動摩擦係数の変化


もこもこ毛糸にくるまれて 
そろりそろりと歩きます。

白 白 白
広がる景色 変化する景色。
さく さく さく
ついてくる足音 私の足跡。



星空を見たくなりました。
一人病院の屋上に向かいました。
人に見つからないように そうっと そうっと。

わかってはいたけれど。
数十メートル目線が高くなったとて 頭上に広がる景色は変わりませんでした。 
数十メートル目線が高くなったとて お星様はやっぱり見えませんでした。
その代わり その代わり
人々の生活の灯が 眼下に広がっていました。

暖かそうな マンションの部屋の灯り
遅くまで消えないビルの灯り
国道を 連なって走る車のライト
人々を乗せて走る電車 今お帰りですか?
街灯 街灯 街灯

ぼーっと眺め
時々その灯のドラマに思いを馳せたりして。


明るい。
白に覆われて 隠されてしまった。
見えなくなってしまった。
埋もれる 埋もれる。







君は何を恐れているのでしょうか。
雑多な日々の出来事に 自分自身を隠していたいのでしょうか。
対峙するのが怖いのでしょうか。

雪に覆われると 世界は真っ白になり
冬の暗く冷たい夜の風景を 違ったものにしてくれます。
きれいな きれいな きれいな 光。
靴と雪面との間の摩擦が少なくなって滑りやすいから 
ゆっくり ゆっくり 歩きます。

君を覆っているものも同じように 摩擦を軽減してくれるようですが
私はその内が見えずに 不安になります。

対峙するのが怖いのは きっと 私です。
何かを恐れて 私から目をそらす君に 内心ほっとしているのです。
私の表面にも 雪が積もって
明るく きれいに みせているだけ。
埋もれていたいのは 私も同じようです。









________________________________________






空を仰ぐと ちらつく雪は普段と違った様を呈していて
不思議な感覚にとらわれました。
まるで空に昇ってゆけるような。

車の雪下ろしは面倒だし
大学までの道のりも億劫だけれど
このまま 止まなければいい。
潸潸 降り続けて
もっと もっと 真っ白にしてしまえばいい。


きれいだなぁ きれいだなぁ








*********************************************



明日は山女になってきます。

風邪、よくなるかなぁ。
[PR]
by 2pinoko | 2005-12-04 01:25 | 部屋の外には。
<< 視点の違い 最後の一周 >>