いやだわ

あああ。九月になっちゃったよ。

最近やらなければいけないことのほかに考えることが多くて
そんなときはたいてい集中できずに最近買った花柄のベッドカバーにくるまれた布団に身を投げて
花柄のピローケースに包まれた枕に顔をうずめて
一人悶々。悶々。悶々。



やっぱり流されてしまう弱さと
安定を願う強かさと
ずる賢さをうまく隠していて
それでも自分はうまく騙せていない。
だから悶々。困ったなぁ。

物質は変化を嫌う。
自然界の法則。
化学的に観ても物理的に観ても
みな変化を嫌い安定した場所に落ち着こうとする。

同じだわ。


そして最近は進んだ先に保障がないと動けない自分がいる。
保険を確保しようとするずる賢さ。
そうやって動く問題ではないのに、ね。



私もあなたも「人間」であることを感じるときの愛しさ。

数学のように明確な答えを表示できない問題はややこしい。
答えが一つ出なければ尚悩む。
答えが存在しない問題なら・・・・・どうしたらいのだろう?




私は今日ちょっとずるくなる。
ずるくなってくる。
確かめてみる。
逃げたいのか、そうでないのか。
望むのか、そうでないのか。
[PR]
by 2pinoko | 2006-09-02 16:19
<< その先を知らない それは夜の >>