この歳になって


 後輩達の為に、今を残してくれた先輩方の為に、今の私が出来ることはやっぱり「伝える」ことだった。



 私は医学部特有の部活に属しており、もちそんそれは体育会系の世界である。中・高と文化部で過ごしてきた私には全くの異世界で、入部当初は体力的にもきつかった。体育会系、というと否定的な意味で使われることも少なくない。が、私は意外と嫌いではない。むしろ、役割が明確でわかりやすいと思っている。それは私がさばさばとしているせいなのか・・・。『結果』のために練習し、大会にのぞむ、そこには努力した者それぞれのドラマがある。私はそのドラマに引き込まれていった。
 全くの初心者として入部した私には、辛いことも多かった。やめようかと何度も考えた。が、辞めるとも言えず、ずるずると部活に属していた、というのが本当のところだ。転機が訪れたのは2年前、大きく変わったのは昨年のこと。どうせ続けるのなら私も同じ舞台に上がりたいと思った。私も自分の結果に悔しがり、喜びたいと思った。お世辞にも褒められない自分を悔しいと思えるほど練習したことなどなかったのだ。
 努力した分だけ返ってくる世界だ。周りに無茶だと言われながら私が今までやってきたことは、一つ一つ実を結んでいった。先輩に教えられ、助けられ、自身で努力した。自分がドラマの主役になる方が数倍楽しめる。いつの間にか私はこの『体育会系』の部活にどっぷりになってしまったわけだ。

 いつの間にか先輩と呼べる存在は少なくなっていき、今では後輩だらけ。十分満喫したのだからもう引退してもいいだろう、と思っても、大学生活の殆どを占めている部活や後輩のことが気になって心配で、まだまだ引退できそうにない。あのゾクゾクする興奮を、感動を、また味わいたいのかも知れない。
 後輩を見ているとあぶなっかしくて。私の頃と違って人数が多い分、色々と問題が生じているようで。人間、ちゃんと向かい合ってコミュニケーション取らないと、本意は伝わらないものだよ。出来れば後輩達をそっと見守っているつもりだったのだが、どうやらそんな悠長なことしていられないほど事態は切迫しているらしい(笑)。私にしてみれば、この歳になってとあきれ返ることも多いのだが、ここは私も頑張らねばならないようだ。上から引き継がれてきた伝統や感動は、是非とも下にも経験してもらいたい。ここで壊すわけにはいかない。が、私の真意は伝わっていないらしい。
 
 と、いうことで、もうちょっと先輩風吹かすことにした。いずれ彼らもわかってくれると信じて、明日は勝負してくるよ。こういうの、実は苦手なんだけれどなぁ。ほら、地が笑い顔だから(笑)


 この歳になって・・・・という台詞、自分にも十分当てはまる。『この歳になって』スポーツを始め、『この歳になって』勝ちに行くためにトレーニングし、『この歳になって』部活中心の生活をしている。1kmのスポーツテストもサボっていたようなわたしが、『この歳になって』10kmを難なく走ることが出来るほどの体力がつくのだから・・・・面白いものだ。
[PR]
by 2pinoko | 2007-06-27 22:14 | こんなことがあった。
<< 脳内妄想族 久しぶりの8時間睡眠 >>