生きる

e0054921_555185.jpg



どうも どうも ありがとうございます。

命を助けられました。

本当に、本当にありがとうございます。

お世話になりました。





私はあなたのおなかを閉じるのを、お手伝いしただけです。
貪欲な細胞の塊に、生命のずうずうしさを感じた。
ずうずうしく生きる。
どんどとそこに存在して、主張する。
生命活動があるのだと、ここに、そこに。

明日はどんなお話をしてこようかな。






早起きをして、人々の朝を観察してみる。
一日の始まりっていい。

ところで、もう1月も終わる、のだということに、今更気がついた。
やっぱりあっという間だ。
あらん、もう節分じゃないの。
そして今年もやってくる、製菓会社に踊らされる日。
私、その頃何やってるっけ?
・・・・・・・考えないほうがよさそう。


さあ、おはよう!
朝だよ。
[PR]
by 2pinoko | 2007-01-30 06:20 | 出会い。
<< 灯油ストーブをつけたら 気のせいではないようだ。 >>