太陽みたいだね。

私が何気なく口にした一言が
始まりだった。

その告白を聞き
わんわんと 声を上げて
私は泣いた。







伝えられなかったこと。
伝えたかったこと。




手袋をした。
温かかった。
空を見つめていた。
今日は太陽は見えなかった。
うっすら雲に隠れて淡い光を放っているだけ。

お日様に会えないと 私は寂しくて
丘から見える青い空とあの景色が恋しくなる。
だから欲しかったんだ。



冬・到来
[PR]
by 2pinoko | 2006-12-03 19:16 | こんなことがあった。
<< 所詮は刹那の夢なのに ようい、ドン! >>