どこから、外から




変わるのは

ここから






e0054921_1753021.jpg




太陽を探すのです。







******************************************************

専門に入った頃から定期的に飲んでいる仲間がいます。
重苦しい雰囲気の中
試験と追試と留年に脅え何とか課題をこなしてきた日々。
おうち帰りたいよー遊び倒したいよーのわーど~う~し~よ~う~!!
なんて愚痴りつつ、馬鹿話で息抜きしつつ
辛い日々を一緒に乗り越えた仲間です。
実習班が一緒であったことから始まった関係だったのですが
これまたうまがあったんですね、とっても。
そして、酒の好みもばっちりだったと。
病棟やロッカー前ですれ違っても
手でくいっとしながら「で、今度はいつ?」なんて会話があいさつ代わりです。

この中の一人、T女史が、ものすごく、面白い。
彼女、出来るんですよ、成績優秀。
が、色んなことを知らないんですね、面白いくらいに。

以下、先日の飲みの席にて。
(この日は珍しく外で飲まず、私の家で。料理開始と同時にビールも開け、食卓につまみが並んだ時には空缶数本、ビールグラスは凍らしておくという徹底ぶり、ビールで腹が満たされたら日本酒に移行。いやーたのしかった。宅飲みの癖に、純粋に好みのお酒のみを買ったら一人分が店で飲むのと変わらないくらいだった笑)

A男「よし、カッパドキアはどこにある?」

T女史「んー・・・・東南アジア、だな!」

A男、私、爆笑。

A男「イタリアの首都は?」

T女史「あー・・・・・ろー・・・・・ま?」自信なさげ

A男「こら、わかんなかったら重症だぞ。」

T女史「いや、度忘れしていただけだって!」

私「じゃあね、アンコールワットは?」

T女史「それはわかる!アジアだよね!」

A男「アジア、まぁ外れちゃいない。で、どこの国?」

T女史「ええと・・・・ベトナム、かな?」

再び爆笑。

私「わかった、よし。今度は絶対答えられないとだめだよ。アウン・サン・スー・チーってどこにあるでしょう?
   A男、そりゃやりすぎでしょうといった表情。

T女史「あー聞いたことあるある!ん~どこだったかなぁ・・・・・。」


T女史除くその場にいた全員が吹き出しましたとも。
私の質問も意地悪でしたけれどね。






T女史の名誉のためにもう一度。
彼女はこんな調子のおなごですが、とても優秀なのですよ。
ちょっといろいろ、いろいろなんです。
植物にあって人間にないのはミトコンドリアだっけ?と言われた時には
本当にこの子、大丈夫?と思いましたが(笑)
彼女は成績優秀なんですよ、本当に。

(植物にあって動物にないのは、中学生の理科的に正解は葉緑体です)



*****************************************************


私の生徒君も結構やらかしてくれます。

私「イギリスの首都は?」

生徒君「ローマ。」

私「reasonの意味は?」

生徒君「息子」

・・・・世界の貧困は3人の息子によって引き起こされているそうです。




英単語を覚えさせるとき、歌の歌詞や映画の題名、外来語なんかを例に出して覚えてもらおうとするのですが
小室哲也がわからず、よってglobeも通じず
ホーム・アローンも知らなかったのでやっぱりaloneも使えず
こういう時にちょっとしたジェネレーションギャップを感じずにはいられません。
かてきょしながら、ちょっと切なくなるわけで。

そんな彼の学力向上のため
年末もしっかり授業です。
[PR]
by 2pinoko | 2007-12-20 17:21 | 部屋の外には。
<< 聞こえる 陽を待つ >>