霜月二十日の晩

e0054921_2575732.jpg


三年生の国語の教科書
これが豆太との出会い。





美しい切れ絵

じさまの優しさ

豆太の勇気







霜月二十日の晩 霜月二十日の晩

その響きに心惹かれ 何度も口の中で小さくつぶやいた。
そうやって 忘れられない日となった。
誰かの誕生日?
大切な記念日?
違う違う。
豆太がじさまの為に走った日。
モチモチの木に灯がともった日。
霜月二十日丑三つ時。









モチモチの木












外は寒いなぁ。

冬の準備だ。
[PR]
by 2pinoko | 2005-11-20 03:00 | つらつら。
<< 焦っている。 ありがとうっていって! >>