呑み助


「きみ、そこで、なにしてるの?」

「酒のんでるよ」

「なぜ、酒なんかのむの?」

「忘れたいからさ」

「忘れるって、なにをさ?」

「はずかしいのを忘れるんだよ」

「はずかしいって、なにが?」

「酒をのむのが、はずかしいんだよ」


おとなって、とっても、とってもおかしいんだなあ、と、王子さまは、旅をつづけながら考えていました。




*****************************************************




とっても、おかしいんだなぁ・・・・。
[PR]
by 2pinoko | 2006-08-26 00:19 | つらつら。
<< それは夜の 無題 >>