陽を待つ




なぜ伝わっていかないのだろう。

私の声は届かない。
空気を震わせる一筋の音が欲しい。
心を震わせる音が。




e0054921_23352294.jpg




必ず同じ道を通って帰宅してしまう。
確かめてしまう。
確かめずにはいられない。

雪の上は静かだ。
ただ、静かだ。
大きく息を吸い込んで冬を噛みしめる。

考えずにはいられない。


*********************************************************



そう
行かなくちゃ このバスに乗れば
間に合うはず
外はまだまだ 灰色の空
くすんだ窓に指でかいた(花びら)

人はそれぞれのLIFE
新しい場所を探して でも君とは離ればなれ
陽が暮れて 見えなくなっても
手を振って 夜になっても


ああ さっきから風が冷たい
雲のように 自由になれるはず
失ってしまったものは
いつの間にか 地図になって
新しい場所へ いざなってゆく

ジュビリー
歓びとは 誰かが去るかなしみを
胸に抱きながらあふれた
一粒の雫なんだろう

なんで僕は 戻らないんだろう
雨の日も 風の日も
なんで僕は 戻らないんだろう


                      くるり『JUBILEE』





[PR]
by 2pinoko | 2007-12-19 00:19 | 部屋の外には。
<< どこから、外から 以後予算つく鉄砲伝来。 >>