苦手なものは苦手

e0054921_1331524.jpg


 ああ、この木陰で涼みたい。
 


 勉強しなければいけない時に限って更新率が高いのは気のせいだということにしておこう。
 









 携帯メールについて。

 私が義務教育を受けていた頃というのは当にモバイル変革時代の真っ只中であった。
 今でもよく覚えているのは今は無きツーカーのピッチやドコモが主流だった気がするのだが確か田村正和やもっくんがCMしていたものである。私は小学生であった。実は父の仕事柄、大々的にCMされ始めるずいぶん前からうちには携帯電話というものがあって、存在自体は珍しくなかったのだが驚いたのはその大きさである。父の使っていたものはまるでトランシーバーのような無骨な形状。(その当初は最新のものだったんだろうけれど・・・)だから手を広げるとすっぽりと収まってしまう大きさの携帯電話にはずいぶんと衝撃を受けた覚えがある。
 今や小学生が携帯電話を持つことが当たり前のようになっているが、そのころの私にはやぱり遠いものであった。当時は携帯電話よりピッチが主流だった気がするが、この携帯なりピッチなりを持つのは多忙なビジネスマンとメディアがクローズアップする女子高生ぐらいなもんだ、と私は認識していたのだが、どうだろう?(コギャル、もとい女子高生が謳歌していた時代である。)中学生の頃はまだポケベル使用率のほうが高かったくらいだ。

 高校に入学すると周りが携帯電話を手に入れ始める。
 田舎だったし持つ必要をそう感じない者も多かったのでクラスの3分の2は非所有者。それでも高校3年生ともなるとクラスのほとんどは携帯を使っていた。
 私はといえばもちろん携帯とは無縁の生活。「大学生にんったら必要になるんかな?」そんなもんだった。皆の使う“ワンコ”“問い合わせ”の意味がさっぱりわからず。それでも私の同類が1クラスに数人はいた。
 まぁ私の携帯無縁生活は高校3年間続くと思っていたら部活が忙しくなった3年次、あまりに帰りが遅い私を心配して親に持たされることとなるわけだが。
 そして今に至る。




 さて。私は携帯のメールってもんが苦手である。とかいうと50過ぎて携帯持たされることになったおじさんみたいだとか言われてしまうのだが、苦手なもんは苦手である。決して嫌いではい。
 友人によく指摘されること。

 ①打ち間違いが多い
 ②絵文字・顔文字が少ないもしくは無い
 ③絵文字がワンパターン
 ④短い

はい、自覚しております!だって、パソコンのメールと違って面倒くさいじゃないか。
 携帯のメールが面倒なのは絵文字があること。絵文字を使わないと怒っている・機嫌が悪いと相手に取られるらしい。それを避けるために極力絵文字や顔文字を入れるようにしているのだが、そんなだから使われるものもワンパターンとなるわけで。しかし、慣れた相手にメールするときはやはりこの絵文字の類はぐっと減るし、見直しもしないから間違いも多い。でもね、伝えたいことは伝わってるんだからいいじゃないか。打ち間違えもネタに出来るでしょう?
 つまり私は必要事項を連絡するときくらいしかメールを使用しないってことになる。(あ、でも誤解しないでほしいのはメールが嫌いなのではないよ、ということ。ちゃんと返信するよ、遅くなるかも知れないけれど)

 たった数年の生まれの違いなんて大した差ではないと思っているのだが、実はこの差って携帯メールに顕著に表れる気がする。
 最近の後輩のメールは年が下になるごとに顔文字や絵文字、そして文字の使い方バリエーションが多様な気がする。(注:もちろん個人差は大いにあります)なんでしょうかね、あの、記号を二つ組み合わせて1つの文字にしちゃうってやつとか。㌧とか㌔とか用いてみるとか?(例:お父さん=お㌧)ほぉう!!と毎回驚いてしまう。
 どうなんだろう。私は初めてメールする先輩には絶対に絵文字顔文字を使わない。まぁ基本的に目上の人に対しては使わない。もしその先輩が絵文字顔文字を多用して返信する人であったなら私もそれに合わせる。親しい間柄にならないと絵文字って使えない雰囲気がある。でも最近用事や頼みごとがあって届く後輩からのメールは初めてであろうと絵文字顔文字の嵐。
 携帯メールとは異なるが、実は私の高校時代の部活にはネット上で掲示板というのがあって様々な世代のOGや現役生が書き込みをしている。そこで最近思うのは現役生の書き込みに顔文字や凝った表現方法が多いということ。私はネット上で顔文字を使うという習慣はないし、様々な世代が覗き見る掲示板なら尚更顔文字の類は敬遠してしまうのだが・・・・。
 いや、だからといって気分が悪くなるとか失礼なやつだ!とか言いたいのではなくて。後輩のメールや書き込みはかわいいし、砕けた雰囲気になっていいのかな、なんて思ったりもする。まぁ私にはできないわなぁー、とか。
 さてさて、こんな風に思っているのは私だけなのかも知れない。



 メール好きな人、私の返信にがっかりするかも知れないね?
 決して嫌がっているわけではないので。こんな事情があるのですよ、悪しからず。
















ああ
あたあの島に戻りたい。
[PR]
by 2pinoko | 2006-08-04 13:27 | つらつら。
<< 見上げる空 見渡す空 太平洋の東京都5~変わらないもの~ >>