17

e0054921_1625834.jpg



車の中で iPod が大活躍。
椎名林檎の『17』を聴きながら思うこと。





自転車で40分かかった道のりは
車でたったの13分。

夏はうだるような暑さの中
冬は身を刺すような寒さの中
必死に自転車を漕いで 通ったあの道を
今度は車で たったの13分。

何年ぶりだろうか。

職員玄関に立って そうっと中を覗き込む。

小雨が降る。

雨の音に混じって 聞こえて来る かすかな歌声。
4階の 一番端の 音楽室まで
一歩一歩 確かめるように
何度も通ったであろう その廊下を 
ゆっくり ゆっくり 歩いた。








本当に 最近のことのように感じるのに
現役生には「大先輩」なんて呼ばれるようになってしまったのね。

変わったのは・・・
車を運転するようになったこと。
お化粧するようになったこと。
もんちっちみたいだった髪は 今は伸びて久しい。
ミニスカートもはかなくなったし
スニーカー以外の靴も好むようになった。
車にも詳しくなったし
医学にもちょこっと詳しくなった。

あとは?
あとはあの頃と なんら変わっていないと 思うのだけれど。

それでも近所の中学生が 急に 就職していたり
いつまでも坊主だと思っていた 親戚の子が
大学生だなんていうから 時間はしっかり流れていて
不思議な感じがするのです。

いつだって 私の前を通り過ぎる時間は
加速度的に その速さを増している。 気がしてしまう。






17

思い返せばあれは 日常にして非日常。
悩んで 笑って 泣いて 
もうあの頃のエネルギーも情熱も 今の私にはない。

敵なんてなかった。
怖いもの知らず。
ぎゅっと ぎゅっと ぎゅっと
いろんなものが 詰まっていて
こみ上げてくる感情を 正確に表現する言葉を 私は持たない。


どれだけ泣いたか わからない。
だれだけ笑ったか わからない。





私の高校3年間が ぎっちり詰まった
4階 1番端の あの 教室。












春の小雨と 舞う桜の花びらを 眺めながら
ぼんやりと 思うこと。
[PR]
by 2pinoko | 2006-04-05 16:02 | こんなことがあった。
<< 桜前線 今すぐカレーが食べたい。 >>