バルタンぴのこは偉そうな先輩?


       ふぉっふぉっふぉっふぉ

       先輩 なんすか ソレ

       つ-かーまーえーるーぞー

       あははは!!その動き いいっすよ!

 
e0054921_232188.jpg



バルタンぴのこはチビたちを追いかける。
という運命。

運動靴を履いて来るべきだった。




4回目の秋です。



*****************************************************

壊れたんですよ、本棚が。
前触れなく、こちらの都合もお構いなしに
ガコンという音と共に崩れ落ちたのは数ヶ月前。
教科書とファイルの重みに耐えかねて横幅増大、結果崩壊。
こりゃもう直しようがない。

私の部屋には本棚が3つありました。
ひとつは文庫本と絵本用
もうひとつは教科書用
この2つは結構大きな本棚だったのに
増えていく教科書やファイルをとうとう収納しきれず
新しいのを買い足して、全部で三つ。
今回段抜けしてくれたのはこの一番新しい本棚。


丈夫かつこれからも増えていくであろう書籍を収納しきれる大きさの
新しい棚が必要だ、が、組み立てる人員も必要だ。
ついでに秋だしラグも換えたいじゃないか、たまり続ける服もどうにかしてしまいたい。
⇒誰かにやってもらおう。
という何とも自分勝手な考えで後輩に声をかけたわけです。
 
 『今度本棚作るの手伝ってくれないかなぁ?(当然やってくれるよね?)』
 『いいですよ~喜んで!(ぴのこ先輩じゃ断れないよ・・・・めんどくさ。)』
     ↑と本当に思っていたかどうかは不明。




そんなに脅したつもりはないのだけれど後輩たちが5人やってきて
あっという間に積み上げられた本を整理し
不要なプリントをまとめ紐で縛り上げ
ダンボールを片付け
本棚を組み立て中に教科書を並べ
掃除機をかけラグを換え
白衣にアイロンがけし
食器を洗い牛乳パックをひらいて
模様替え 完了。

その間私はキッチンでお夕飯係。
ねぇねぇ、6人分ってこれで足りる?
嫌いなものない?
おでんにしようか、ことこと煮込んで。
何か飲みたくないの?甘いのでいい?


土鍋は皆でつつくから美味しい。






ストーブでことこと煮込む季節ももうすぐやってくる。
煮込み料理って、愛を感じる。
愛 愛 愛 なんだな。


****************************************************





女子らは たらふく食べて 帰って行きました。
それは もう びっくりするくらいに。
[PR]
by 2pinoko | 2007-10-09 16:44 | 自閉ちゃんと私。
<< 続く To XX or not to... >>