どう考えますか?

****なかなか更新出来ないでいます。
      次の更新までこの記事をトップにしておきます*****


わたしのブログは全く以ってまとまりがなく
完全メモ帳。

そんなまとまりもないこのページを
時々訪れてくれる方々がいらっしゃいます。
何人かは旧知の間柄であったりしますが
ほとんどがこのインターネットという媒体のみを介してつながりをもった方々です。




これを読んでいるあなたへ。

お聞きしてみたいことがあります。



それにはまず、ここを読んでいただきたいのですが。

逮捕の是非だとか、治療の妥当性だとか、そのようなことについて語るつもりはありません。
自分も産科の(机上の)勉強を終え、この症例の分娩前診断が困難であることや癒着胎盤による大量出血がどれだけひどいものであるかはわかるのです。読後の感想としてはこれで更に産科医が減少するのだろうな、ということ。産科には行きたくない。この事件でどれだけの学生や研修医がそう思ったことでしょう。
医学生の愛用する教科書のひとつにSTEPというシリーズものがあります。読み物調で、導入としては勉強のしやすい教科書です。私の産科教科書のうちの一冊でもあります。この教科書の監修の序で、産科医の減少を危惧し、尚且つ卒後産科医になろう!なんて呼びかけているのは数あるSTEPシリーズの中でも産科だけです。

しかし、私が注目したのはこの記事の、コメント欄です。
実に多くの医師、非医療従事者の意見が寄せられています。 
読んでいただきたいのは、本文もさることながら、この多くのコメントなのです。

癒着胎盤で母体死亡となった事例
           ~ある産婦人科医のひとりごと より~




私の家族、近しい親戚には誰一人として医療系の職業についている者はいません。つまり、みな非医療従事者であるわけです。
そこで、時々両親と私との間に医療行為に関しての認識の違いを感じます。
情報量にも差があるでしょう。私は専門家から情報を得ることができますが、彼らは新聞であったりテレビであったりするわけです。もちろん内容もその真偽も異なってきます。
このコメントを読んでいて、私はやっぱり医療従事者の側の意見に立って読んでしまう。
両親との会話の中でも感じていましたが、認識の断絶を感じます。

この多くのコメントにしたってそうで、お互いの気持ちがうまく互いに伝わっていないと感じるのは私だけでしょうか。私もあと数年すれば医師として働くことになるでしょう。私が、ですよ。何も医者は特別な人間ではありません。中には特別な能力や神がかり的な医師もいましょうが、その多くががどこにでもいる平凡な人間です。
それがいつの間にやら医師VS患者のような構図も見え隠れして、私は読んでいて痛々しかった。
どうしてこうも互いに伝わっていかないものなんでしょうか。


扱っているものは人間です。壊れたら買いなおしはききません。
大病を患った母の主張はよくわかります。その要望はかなえてあげたい。私だって元気なお母さんがいい。彼女が毎日笑っていてくれればいいと思う。でも、でもね、全部はそうも行かないんだ、お母さん。だから話を聞いてね、と私は切り出す。
私は混乱する。







この記事のコメントを読んで、どう思いましたか。
どう感じましたか。

もしよろしければあなたの意見をおきかせ願えませんか。





****************************************************

小春日和ですね。
[PR]
by 2pinoko | 2006-02-22 18:58 | つらつら。
<< これから one’s pent-up d... >>