~
食べたい食べたい食べたい食べたい。
どなたか私とインド料理屋行きません?
タイ料理も行きたい。
元祖洋食屋でもいい。
あ、CoCo壱でも。






③最近悩んでるもの



もちろん進路

えっちらおっちらのらりくらりしていられなくなってきたようで。
いまだ模索中のまま病院見学とかこの夏本格的に行くことになりました。
とりあえず、動いてみます。
わからなければまず行動、これは得意。


そして悩みもうひとつ。

お母さんと呼ばれる・・・・・。

何で!?
それってあんまり嬉しくないぞ!






④最近直面している問題



夏の旅行に行きたい、が金欠だということ。



どうしようねぇ。
でも旅行とか行っている暇ないのかもしれないなぁ。





**************************************

あっという間に夏が来てしまって
あまりに早いこの時間の流れにただただ焦る一方。
本当は胸のうちに抱えるこの重苦しさはちっとも変わらない。
だからこれだけの時の流れに実感がないのかも知れない。

そうやってあっという間に夏が終わる。
秋が来て、冬が来て、そしてまた春が来る。
今は助走をつけて
私はまた走りださなければならないらしい。

とにかく、この2週間、しっかり乗り切らなくちゃ。
[PR]
by 2pinoko | 2007-07-08 23:54 | つらつら。

海よりも深い



こんな経験、ないだろうか。







重い。
鎖がまとわりつく。
押さえつけられるは後頭、胸郭
体躯がベッドに沈み込む。
重くのしかかってくる、打寄せては波紋をつくり
表皮を、肉を、骨までも、根こそぎ体躯から奪い去っていく。
血の気が引く。

ごうう ごうう ごうう

どこから音がするのか。
身動きが取れぬ。
聞こえてくるのは押し寄せる波の音。
違う、これは私の鼓動。
この世に生を受けてから一度たりとも休むことなく
RA,RV 酸素濃度を増してLA,LV
時速216kmの速さで
めぐる めぐる 震わせる。
震える胸壁
伝わる振動
指先まで 髪の先まで

反復するdizziness
声が出ない
変動するGの中をひたすら耐える。
螺旋系のスロープを勢いよく滑り落ちていく。
遠心力?
中心にあるのは何?
蝸牛は世界と私の平衡を保とうとするのに
何が狂っているのだろう。
私か それとも 外界か 
私の内部なのか。

苦しい。








幼少の頃から何度となく繰り返された、うねり。
こんなとき、私の身体は私のものではない。
やり過ごす方法は3つの頃も、今も、同じ。
この変動が、私そのものを震わすこの変動が過ぎ去っていくのを
私はただただ、待つ。じっとして。身動きもせず。








帰りたい、と、初めて電話をした。
帰りたい、といった私の家には
私の生活空間はすでに無く
いつでも所在無い日々を過ごすのに
それでも帰りたいと思った。
初めて、口にした。

母はやっぱり母だった。
何も言わない私がなぜ帰りたいと言ったのか
全てわかっているようだった。

海よりも深い












こんな経験、ないだろうか。
[PR]
by 2pinoko | 2007-06-05 01:35 | つらつら。

ジュースのみてえ事件


      「あっつい   あっつい」
e0054921_21194611.jpg






これは小学校1年生の頃の話。


私の実家は小高いところにある。
7歳の子供にとって学校から家までの道のりはとてつもなく長く辛いものに思えた。
ギラギラ光る太陽の熱はアスファルトでその威力を増し
より一層「歩いて帰宅する」気力と体力を奪い去った。
今歩けばたった20分程度の道のりを、2倍も3倍もかけていたのだから
大人に比べて2倍、3倍道中の冒険があったわけだ。


その日は暑かった。とにかく暑かった。
通学路を歩く黄色い帽子の子供2人。
元来怠け者の私たち、この日は特に「歩いて」帰ることが嫌だった。
ゆっくりゆっくり歩きながら、偶然自分たちの母親が車で通りかかって
拾って帰ってくれないかとか、そんなことばかり考えていた。
どうにかしてこの暑さと上り坂を回避できないものか。


 「あープール入りたいよお」
 「あっついよお」
 「ジュースのみてぇ」
 「アイス食べたい」
 「冷たいもの食べないと死んじゃう」
 「アイス!ジュース!」


ぎゃーぎゃーぎゃー。 
子供2人、ふらふらこんなこと叫びながら歩いていれば人は見過ごせないものか。
  「おら、これやるから。」
通りかかった工事現場のおっちゃんが、近寄ってきて差し出したのは200円。
一人100円。


私たちは呆然として遠ざかっていく軽トラックを見送っていた。
あまりのことでお礼を言うのも忘れていた。
かくしてピカピカのランドセルを背負った子供2人は水を得たわけだ。
都合のいいことに近くには駄菓子屋さんがある。
7歳の子供にとっては名札の裏に電話賃として潜める10円硬貨でさえ尊いものである。
100円もあればお菓子がどれだけ買えるだろう。
あんなにも拳に握り締める100円に輝きを感じたことはなかった。






その100円で私たちは何を購入したのか。

ジュースだったのか、アイスだったのか。
当時のジュースはまだ100円で購入できた。
が、アイスなら60円のものなら2人で3つは買える。
それともアイスとお菓子を組み合わせたのか。
もしくは悪知恵を働かせてそのお金で
「お母さん!死にそうだから迎えに来て!」
とレスキューコールを入れたのか。

実は、キラキラ100円硬貨を何に使ったか覚えていない。
覚えているのは100円を手渡されたところまで。
  
自分たちの文句たらたらに対して
見知らぬ強面のおっちゃんがお金を恵んでくれたことが可笑しくて
私たちの間では『ジュース飲みてえ事件』として
2人の共通の、しかも強烈な思い出として残ったのだ。







暑い日が続く。
特に手術室に手洗いで入ると蒸して暑くて。
術用ガウンを脱ぐと、手術着が背中に張り付いた。
休憩時にアイスを買ってボーっと外を眺めるのが最近の日課。
MOWが美味しい。ということに気がついたり。
さっぱりしたいときはスイカバー。



今日は pino をつまみながら 思い出した 
     『ジュースのみてえ事件』
[PR]
by 2pinoko | 2007-05-29 22:18 | つらつら。

風光る




ラストスパート。




走りきれるよう祈っていて下さい。
[PR]
by 2pinoko | 2007-04-30 20:05 | つらつら。

if

e0054921_1933833.jpg


もし 万が一 私が医者にならなかったら。

ほら もしかしたら 万が一 気が変わってしまうかも知れない。
そうせざるを得なくなるかもしれない 万が一 億が一。
予定が未定なのが人生ですから。

その 万が一 億が一
白衣を着ず、聴診器も使わず、消毒液臭い病棟にも出入りせず
やたら英語や略語を使う必要もなく
生と死を意識的に見つめることもなく
また、無意識に通り過ぎていくこともなく
誰かに%で示される人生を説明する必要もない
そういう道を選択しなければならないことがあったなら。




私はパン屋さんで働かせてもらおう。

人がパンを選んでいる時の顔が好き。
「どれにしようかな、これかな。」


******************************************************

ぼけたリンゴ丸々2個。
小麦粉適当。
重曹適当。
卵2個。
バター適当。
牛乳適当。
干しブドウ、適当。
蜂蜜少々。

ほとんどがごろごろリンゴ。
そんなパンケーキを今日もストーブの上でじっくりこんがり焼き上げた。
見た目は豪快・簡単手間なしのパンケーキだけれど
子供の頃から母が作ってくれた思い出の味。

時には胡桃やイチジクをたっぷり入れて
休みの日の朝食の定番だったのだけれど。
走ることにいっぱいいっぱいでそんな休日 忘れていたよ。

焼きたてのパンケーキ
手作りジャム
ヨーグルト
香りのよいコーヒー
そんな休日を楽しみにまた 頑張る。










やっぱりパン屋さんで働こう。
[PR]
by 2pinoko | 2007-04-16 19:33 | つらつら。

あとみよそわか

幸田露伴は娘の文にこう唱えさせた。


『あとみよそわか』





*************************************************

一年はあっと言う間だった。
私もずいぶん偉くなったもんだ。
そんな自分がおかしい。


ずっと出来なかったことをしようと思う。
映画を見に行こう。
ためていた本を読もう。
ピアノを弾こう。
お散歩しよう。
日がな一日ぼーっと過ごしてみるとか。
ご飯を作ろう。
一緒にだらだら過ごそう。

春を探しに行こう。
[PR]
by 2pinoko | 2007-03-23 13:03 | つらつら。

『ただいま』

e0054921_1312776.jpg



ただいまを言っていいでしょうか。


すっかり春なんですね。
山吹のつぼみが黄色みを増してきて、花開く日を今か今かと待ち構えています。
今までの生活とのあまりのギャップに戸惑って、私は何をしていいのかわからずにいます。



待ちに待った春が来たよ。
我慢して我慢して、春が来たよ。

頑張って走り抜いてみたんだ。
前だけを見て、走ってみたんだ。
後はね、足踏みして待つだけなの。
もう何ヶ月も前から決めていたこと。
私が自分でそう決めたこと。

何だろう、今は休息時間なのかな。
小さな春を探してお散歩ばかりしています。
あとはもう、信じるだけだ。






****************************************************


『あなたにありがとうを言おうと思います。
こんなところだから言わせてください。
面と向かってはちょっと恥ずかしいから、ここで。

私は幸せ者だと思いました。
何も言わず、付き合ってくれてありがとう。
私は末っ子の甘えん坊、人が大好き。
あなたの存在をこれほど心強く思ったことはありません。
弱音ばかりでごめんなさい。』




私には2人の幼馴染がいます。
一人は石橋を叩き過ぎてそのうち叩く事も面倒くさがります。
もう一人は叩いた石橋を恐る恐るわたってはすぐに来た道を戻ろうとします。
2人とも人の傷に敏感な心優しい若者です。

私はいつも二人には笑っていてほしい。
笑顔が素敵な二人です。

今度はライオンの赤ちゃんも見に行こう。
桜も見に行きたいね。
新しい車にも乗せてね。
また坂の上で歌いたいな。

ありがとう、ありがとう。







ただいまを言っていいでしょうか。

私は『ただいま』と言えますか?
[PR]
by 2pinoko | 2007-03-22 13:12 | つらつら。

しばらくは

とっても 遠く

e0054921_232813.jpg





しばし留守にいたします。

肝心の荷造りがまだ終わらないというのに
時間だけは刻々と迫っております。

今日は一日動きっぱなし。
君のために、私のために
大忙しな毎日です。


ここを走り抜けなくちゃ。
納得の出来るように。
考えてしまうといつも終わりのないループにはまってしまうから
ただひたすら走り続けてきました。
考えちゃいけない。
信じなければいけない。
決めたのなら。



めんこちゃんが明日、私を卒業していきます。
私はきっとおお泣きするのでしょう。










負けないで、私。
もうすぐ春だよ。
[PR]
by 2pinoko | 2007-03-10 23:38 | つらつら。

群青と白

ぜひ、読んで頂きたいものがあります。

これは現代の魔女狩りであります。
               『夢見るかえる』より





この件に関連して私が投稿した1年前の記事です。
どう考えますか?
考えてみる。
考えてみる。〈後編〉
友人からのメール
今日は歌いたい。
雑感

記事が納得のいかないものになってしまたこと
私のブログの目的がここにないこと
意図せぬところで言葉だけが一人歩きしてしまうこと
これらの理由から、最後に書いた記事以降この話題に触れることはありませんでした、ブログ上では。
いろいろ思うところあり、また取り上げさせていただきます。




*************************************************

あまりに空が青くて
吸い込まれていくような感覚にとらわれた、今日の午後。

私の胸を触っておっぱいと喜んでいた小さな男の子は
今日の夜は苦しそうに縮こまって涙目で私を見た。

カルテに書きなぐられた厳しい現実。
笑った顔が好きだといってくれたおじーちゃん。

加速して、加速して
目の前を通り過ぎる。
まずは春まで長距離走。
何かにとりつかれたように一つのことに向かって走る。



めんこちゃんがずるを出来るようになったことが嬉しかった。
と、喜ぶ自分がおかしかった。
今日・おしまい。
明日も走ろう。
[PR]
by 2pinoko | 2007-02-25 00:25 | つらつら。

私を魅了して止まないもの。

私の住む街。
e0054921_22565836.jpg



冬は星空と夜景を見に行くのが好き。
今日の帰宅は十時半を回っていた。
X-pとCTとMRCPと睨めっこ。
ちょっとして、一緒に画像所見が同封されていたことに気がつく。
あ~。


とにかく毎日忙しいし忙しくしてます。
ちょっと休憩、の度にファミマのとろけるショコラパンを購入。
毎日2個は買っています。
久しぶりにヒット商品だわ。



私、とにかくパンが大好きです。
おいしいパン屋さんを見つけたら毎日通いつめます。
いくらおなかいっぱいでもおいしそうなパンはすぐに食べちゃう。
そんなだから家でパンが切れると自分でパンケーキ焼いちゃうのね。

で、私、チョコも大好きです。
気がついたら板チョコ数枚食べちゃってるくらい。
でもチョコにも好みがあって
お酒っぽいもの○
濃厚なもの○
クリーム状のもの×
チョコ味×

そういうわけでファミマのとろけるショコラはかなりきてます。
で、少々食べ過ぎてます。
実は今日、朝・昼・夜とこのとろけるショコラ食べたんだよね(笑)
明日こそ、脱・チョコレート!





最近すっかり春ですね。
おかしいことに。
今日、病室の患者さんの机に桜が飾ってありました。
今年のお花見は早まりそうですが。
楽しみだなぁ。
去年は桜前線おっかけしたんだっけ。

さぁ。がんばるよ。
春まで、春まで、春まで・・・・・・
[PR]
by 2pinoko | 2007-02-21 23:27 | つらつら。