医学部の女の子

医学部の女の子ってまじめな子が多い。


みんなまじめに授業に出て
まじめにこつこつ勉強して
ノートはきれいにとっているし
成績もいい。

一方私は適当だけれど授業にはきちんと出ていて
試験前の勉強は大嫌いで
ノートは聴く意味がある(と自分で判断した)授業だけとり
沈みそうになりながら何とか浮いている。





何とかなるさぁ と私が言っている横で
どうしよう どうしよう と彼女たちは言う。

実は先日、みんなが必死で勉強している教科を
どこまでやらないで我慢できるか大会を一人開催してしまった。
単純にいまいち実感のわかないことを
試験対策的にやっつけ仕事で覚えるのが嫌だっただけなんだけれど。
ひたすら何もしなかった。
きっとみんなが焦っていたであろう頃に。

こういうところが、女っぽくないと言われる一因らしい。
それって『女』云々が関係あるの?と思うわけだけれど
見渡してみれば私みたいな大胆な(つまりは考えなしの)行動をとる女子学生はあまりいない。
いや、むしろいるのか?というレベル。
女の子は皆まじめでよく勉強する。
つまり私は不真面目。
一人我慢大会とか開いている場合じゃない。



でもこれが私だもんなぁ。
いつもよりちょいと焦らなければいけないね、と自分に言い聞かせつつ
やっぱり相変わらずののらりくらりで過ごしている。
のらりくらり のらくらくら。
長いなぁ・・・・






*******************************


こんなにも簡単なことの様に思うのに
まるで奇跡の様に難しく感じる。

嬉しい 嬉しい の気持ちを抱いて
今日はこれから眠りにつきます。
[PR]
by 2pinoko | 2006-11-09 05:06 | つらつら。
<< 男同士 下降型スパイラル思考とポジティブ思考 >>