日記らしい記録。

忘れてはならない日がとんとんと続き
それに伴って毎年騒がしくなるテレビ

思うところは色々あるのだけれど
それどころでなかったのがここ何日かの私。




自分のアパートに戻ってきたのが一昨日。
部屋の鍵を置いてきてしまったことに気がつく。よって部屋には入れず。
夜も遅いことだしまぁ朝になって管理会社にスぺアキーを借りればいいやとその日はあきらめる。


昨日。
不動産屋盆休みに入ってしまったようで人の出入りなし、連絡付かず。
警備会社にまで手伝ってもらい管理会社の緊急連絡先とコンタクトを取ろうと試みるが徒労に終わる。何ですか、管理職の方々皆揃って国外逃亡ですか?
鍵救急24なるところにに連絡し鍵を開けてもらおうと試みるが、鍵の構造上かドアを壊すしかないと言われ諦める。
私のことだ、ベランダの鍵を開けたままにしていたかもしれない!と思い立ち暗くなるのを待って排水管?を蔦って自室のベランダによじ登りはたから見たら完全に不審者と成り下がる。ベランダの鍵はきっちりとかけられていたためこの試みも失敗。(成功しても問題)きちんと戸締りしている自分が腹立たしくもなる。ヒールで登った私もすごい。
ここでカテキョ先に電話。自分のアホな状況を説明せざるを得ない。その日の授業を延期してもらう。
母に電話。もちろん呆れられる。実家に置いてきた部屋の鍵を宅急便で送ってもらったがすぐに届くはずもなくここから私の宿探しが始まる。

あと2.3日はこっちにいたらとの母の勧めを断って戻ってきたにも関わらず部屋に入れず。入れなければまったく意味なし。ベランダよじ登っちゃったしね、あー。 通報されなくて良かったよ、心から。


さてさて今日。
やっとこさ届いた鍵により自分の部屋に入ることが出来ました。
「ぴのさんってしっかりしてるんだけどどっか抜けてるんだよねー」
昔から言われ続けたこの言葉。今もかわらず抜けてます。二日間部屋に入れず右往左往しておりました。






こういうアホアホはどうやったら治るんでしょうかね?
[PR]
by 2pinoko | 2006-08-17 00:00 | こんなことがあった。
<< 美しいのは瞬間で 脈々 >>