サチコさんな日々。

私の友人サチコ氏はそりゃあもう素敵な方なんですけれどね。

バケツでプリンの首謀者であり割れ目を気にするサチコ女史。


このサチコさんと私と彼くんの三人でデップ鑑賞会(笑)の前にお好み焼き屋さんに行ったわけです。
3人で3種のお好み焼きを注文。
普通1種類ずつ焼きますよね?お好み焼きって。
まぁ多くて2枚というところでしょう。鉄板のスペースを考えても。

まずはじめに運ばれてきたのは私の頼んだお好み焼き。
当然鉄板入り第一号。
次には彼くんの頼んだお好み焼き。
自然の流れで第二号。
最後に運ばれてきたのはサチコさん。
ね、普通ここで鉄板が空くのを待つわけです、普通。






んが。
そこはサチコさんですから。





e0054921_312710.jpg

あ~あ~
場所がないからってまたそういう無理するー。



e0054921_3155395.jpg


これはね、アッパーくらったミッキーだそうですよ。
ひっくり返せたのが奇跡。
ちょっとかわいいかも?



e0054921_3181642.jpg

もちろんはみ出すミッキーの頬肉!









終始笑いっぱなし。

あー楽しかった!!食べ過ぎた!!
お店の方、ごめんなさい、笑いすぎました、ご迷惑おかけ致しました。






シメはこれで。
e0054921_3241676.jpg


サチコさんに甘味がないなんてありえませんからね、うんうん。

サチコ氏の話にオチがないことはまずないのです。
大阪人!?









*************************************************

温暖湿潤気候が不快指数を上昇させているにもかかわらず
実はこの湿気と蒸し暑さを愛しているのです、私。
口では文句を言っていてもね。

何にもしないで
冷房もつけないで
タオルケットの上にごろん
蝉の声を聞きながら
じっとり汗をかく

これが好きなんですよ。




このあたりでは蝉の声をさっぱり聞かない。
蝉のとまるような木がないのです。
淋しいなぁ。
[PR]
by 2pinoko | 2006-07-21 03:40 | こんなことがあった。
<< 太平洋の東京都1~1000キロ~ よろしQUEEN!!! >>